The Wanderer

別名称一覧:ザ・ワンダラー登録する別名称のNG投票を行う
作成日:2016年03月10日 12時17分
このエントリーをはてなブックマークに追加
登録タグ一覧
BGM ダイヤモンドシティ・ラジオ
タグを編集する
  • 古い順
  • 新着順
1.名無しさん2016年03月10日 12時50分
Dion di Mucci,Giorgio Moroder,Ernie Marescaの曲
トレイラーにも登場したノリのいい曲
女を求めてフラフラする曲だがfalloutでは核戦争跡を放浪…と他の曲同様二重の意味になっている
とはいえあまり肉っぽい感じでもなく気軽に聞ける曲
平地を気ままに歩くとき、気味の悪い場所で元気を出したいとき等色んな場面にマッチするだろう
2.名無しさん2016年05月01日 22時18分
ちなみにDion(メインのボーカル)は2016年5月現在ご存命である。きれいな水をかき集め、材料の注文表の購入に奔走し、クラフトに勤しんで、居住地のSOSに駆けつける将軍。その姿は"roam from town to town"と言えなくもない。
3.名無しさん2016年07月16日 01時52分
ちなみに同名のトレイラー中では実写版111がM14バトルライフルと思しきライフルを操っている。

ゲーム内で出せよ!
4.名無しさん2016年11月03日 19時11分
>>2
実は彼は死にかけたことがある。1959年の2月3日、彼は音楽ツアーのためにアイオワ州クリアレイクにいた。Dionはボナンザ53に乗ってツアーの次の目的地、ムーアヘッドに行かないかと誘われた。料は36ドル。それは彼が親から貰ってるアパート賃程で、彼はもちろんそれを断った。代わりにバディ・ホリー、リッチー・ヴァレンス、ビックボッパーの3人が乗り込むことになった。当時のロックンロールを代表するそうそうたる面々だ。その日にそのボナンザは墜落し、彼らが二度とステージに立つことはなかった。この日は後に音楽が死んだ日と呼ばれるようになった。Dionが未だに生きているのは本当に奇跡である
・コメントの際は情報の重複を避けるために、現在のページのコメントに目を通してください。
・登場人物や、組織を非難するような書き込みは控えてください。
・「Falloutシリーズ」以外のゲームや、漫画等を元にしたネタコメントは可能な限り控えてください。
・「用語に関する情報」が当サイトのメインです。可能な限り、会話等は控えてください。
・NGで非表示になってるコメントに返信しないでください。
名前:
コメント属性:
コメントの際の注意
909