中国軍ステルスアーマー

別名称一覧:ヘイ・グイステルスアーマー,Hei Gui,中華ステルス,ステルスアーマー登録する別名称のNG投票を行う
作成日:2016年06月27日 06時05分
このエントリーをはてなブックマークに追加
登録タグ一覧
過去作登場装備
タグを編集する
  • 古い順
  • 新着順
1.名無しさん2016年06月27日 06時05分
Fallout3DLC:Operation:Anchorageで登場し、中国軍が使用していた物。
また、Van Burenの設定を回収しFallout:NVにも登場した。
パワーアーマー用装備として中国軍が開発していた「ヘイ・グイステルスアーマー」はこれのことを指していると思われる。

一部ユーザー間には、本装備が『中国に占領された日本が開発した装備』として知れ渡っているが、これはプレイヤーの考察から来たもの。そもそも日本中国に占領されたかすら不明なので、この設定を語るなら憶測ということを覚えておこう。

Fallout3では、しゃがむステルスフィールドが発生し、常時ステルスボーイ状態だったので、ステルス用装備+これでステルスアタック無双なんて事も出来たチート装備の一角。
Fallout:NVでは大幅な弱体化をし、ステルスフィールドがオミットされ、盗品扱いが小技を使用しないと解除されないとガッカリアイテムになってしまった。


…のだが、この防具実は頭部周りにバグがあり、頭装備が何個でも重ねて装備出来てしまった。これはNVでも修正されておらず、Vault神拳と呼ばれる造語まで作り出すほどだった。

Fallout:NVDLCでは、鹵獲されたものがビックエンプティで研究されたらしく、DeadMoneyに登場した改良型のプロトタイプと思われる「アサシンスーツ」、Old World Bluesに登場したビッグマウンテン製改良型の「ステルススーツMk II」が登場した。

Fallout4では、鹵獲品を研究した結果なのか、パワーアーマーモジュールに似た様な機能がある。また、レジェンダリーカメレオンも似た様な効果なので、コンバットアーマーあたりについていたら、米軍が解析した新型の試作品とでも脳内補完すると面白いかもしれない
2.名無しさん2016年08月02日 15時46分
リーズで毎回登場しているステルスボーイというアイテムは
アメリカ軍が鹵獲したこの中国ステルスアーマーを解析し、開発したもの。
ステルスや諜報という分野では中国軍の方が一歩先を行っており、
米軍は対処に色々と苦労していたようである。
(別名は黑鬼=黒い幽霊、というニュアンスのコードネームだが、昨今は中国語圏で
黒人に対する差別的ネットスラングとしても使われる表現の為注意が必要である)

上述のステルスーツMK Ⅱも同系統の装備と思われるが、効果は
最大までアップグレードしてもSneak+25 PER+1 AGI+1、Med-Xの自動投与、
内蔵AIによるお喋り機能のみでしゃがむと透明になる機能は存在しなかった。
米軍が同機能を実用化する前に最終戦争が起こったことにより、
中国ステルスアーマーは世界最後にして最先端のステルスアーマーとなった。

・・・のだが、本作にて一部のロボット系の敵が自前で完全な
ステルス機能を備えていたり、111パワーアーマーに自作で同じような
性質のステルスユニットを組み込んでいたりと連邦の技術力恐るべしとしか
言いようのないものが多数存在している。
3.名無しさん2016年08月02日 19時03分
アサルトロン・ドミネーターロブコ社製だが、ロブコ社長(Mr.ハウス)のロボット運用は基本的に「パワーと物量で押せ」という方向性であるため、ステルス機能は米軍によって追加されたものと思われる。
アサルトロンが敏感な索敵センサーを持ち接近戦重視の武装をしているのがそもそもステルスアーマー装備のドラグーン兵対策であろうから、これにステルス機能を与えるというのは自然な発想ではある。
4.名無しさん2016年08月03日 20時02分
これに対しアメリカ側は聴覚ステルススーツを開発。
中国ステルスアーマーはかなりピチピチだがこちらは現代の戦闘服に近いような感じになっている。

ちなみに、このステルススーツに搭載されているAIはかなり可愛い。
5.名無しさん2016年12月18日 09時46分
3用語集でも触れられていたが、よく見るとスーツ表面のコード類があちこちガムテープで止めてある。

デザインそのものは未来的で格好良いのだが一度気になってしまうと・・・
6.名無しさん2017年01月10日 19時37分
もしかしたら、中国軍がPAに襲われた際
このスーツを利用してPAに接近しフュージョンコアを抜き取ってPA部隊の戦力を削いでいたのではないだろうか…?

さすが中国軍!汚いとか言わないであげてほしい
7.名無しさん2017年01月10日 20時38分
フーバーダム強襲作戦時に中国兵スパイが身に付けていたのがこのステルススーツ
このステルスアーマーのせいでLimit 115フーバーダムから持ち去られる事になった。
その後も何度となくこのステルススーツアメリカ軍は煮え湯を飲ませられる。
それだけこのステルススーツが高性能ということだったのだろうが……。
しかし最終的に間接的にとはいえこれのせいで世界は破滅に向かって行ってしまった。
……そう、アメリカだけでなく中国もろともに。
8.名無しさん2017年01月23日 11時19分
MDO化されているので、4でも中国ステルスアーマー使いたいって方はどうぞ。
9.名無しさん2017年08月04日 16時50分
よく触れられるようにPA無力化の為このスーツが活用されていた・・・という話はあるし米軍も煮え湯を飲まされ続けたのも間違いないだろうが、PA相手にどこまで対抗策となりえたのかは少々疑問の余地が残る。

と言うのも、ゲーム的にクリムゾンドラグーン部隊やステルスボーイ使用者と対峙した際、3ではV.A.T.Sで捕捉出来ても攻撃不可、本作では捕捉自体が出来ないとはいえ、「旧作1から共通して全く見えないという訳でも無い」。
3のOAでも101が「何か視界の端で動いたら考える前に撃て」とアドバイスされる場面もあり、ゲーム的にも設定上も遠距離なら確かに見えないだろうが、近距離なら光の屈折で見分ける事も不可能ではないようだ。

少なくとも3で猛威を振るったような活躍は難しかっただろうし、PA部隊が中国本土まで逆侵攻し北京まで迫った事への辻褄も合う。
10.名無しさん2017年08月29日 03時00分
ただし、対非パワーアーマー兵戦や遠距離戦では絶大な効果を発揮したのは間違いない。

夜間戦等ではかなり猛威を振るったと思われるのだが、それでもパワーアーマー相手では分が悪かったのだろう。
・コメントの際は情報の重複を避けるために、現在のページのコメントに目を通してください。
・登場人物や、組織を非難するような書き込みは控えてください。
・「Falloutシリーズ」以外のゲームや、漫画等を元にしたネタコメントは可能な限り控えてください。
・「用語に関する情報」が当サイトのメインです。可能な限り、会話等は控えてください。
・NGで非表示になってるコメントに返信しないでください。
名前:
コメント属性:
コメントの際の注意
3118