核兵器

別名称一覧:Nuclear weapon,核ミサイル,核爆弾登録する別名称のNG投票を行う
作成日:2016年04月11日 12時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加
登録タグ一覧
設定・用語
タグを編集する
  • 古い順
  • 新着順
1.戦前の遺言2016年04月11日 12時07分
Falloutリーズに欠かせないキーワードであり、そしてアンチテーゼでもある。
2.名無しさん2016年05月12日 23時25分
この世界の全てを破壊した元凶。
人は自らこれを作り、自ら使い自らを滅ぼした。
3.名無しさん2016年05月13日 00時11分
史実で実戦投入されたのは太平洋戦争が最初で最後であり、実用よりも核を持っていることで他国を牽制する抑止力としての側面がメイン…なのだがFallout世界の住民は倫理観がガバガバなのでバドミントンでもするような気楽さでバカスカ撃ち合う。
Falloutの世界観のモデルとなった冷戦期には実際にありとあらゆる兵科が核兵器を配備しており、核地雷、核砲、核雷、空対空核ミサイル、歩兵携行核ランチャーなどが開発されまさに兵器といえば核兵器といった有様だった。このゲームが孕んでいる底無しの狂気は決して作り話ではなく、つい半世紀ほど前に本当にあったことなのだ…
4.名無しさん2016年05月13日 00時19分
大国の力の象徴であると同時に弱小国が大国を打倒出来る禁断の兵器
抑止力であるがどこかが撃てば敵味方すべてが終わる魔性の兵器でもある
5.名無しさん2016年05月13日 00時24分
ゲーム内で見られる核兵器は
戦前Vault111に入るその時に炸裂した核ミサイル?や
お馴染みのヌカランチャー(ミニニューク)、核地雷ヌカグレネード
あとはリバティ・プライムの投擲するアレなどが該当する

ミサイルなどはしっかり世界を滅ぼす爆発だったが、Falloutでの個人用核兵器の小型・小規模化はぶっちゃけ類を見ないレベル
ここまで小ぢんまりした核爆発は今の科学では不可能なのではなかろうか?
コラそこ、ゲームの都合とか言わない
6.名無しさん2016年05月13日 06時37分
>>5
核物質を核「兵器」として使うには核融合/核分裂を起こせるだけの
量を確保しなければいけないのでどうしても小型化には限界がある。
(現実では冷戦期に作られた核迫撃砲、デイビークロケットの23kgが最小)
ただし臨界量に達しないなら脅威ではないかというとそうでもなく、
それはそれで周囲を極度に核汚染する"ダーティボム"になる。
7.名無しさん2016年05月13日 06時50分
冷戦期の狂気を扱った映画として「The Atomic Cafe」がある。
某動画サイトで一部が見られるので興味がある人は視聴するのもいいだろう。

ゲーム中では核爆が落ちてきたら核シェルターに逃げるよう指示されてるが、
過去のアメリカでは「伏せて、頭を隠せ(Duck and Cover)」という
屁の突っ張りにもならないような対処法が政府のプロパガンダ映画で広められていた
…という頭が痛くなるような現実を知ることが出来る。
8.名無しさん2016年05月13日 18時38分
アメリカ全土に核ミサイルが降り注ぎ始めたのが2077年10/23 9:40頃。マスコミの速報や空襲警報が各地に出され、TVを観た主人公達が家を飛び出し、Vault111ゲートチェックをパスするまでに約5分。
9:47に核ミサイルボストンに着、間一髪でVault111閉鎖。

こうして考えると、事態を把握して避難するまでに与えられた時間は長くて数分、もしくは全く無かったと考えられる。
もし家を出るのが1分遅かったら?もしコズワースが呼んでくれなかったら?・・・おそらくFO4は別の主人公の話になっていただろう。

実際かなりの人が(Vaultの正規職員ですら)避難が間に合わず見殺しにされ、その後1週間の間に生存者も動植物も死滅していったそうな。プロウスキ保護シェルターにすがろうとした人々の気持ちもわかる気がする。
9.名無しさん2016年05月13日 21時04分
リーズのテーマの一節、『戦争』や『過ち』を象徴するもの。
10.名無しさん2016年05月13日 22時03分
この作品に登場する核兵器は200年たった現在においても汚染をまき散らしている
広島・長崎に落とされた原爆とは別ベクトルの核汚染によって生命が住めなくなる土地を生み出す悪夢のような兵器なのだ。
(使用済み核燃料をばらまいているようなものである)

が、燃料として使われている方の核バッテリーなどは汚染を全く発していない
爆発させても数秒の間ガイガーカウンターがチリチリいうだけで後は無反応になるあたりこれも現実とは違うレベルの核燃料なのではないだろうかと思われる。
11.名無しさん2016年05月14日 00時02分
>>10 にあるように、本シリーズでは放射能汚染に対する認識に大きなバラつきがあるが、これは実際の1950年代の人々の認識を元ネタにしたものかもしれない。
当時は核兵器や放射能漏れなどによる人体への影響がまだ研究途中にあったためか、「ヒロシマには今後70年草も生えない」などとまことしやかに噂されていた(実際70年経った今の広島市がどうなっているかはご存知の通り)。
その一方でアメリカなどの核保有国では「核攻撃で敵戦力を削いだ直後に歩兵部隊を突撃させる」など放射能の影響を軽視した無謀すぎる戦術が立案され、演習で多くの被爆者を出している。また核の力がもたらした戦勝に湧く市民達の間でも本物のウラン鉱石を使った玩具やヌカコーラめいた放射能飲料が販売され人気を博していたという…
12.名無しさん2016年05月27日 14時04分
>>7
Fallout3に「伏せて、頭を隠せ(Duck and Cover)」のオマージュで「伏せろ!」という雑誌が存在した
13.名無しさん2016年05月27日 15時00分
Fallout2に登場したエンクレイヴ大統領ディック・リチャードソン
という人物は「核兵器を最初に発射したのは中国人民軍」と発言していた。
作中に見つかる記録媒体を読む限りでは、米中の石油資源を巡って
続いていた戦争のさなか、米軍パワーアーマー部隊(恐らく新型のT-51)が
中国へと進撃、首都である北京の寸前まで到達していた事が読み取れる。
二つを合わせると「追い詰められた中国が核兵器を発射」というシナリオが
頭に浮かぶが、あくまで極右派のエンクレイヴ大統領がそう主張するだけなので、
このタイミングで発射すれば中国のせいに出来ると考えた他の国家が
発射し、それに対する報復の連鎖で全面核戦争になってしまった可能性もある。

また、同作中にある記録媒体の内容としてアメリカ軍将校から
エイリアンが核の発射コードを聞き出そうとしているものがあり、
「グレートウォーはエイリアンが起こさせたもの」という見解もある。
14.名無しさん2016年05月27日 15時00分
>>5
デイビークロケットの23kgがプルトニウム臨界量10kgを考慮した上での最軽量頭というのは正しい。但しこれは冷戦当時の技術力で、である。
技術の進歩により、90年代の時点でプルトニウム5kg以下で兵器級核分裂を起こす事が可能という報告が当のアメリカで提出されている。

ましてや、fallout世界では歩兵携行光学兵器が実用化している。
これは起爆用核分裂の不要な純粋水爆の製造能力を証明している。
純粋水爆であれば臨界量に左右される事はないので作中のような限定的核爆発も起こせるだろう。
15.名無しさん2016年06月01日 21時16分
を目視確認してから衝撃波到達までのラグに伏せる事で
水平方向に飛散するガラス片などから身を守れるから
距離によっては生存率を高められるので、あながち屁のツッパリとも言えないかもしれない
16.名無しさん2016年07月14日 15時22分
これ、「組織・団体」の項目で良いの?
17.名無しさん2016年07月29日 04時13分
>>11
ヒロシマが重度の汚染を免れたのは、原爆が着したのではなく上空で炸裂したから。
も生えないとまではいかないが、地表で核実験が行われたビキニ環礁や原発事故が起こったチェルノブイリは未だ立ち入る事が出来ないレベルで汚染されている(恐らく福島も同じ事態になるだろう)。
まあ原発と原爆では用途が違うから汚染の量自体根本から違うのだが。

ところでこのゲームをプレイしてる人間がどれだけメキメキ核に対して知識をつけているか、ここの記事で一目瞭然だな。
核の恐怖に対する認識を深めてるという意味では、この作品も核無き世界に貢献出来ているのだろうか。
18.名無しさん2016年07月30日 21時22分
各陣営ごとに核が撃てるかどうか考えてみた

アメリカ中国に核を撃っても良いが、中国に居る自国民を殺すことになる

中国T-51部隊が本国に入り込み喉元に刃があるような状態で撃てば制することもできなくがないが共倒れになるのは目に見えてる

日本→130年越しの復讐というのも考えづらく非核三原則が存在する

ロシア共産主義により自国の資源を食いつぶし、それどころではない可能性がある

エンクレイブ→選民思考はあるが自分達の国の国民を殺すような狂行に向かえるか?

カナダ→エンクレイブと同じ

ゼータ星人→これから植民地(制服)する星を放射能で汚染しても平気か?(そもそも核をデスレイと同じようなものと考えてたのかも)単に一個の星が滅ぶのを眺めるだけなら別である
19.名無しさん2016年08月11日 01時53分
核兵器という概念が浸透するまでは、広島・長崎では通称「ピカドン」もしくは「ピカ」と呼ばれていた。オープニングで核ミサイルの炸裂を目撃したプレイヤーならお分かりかと思う。
最初に「ピカ」と閃光が走り、遅れて爆風が「ドン」と来た、というのが被爆者の共通体験であるため、そのように呼ばれたという。
逆に言えば、「ピカ」と「ドン」のタイムラグがないほど近距離にいた人間はほぼ全滅したということ(音速が秒速334mなのでその範囲は推して知るべし)。
広島の場合、炸裂時に発生した熱線によって、地表温度は摂氏4000~6000度にまで達したと推定される。これは太陽の表面温度に匹敵し、あらゆる物質が蒸発・融解を免れない。人体なれば言うに及ばずである。
現在の核兵器が実際に地表へ着すれば、輝きの海の如く全てが灰燼に帰すであろう。あのマップ全体をただ「一発」のミサイルが終焉へ導いたと考えると、その恐ろしさがいかなるものか解っていただけるはずだ。

ゲームタイトルにもなっている「Fallout」、つまり放射性降下物はヒロシマ・ナガサキに於いては所謂「黒い」となって広範囲に降り注いだ。爆風によって上空に舞い上げられた放射性物質はと混ざり、泥水のような状態となって地表に降り注ぐ。それは爆風の被害域よりもはるかに広範囲にわたり、急性放射線障害によって多数の死者を出した。

原爆ドームの崩壊した姿がクローズアップされているが、実際のところ、広島市繁華街においては今もなお現役で使用されている被爆建造物が多数存在している。
県内で最も有名なパン屋や(現在改装中)、地元密着型の大型百貨店など、一見そうは見えなくとも当時の構造をそのまま利用しているものがたくさん見られる。
それらの代表格とも言えるのが「被爆電」だ。熱線と爆風の直撃を受けたにもかかわらず、修復・改装を繰り返しながら現在も2両が朝の通勤ラッシュをバリバリこなしている。

被爆建造物の傍には解説の石碑が建てられており、当時の惨禍を窺い知ることができる。もしも広島・長崎を訪れることがあれば、旅のついでにでも読んでみてはいかがだろうか。

人は過ちを繰り返す。しかし例え世界が終わりを迎えようが、そこに住む人々はそれでもなお生きねばらならないのだ。
20.名無しさん2016年08月11日 09時26分
falloutではお馴染みの過ちを犯した兵器だが、Fallout Tacticsでは珍しく虐殺のためではなくVault 0突入のために中西部BOSによって使われた。

人類を救うために作られたはずのカルキュレーターがネオアメリカの為にウェイストランドの全人類を抹殺しようとし、
それをかつて人類を滅ぼした原因である核兵器が今度は全人類を救うため核シェルター破壊に使用されるという3のリバティ・プライムレベルの肉である。
21.名無しさん2016年08月11日 09時52分
ゲームの都合の面もあるが、この世界の核兵器は爆風の破壊力のみに焦点があたり、熱線による被害が描写されていない。
例えば111夫妻がvaultに入る際核爆発を目撃するが、仮にこの核爆が広島、長崎に投下されたものと同程度だったと想定すると、爆による熱線の致死範囲は半径3.5キロ。
111夫妻は核爆の炸裂を目視できる距離にいたことを考えると、核爆発は彼らの4.5キロ(地平線までの距離)以内で発生したと考えられる。
核爆が現実に即したものであれば、111夫妻は最初の核爆発で致命的ないし重度の火傷を負い、ましてや赤ん坊であるショーンは死亡していたと考えられる。
22.名無しさん2016年08月11日 12時34分
そのりくつはおかしい


キノコ雲は高高度まで届くので
水平線より先で炸裂しても見ることができる。
また111が設置されたのは山の上なのでその分水平線は遠ざかる。

考察するなら爆風と衝撃音の到達時間からではないだろうか
23.名無しさん2016年08月11日 18時52分
過去のFallout3日本語版では、メガトンという街の核不発爆発させるかどうか決めるクエストにおいて、開始条件となるMr.バークという人物の登場を削除し、Falloutシリーズ全体のテーマでもある核兵器の恐ろしさを知る体験が絶対できないよう修正された。
24.名無しさん2016年08月11日 19時49分
>>23
核兵器の恐ろしさなんざウェイストランドを歩くだけで十分感じられるのでは
25.名無しさん2016年12月10日 17時08分
>>17
そもそもチェルノブイリが立ち入りできないのは燃料である放射性物質が未だに残っているから(それも高熱で建材のコンクリと混和して「近づくだけで人が死ぬコンクリ廃材」という凶悪な物体になっているから)比較にならない。
核兵器は原理上核を燃料として消費するので核物質は減少し、純粋水爆に至っては水素を燃料兼爆薬とするので生成する放射性物質はさほどでもない。そしてフュージョン(核融合)・コアやセルという存在があるので戦前の核融合技術はすでに民間に浸透しているほど"枯れている"。
つまり純粋水爆の実用化に(おそらく中国も)達しているということで、おそらくミニ・ニュークなども実際は純粋水爆だと思われる。でなければ小型化なんてできっこない。そしてアメリカの性質上保有している兵器も核分裂爆から核融合爆に切り替わったと思われる。
ただ純粋水爆では何百発も打ち込まないとFOのポストアポカリプスには至らないので、中国はひょっとしたら旧式水爆や核分裂爆も取り混ぜてアメリカに投下したのではないだろうか。
26.名無しさん2016年12月10日 18時59分
上記では核兵器の小型化の例としてレーザーなどを用いた純粋水爆などが挙げられているが、核分裂が連鎖反応を引き起こすのに必要な臨界質量は核物質によってかなり差があるので(ウラン235が12kg、プルトニウム4kg)使う物質を選べばヌカ・グレネードどころかライフルに核兵器を仕込む事が可能とされていたりする。

実在する適当な原子としてもカリホルニウム(臨界量は数g程度だとか)があり、実際に軍事利用する為、研究する所まではいったようなのだが、この物質自体、とんでもなく貴重な代物だったためコストの面から断念したとされている。

もしかしたらフォールアウト世界ではこれらの物質の大量生産に成功したのかもしれない。
27.名無しさん2017年01月04日 08時32分
>>17 >>25
大きく勘違いしている様だが、チェルノブイリの放射線は石棺や一部の赤の森のようなホットスポットを除けばほぼ安全圏内まで低下している。あそこが今も立ち入り禁止に指定されているのは放射線というより、数十年近い放置期間の間に建物が老朽化している為、政府が安全を保障できないという要因が大きい。

また確かに核兵器は地表で爆発させた方が多少は汚染がひどくなるが、そもそも放射能特性は「強ければ強い程崩壊が早い」という物なので、一瞬で莫大な放射線と協力な放射能をまき散らす核兵器は逆に言えば「半減期が短い」という事の裏返しでもある。実際の所、二週間程度で問題なくなる核兵器による放射線の被害より予想されている核の冬による被害の方が長期的である。
ビキニ環礁含む旧核実験場が永住に適さないとされる理由も付近の放射能の生物濃縮や、実験の失敗(=不完全核爆発)による未反応の核物質のまき散らしが原因であって兵器級の核によるものだとは考えられない。

忘れてはいけないのは、抑止力は飽くまでもそれを兵器として使う覚悟がある場合のみに発生するということだ。

長期的な不要な放射線による汚染は却って自軍の進行を妨げるものにしかならない。

例え進行する自軍が壊滅しているかもしれなくても想定だけはしなければ兵器としてはなりたたない。
28.名無しさん2017年01月15日 00時36分
Falloutの世界観では、様々な動力源に核反応のエネルギーが使用されている。
最終戦争から200年経った劇中でも戦争で投下されたICBMによる放射能汚染が残り
一方で核を動力源とするロボットを破壊しても、爆発こそすれど放射能汚染はすぐに消えてしまう、そこを矛盾点として指摘されることもある。

しかし、ここで注目すべきなのは核融合と核分裂は異なる仕組みで起きるものだと言うことだ。
核分裂反応とは不安定核が分裂しより軽い別の核種となる事だ。原子核は陽子と中性子で構成され、軽く安定した原子核での比率は1対1であるが、不安定核とは陽子と中性子のいずれかが過剰な状態にある核種の事を指す。
不安定核が分裂を起こす際、中性子線、アルファ線、ベータ線、ガンマ線など高い運動エネルギーを持つ物質粒子を放出する、これが放射線である。
ウラン235、プルトニウム239など核分裂性物質の原子核が中性子を吸収すると、一定の確率で核分裂を起こす。この際に中性子を放出するので、また別の原子核が核分裂を起こす。この連鎖反応の中で同時に膨大な熱エネルギーを発生させる。これを破壊に使うものが原子爆であり、電力に変換するのが現代の原子力発電だ。
一方核融合とは軽い核種同士を融合してより重い核種となる事だ、核分裂の逆である。
核融合反応は、1920年代に粒子加速器の研究中に発見された。
陽子などの軽い核種に高いエネルギーを与え加速し、他の核種に当てると核種は破壊を伴いながら融合し、大きなエネルギーを開放する。
このエネルギーはアインシュタインの相対性理論によれば、融合した核の質量がエネルギーに変換されているため発生すると言われている。
ただし、核融合反応を発生させるには大量のエネルギーが必要になるため、実際に発生させることや維持することが難しく、後に核分裂反応が発見されると、当時はあまり着目されなくなってしまった。

核分裂反応と、核融合反応の違いは反応の起こしやすさにある。
核分裂反応は一度始めると物質は次々と連鎖反応を起こし、放っておいてもずっと反応が続く。
特にウラン235やプルトニウム239は半減期、物質を構成する不安定核が核分裂を終え完全に別の核種へと変化するまでの期間がとても長い。
一方核融合反応は、反応を起こす、維持するためには大きなエネルギーを必要とする。言い換えると、エネルギーの供給を絶たれると反応を止めてしまうという事である。
核融合を発電に使う試みは、現在の科学ではまだ実現されていないが、もし実現すれば何らかの理由で施設が破損したり電力の供給がストップした場合でも、現行の原子力発電と異なり、核エネルギーが暴走するのではなく、自然停止するであろうという所が期待されている。
勿論核融合も核種の融合の際崩壊を伴うので反応中は放射線を放出するが、反応自体はすぐ止まる。夢のクリーンな核エネルギー、という訳である。

話題をFallout4に戻すと、この世界では電力供給からロボット燃料まで核エネルギーに頼っているのだが、その核エネルギーとは劇中登場するフュージョン・コアを用いた核融合の事である。そのため破壊されると核反応が短時間の内に停止してしまうのだろう、劇中でそれらの物体を破壊しても放射能汚染がごく短時間で消えてしまう事の説明もつく。
一方最終戦争で投下された核兵器の殆どは、現実と同じ核分裂を用いるものだったと考えられる。
余談だが、現実に存在する水素爆は核融合反応のエネルギーを破壊に使う核兵器だが、核融合反応を起こすためのエネルギーに核分裂反応を使用するため原子爆を搭載している。
核融合のスタートに原子爆を用いない純粋水爆の研究が1950年代からアメリカ合衆国で進められていたが、1992年に事実上開発を断念している。

現実世界ではまだ実現していない核融合による発電を普及させるだけの技術力がありながら、大量破壊兵器は現実と同じものを使用した、というのはなんという肉だろうか。
29.名無しさん2017年01月15日 01時12分
世界で唯一、他国に核攻撃を行った国が舞台という肉。

falloutの世界と現実世界との違いは、日本に核が落とされた後、人類は核を兵器としてではなくエネルギー資源として使い始めたという事。

だが、最終的に人類は核を兵器として使用し文明は崩壊した。
30.名無しさん2017年01月20日 22時18分
なお現実では翌日の広島には血文字で「復興」の二文字が書かれていた。
人間って適応性もあるし郷土心と統治機構が再建されれば、と言うかミニッツメンEND将軍が頑張ればコモンウェルスは安定を取り戻せるかも知れない。
(最も治安とかの面を多少目を瞑る事となるが。)


と言うわけで将軍居住地が助けを求めている。
31.名無しさん2017年01月23日 14時47分
前作NVのDLC Honest Heats のサバイバリストターミナル内には、広島 ビキニ環礁に関する記述がある。

結局この世界の住人は、核兵器について知識がありながらも過ちを繰り返してしまったようだ。
32.名無しさん2017年02月02日 20時36分
知識がありながらも、資源戦争の為に「抑止」ではなく「武装」として持ち出さざるを得なかったのだろう。
フュージョン・コア等の核融合技術もありながら、兵器には核分裂技術を使用した理由はおそらく単純で、「製造にコストがかからない事、比較的単純に操作が可能(制御ではない)」という点だろうか。
33.名無しさん2017年02月21日 01時04分
しかし、よく考えてほしい
日本に核を撃ち込んだ国が100年くらい後でも
核兵器のことをちょっと超凄い爆程度で核技術もちょっと超便利で革新的な技術だと認識していたことを…
そりゃあ、バカスカ撃ち込んで滅んでもしょうがない気がする…
戦争が変わらないのであれば自分達が変わるしかない…だが、中国アメリカには底なしと言えるほど深いわだかまりがあり
お互いに変わることができなかった…
人は過ちを繰り返すということか
34.名無しさん2017年02月22日 18時56分
既にエイリアンの項目にも書いたが、エイリアン大戦争との関わりとして"捕虜からアメリカの核ミサイル発射コードを聞き出していた"と言われるが、この件に関しては確証が薄い。

理由としてはこの情報は、宇宙船内で回収できる捕虜の観察録音データから確認できるということである。

この観察データは、エイリアンと恐らくアメリカの重役と思われる人間とのやり取りが記録されているのだが、この観察データの内容を聞くにアメリカの重役にエイリアンの言葉が通じてる可能性は低い(その逆も)。

状況からして、正体不明の生物に囲まれ豪拷問された状況に勝手にパニックになって、自分の知ってる核ミサイル発射コードのことを聞き出してると思い込んだ可能性が十分あり得る。
拷問中にエイリアンが攻撃したのも、捕獲したサンプルが興奮状態だから単純に鎮静するための行為の可能性も考えられる。
35.名無しさん2017年02月27日 21時16分
今までのコメントの方々のとおり、核兵器はとても恐ろしい兵器である。
しかし、忘れてはいけないことがある。この世のどんな生物よりも、どんな兵器よりも恐ろしいのは我々人間であるということである。なぜ、人は幸福よりも破壊を選ぶのだろうか。
36.名無しさん2017年02月28日 20時57分
世界を終わらせた核から生き残ったはずの将軍が、今度は息子の凶行を終わらせるために核のスイッチを押す。
まさに「過ちを繰り返す」である。
37.名無しさん2017年04月15日 04時07分
米国と北朝鮮の一触触発によって、21世紀にもなって、再び「核の脅威」が迫ってきているというのは笑えない
38.名無しさん2017年05月22日 17時01分
現代社会において、アメリカが唯一保有している大陸間ミサイル中国に打ち込める核ミサイル)の名は、「ミニットマン」という。
39.名無しさん2017年05月22日 20時32分
兵器は使われてこそ価値がある
それは核とて例外ではない
40.このコメントはNG投票で非表示になりました。
クリックして表示
41.名無しさん2017年06月11日 17時48分
ダックアンドカバーについてだがぶっちゃけ、なにもしないよりはマシだし遠距離だとかなり被害を免れる確率は上がるらしいので未だに有効的な手段でもある。それだけ核が恐ろしいのだ。ともかく、核以外の通常が飛んできても伏せて隠れて当たらないようにするのは基本中の基本である。
42.名無しさん2017年06月21日 13時04分
核拡散の問題は、核兵器の恐ろしさを喧伝する程、恫喝カードとしての有用性が裏付けされていくジレンマをはらんでいる。
使用すれば自爆の危険性があり、まあ幾つかの勢力と自動敵対するかもしれないが、インベントリに入れておくだけで敵が怯み、スピーチの成功率が大幅アップ、ついでに低カリスマでも制圧できるようになる効果がついたレジェンダリ武器みたいなもんである。

核なき世界への道のりは遠い。
43.名無しさん2017年06月21日 17時36分
>>34
他の「サンプル」とは雰囲気の違うヤツが意味深に言ったのに興味を持って色々当たってみたらなんか爆発した、ってだけで故意ではない可能性もある。
44.名無しさん2017年08月14日 15時45分
現在の核兵器は核攻撃が行われた土地に軍隊を進駐させるために半減期が短い(放射能の影響が無くなるのが早い)ものが使われているが、falloutの世界は200年たってもあの有り様である。
あの世界の核兵器は純粋に敵に大きな被害を与えるために半減期が長い核兵器があるのかもしれない。
祖国が放射能まみれでは海外派兵されたアメリカ軍もまともに活動はできないと思われるので防衛面で考えても理には叶っているがなんとも恐ろしいものだ。

自動燃料にも核が使われてるような世界観なので核爆発によって引き起こされた放射能漏れの影響もすさまじいものが
あるかもしれない。
・コメントの際は情報の重複を避けるために、現在のページのコメントに目を通してください。
・登場人物や、組織を非難するような書き込みは控えてください。
・「Falloutシリーズ」以外のゲームや、漫画等を元にしたネタコメントは可能な限り控えてください。
・「用語に関する情報」が当サイトのメインです。可能な限り、会話等は控えてください。
・NGで非表示になってるコメントに返信しないでください。
名前:
コメント属性:
コメントの際の注意
1585