ZAX

別名称一覧:ZAXコンピューター登録する別名称のNG投票を行う
作成日:2016年12月05日 21時41分
このエントリーをはてなブックマークに追加
登録タグ一覧
Fallout3登場用語 設定・用語 旧アメリカ軍関係
タグを編集する
  • 古い順
  • 新着順
1.名無しさん2016年12月05日 21時41分
ZAXコンピューターとはVault-Tec社によって開発された
先進的なスーパーコンピュータのシリーズの事

代表的な物は3に登場したエデン大統領だが、大統領専用メトロの
システム管理コンピューターであるマーゴット(MARGo.T.)もこのコンピューターの準同型機らしい。
このコンピューターの最大の特徴は学習能力を持ち、プログラムをアップデートする必要が無いという物だが、早い話、稼働しつづければこのコンピューター自身に意思が芽生え、自我を持つ可能性があるという事でもある
2.名無しさん2016年12月05日 22時05分
初代Fallout1においてもZAX1.2という名前でThe Glowことウェストテック研究所の奥深くに存在していた
自我こそ芽生えていないが同所で研究されていたFEVの説明を聞く事が出来る他、会話選択肢からチェス勝負を挑む事も可能・・・しかしバグで絶対に勝てないのであった

また「エデン大統領」の場合縦方向に基盤と配線を繋げたいかにもなスパコンなのに対し、こちらは巨大なモーターに操作パネルと箱が付いたような外見になっている
3.名無しさん2016年12月06日 07時16分
エデン大統領声優の秋元洋介氏の名演技と名・珍問わずの訳で人気があり
マーゴットの方も日本語版ではとてつもなく可愛い声をしており人気がある

それと、某雲の恩師は全く関係ない
4.名無しさん2016年12月06日 22時47分
リーズ中に登場する(あるいは予定があった)ZAXシリーズの一覧

・ZAX 1.0
Fallout Bibleにのみ言及されるZAXシリーズのプロトタイプで、元はVaultの管理システムとして設計された物だったようだ。
資源戦争前の2053年に稼働を開始した後、米政府に譲渡され
主にZAX 1.2を構築するために使用されたとされる。

・ZAX 1.2
2055年に稼働を開始した第二のZAXシリーズ。登場は初代Fallout
カリフォルニアにあるWestTek社の施設に設置され、生物学、病理学、遺伝学の研究に用いられた。

John Henry Eden(エデン大統領
レイブンロックの軍事基地の監視システムとして設置されたZAXシリーズの一つ。
副次的な目的として最終戦争が起こり、アメリカが致命的な打撃を受けても政府の継続性を確保する事と各地に散らばるエンクレイヴ間の通信を調整する事もプログラムされていたようだ。

尚、彼の中にはアメリカの正当性を保ち続ける為か、過去の大統領とアメリカの歴史についての膨大なデータも入っており、AIがこれを読みこんだ事が、エデン大統領としての人格を生み出す大きな原因となったとされている。


・ZAX-29
Van Burenに出る予定だったZAXシリー
Vault 29の管理システムとして設計され、住民の安全確保や教育も担当する目的が有ったようだ。
尚、このコンピューターのサポート役として乳がんで死亡寸前だった科学者の脳を取りだし、一種のロボブレインのような形でコンピューターとしたDiana Stoneと呼ばれるユニット(HALOシリーズに登場するAI、コルタナが一番近いか?)も配備されていたという。
5.名無しさん2016年12月09日 23時34分
・ZAX (Boulder Dome) 
Van Burenに出る予定だったZAXシリーズの一つ。Boulder ZAXとも呼ばれる。
月や他の惑星に入植する際の都市のプロトタイプとして設計された研究施設、Boulder Domeに設置されており
戦中は新型ペストの研究に用いられた。

戦後でも無事残存し稼働していたが、理由は定かではないがいつの間にか同じZAXシリーズの一つである
オデュッセウスと新ペストの研究競争を開始、お互いにハッキングをして妨害する事態にまで発展した。
プレイヤーが訪れる時点ではコンピューター同士の喧嘩に主なメモリを費やし、その余りでLimit 115の研究をするまでに悪化していたという


オデュッセウス
Van Burenに出る予定だったZAXシリーズの一つ。他のZAXシリーズと比べても高い性能を持っていたとされる。
最初は政府が使っていたようだが、アリゾナ州にあるティベッツ刑務所(戦前では戦争犯罪者や生物兵器やその感染者
放射線にさらされた人を収容していたとされる)の管理コンピューターとして下げ渡され、設置された。
尚、設置者が何を考えていたのかは全く不明だが、生物兵器(おそらくは新ペスト)が脱走した場合の感染拡大を防ぐ為か
刑務所から囚人が脱走した場合に備えてアイボットを派遣する機能も持っていたほか、
一定の条件を満たした場合、感染の疑いがあるエリアを焼き払う為、衛星軌道上の軍用ステーション「B.O.M.B.-001」から
核ミサイルを投下する権限さえ持っていたとされる。

戦後も囚人の監視と収容を続けていたが、最終戦争の影響かコンピューターのAIが不安定になり、二重人格を発症、
更に、ミサイル発射機能を悪用せんと企むマッドサイエンティストとその一派が刑務所を攻撃、
これらの事態により、Van Buren主人公である「Prisoner(囚人)」が脱走する事となる。
・コメントの際は情報の重複を避けるために、現在のページのコメントに目を通してください。
・登場人物や、組織を非難するような書き込みは控えてください。
・「Falloutシリーズ」以外のゲームや、漫画等を元にしたネタコメントは可能な限り控えてください。
・「用語に関する情報」が当サイトのメインです。可能な限り、会話等は控えてください。
・NGで非表示になってるコメントに返信しないでください。
名前:
コメント属性:
コメントの際の注意
3866