T-51

別名称一覧:,T-51パワーアーマー,T51登録する別名称のNG投票を行う
作成日:2016年02月08日 15時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加
登録タグ一覧
防具 T-51 パワーアーマー
タグを編集する
  • 古い順
  • 新着順
1.名無しさん2016年02月08日 15時02分
初代FALLOUTのパッケージを飾ったモデル。
T-60の登場までは戦前最強モデルだった。
アンカレッジ奪還作戦に投入されたのはこのモデルである。
T-45T-60とは少し意匠の異なる外観をしている。
2.名無しさん2016年02月18日 02時37分
専用塗装でレールロード塗装がある。
またレジェンダリー効果付きの胴体部分、ピエゾ核パワーアーマーが存在する。
4.名無しさん2016年02月19日 02時43分
レベルが上がるとマップに配置されたパワーアーマーのランクも上がるという仕様上、中間レベルのT-51は見かける機会がやたらと少ない。
レベルになってからどうしても手に入れたい場合はアトムキャッツのガレージで買うと良いだろう。
T-60X-01に比べるとさすがに性能は低いが、修理コストがあまりかからないというメリットもある。
11.名無しさん2016年02月24日 17時46分
その外見のカッコ悪さは賛否両論だが、レベルが上がるとT-60X-01ばかり出現するようになるので、希少価値の高いパワーアーマーである。
12.名無しさん2016年02月24日 20時50分
アトムキャッツで各パーツがランダムで定期的に販売されている。
欲しい時は定期的に店を覗きに行こう。
13.名無しさん2016年02月26日 12時18分
男性主人公はアンカレッジで戦功を上げていたらしいので、もしかしたらT-51を扱っていたのかもしれない
14.名無しさん2016年02月26日 21時24分
序盤はT-45が基本であり、中盤ではBoSの介入もあってT-60を見るようになるのでタイミングを逃すと見る機会を逃してしまうパワーアーマー
15.名無しさん2016年03月05日 02時13分
順当に旅していればナショナルガード訓練場あたりでT-51を見かけることができる。
ただし、手に入れた後に襲ってくる守護者はT-51を持ってしても厳しい相手だが…
16.名無しさん2016年03月08日 01時00分
ストロング砦にあるブロック将軍のターミナルにはT-51 についての記述がある。 その中にはT-51は高い防御力を誇りながらかなりの機動力を持ち、T-51を装着した兵士は敵の戦車アーマーを紙のように引きちぎっている、といったことが書かれている。
17.名無しさん2016年03月08日 01時30分
このアーマーを執念深く探し、入手した暁には
寝る時まで装着している人?もいる。
コアなファンはいつの時代にもいつのだ。
ただ連邦に来たら今までの苦労は…とひっくり返るかもしれない。
18.名無しさん2016年03月08日 07時52分
東海岸においては「伝説のパワーアーマー」といった扱いであるが、西海岸ではわりと普通に着用されている。
19.名無しさん2016年03月08日 22時58分
レールロード塗装にすると全身黒くなる。結構格好いい
20.名無しさん2016年03月18日 19時53分
初代Fallout1では科学者による表面硬化処理で防御力向上、何故か高く設定されているアーマークラス(回避率)により名実共に最強の防具であった
リーズが下るごとにそこまでの性能は無くなったものの希少性や仕様等、代わりにネタに恵まれるようになった
21.名無しさん2016年03月18日 20時04分
キャピタルBOSが過去にT-45を使用し現在はT-60をしているが
西部方面にいるとされる本家や本家筋のBOSはこのPAを使用している描写が過去作にあった
22.名無しさん2016年03月18日 21時03分
アーマークラスは、確かに回避率なのだが、洋ゲーでは「鎧でく」も回避率であるのだ。(日本でも有名なところだとウィザードリィ)
つまるところ、初代ではその装甲は堅牢!無敵!最強!だったのだ。
23.名無しさん2016年03月19日 03時19分
コメントにあるように東海岸に比べ西海岸ではそこまで希少ではないらしく、NVに登場したBOSはこのPAガウスライフルが主装備だった。
24.名無しさん2016年03月27日 13時20分
ダサいかもしれないが、50年代のアメリカ人が想像した未来と言う世界観的には他のT型に比べて、マッチしている。
25.名無しさん2016年03月27日 13時38分
T-60X-01を常用していると修理アルミニウムがなかなか消費されてしまうため
これを常用している111もいるとかいないとか
26.名無しさん2016年03月30日 22時33分
このゴリバケツは南ボストン軍検問所などで一式入手出来る
ただ、このバケツ頭を各地で求めるならレベル10~20くらいのうちに探したほうが賢明だと思われる
根強いファンもいるPAだがそうでもないならT-60X-01までのつなぎくらいの性能である
27.名無しさん2016年03月31日 18時44分
3プレイ時DLCOperation: Anchorageで入手できる冬用T-51bパワーアーマー
愛用していて、4でも冬用塗装にして愛用している111もいるのではないだろうか
いるといいな…
28.名無しさん2016年03月31日 19時39分
>>27 少なくともここにもう一人いる

冗談はさておき、本作での改良システムを見るに3やNVではT-51b、T-45dといった名称があったがアンカレッジの戦いの当時だと新型であるこちらよりT-45の方が長く使われ細かい改良が進んでいたような印象を受けるし、実際その通りであったのだろう
それら軍事技術の結晶を資源やPerkさえあれば再現できる111はいよいよただものではない
29.名無しさん2016年03月31日 20時42分
何気にシリーズ皆勤賞の装備
30.名無しさん2016年04月03日 23時54分
旧作では排泄物をリサイクルできるという設定があったが、4でもその設定が残っているかは謎。
31.名無しさん2016年04月08日 10時14分
修理素材が胴体以外はのみというのは大きなメリット。
長丁場のダンジョン攻略中にステーションを発見した場合、さっと修理することも可能
32.名無しさん2016年04月08日 10時30分
リーズが進む毎に弱体化が激しいが
その分、修理の手頃さでカバーしているのかもしれない
33.名無しさん2016年04月10日 09時34分
F型まで強化すればT-60X-01のミドルクラス並の固さになるため、修理素材を考えるとなかなか優秀と言える。
34.名無しさん2016年04月23日 19時08分
かっこいいと思うよ俺は。
レールロード塗装とステルスフィールドでステルスアーマーってのもロマンあるし
冬用にしてアンカレッジの再来にするのもいい
デフォカラーも滅茶苦茶かっこいいと思う。
あくまでも一個人の意見だが。
35.名無しさん2016年04月23日 22時04分
他のPAがメカっぽいフォルムなのに比べてT51は人間のプロポーションに最も近く、避経始に優れているため、T45を大きく上回る機動性、防御力を実現した。

ただし曲面を多用した防鋼板は製造行程が複雑で、なおかつ滑らかな人型フォルムを維持しつつ、T45と同等か、それ以上のアセンブリパーツを対応させるには汎用性の低いT51専用として開発せねばならず(各パーツをでかくするのは簡単だがその逆は高度な製造技術が必要)、戦時下での大量生産には向かない高コストなPAとなってしまった。

奇しくもゲーム上でも入手機会が限られ、キャピタル程ではないにしても極めて個体数が少ない。アンカレッジなどに優先的に投入され、国内に無傷で残存したものはごく少数だったのだろう。B.O.S.エンクレイヴのようにPAを多用する組織が易々と数を揃える事ができないため、いつのシリーズでも高級品として扱われている正に戦前の軍事技術の結晶なのである。
36.名無しさん2016年04月23日 22時31分
西部のB.O.S.はこれをよく使用していたが結局はNCRに数の暴力で蹂躙された
東部の今のB.O.S.はT-51より性能向上してるT-60の量産体制が出来てるのでわざわざグレードダウンして今更T-51やT-45を使うこともないだろう
エンクレイヴはあの最新鋭機を使ってるのにT-51を揃えるなどしないだろう

とはいえ連邦に残されたパワーアーマーを入手する際に111レベルを把握して調整すれば相当数T-51を入手することも可能
またアトムキャッツも主力のT-60販売以外にも多少はT-51の販売もしている
修理しか使わないからとこれを使いたいならちゃんと調べて探せば相当数連邦には存在するんだから
パワーアーマーの性能より修理の手軽さなら確かにこれは最善なんだろうけど
37.名無しさん2016年04月24日 21時33分
T-45の安物感やT-60のありふれ感、X-01エンクレイヴ感が嫌いな人は迷わずコレ

使い勝手も性能面もバランスがとてもいい
38.名無しさん2016年04月24日 21時43分
強化で見ると性能がわかりやすいが
T-45が合計でDN500、EN310
に対してT51はDN740、EN490とT-45の大体1.41.5倍の防御性能を誇る




T-60T-45の大体2倍近いDN980EN645だが
39.名無しさん2016年04月24日 22時01分
あまり注目されないが、錆が進行している他のパワーアーマーと違ってタイプAの状態が良く、強化しなくても元々のカラーリングが確認できる
40.名無しさん2016年04月25日 01時08分
胴体だけが緑で、他は黒色といった色合いになっているが、じつは他作では黒色部分は白っぽいベージュでいかにもコンバットアーマーを大型化したといった外見であった。
41.名無しさん2016年04月25日 04時29分
ダサいのではない。50年代風の世界観と実際の年代が97年のデザインなので古臭いといった方が正しいのだ。
それをダサいと言われればそれまでだが
42.名無しさん2016年05月03日 00時36分
根本的な形状が異なるためか着用モーションが他のPAと少し違う
43.名無しさん2016年05月03日 00時44分
東海岸B.O.S.や大半のプレイヤーには人気がないが
一部のコアなプレイヤーやハイテクレ・・・西海岸B.O.S.からは熱烈な支持があるパワーアーマーである

別にリ・・・ゴリラを真似てこの形状になったわけではない
44.pop-boy2016年05月04日 01時52分
T-51は戦前の歩兵用戦闘アーマーの頂点とも呼べる存在である。T-51はウェストテック社により十年以上の歳月をかけて開発され、T-45の実戦配備で明らかになった沢山の教訓が盛り込まれている。T-45と異なりT-51は長い開発サイクルの恩恵を受けており、その場しのぎのモデルにならぬ様にカスタムメイドの部品を使用している。

T-45同様にT-51は一人で運用できるように設計されており人間のシルエットに基づいて作られている。T-45と異なり、T-51の外格は合成ポリラミネ―トから作られ、着用者にダメージを与える事無く25000ジュール以上のエネルギーを吸収する事ができる。この合成ポリラミネ―トの耐久力は有機的で曲線的な外形の外格よりさらに強化されており、T-45の旧式化した鋼板の装甲と比べると投射物や爆発の向きを反らす可能性が向上している。T-51の外格は合成曲面に直接ダメージを与える事無くレーザー放射線の放出を反射させることが可能な10ミクロンシルバーアブレーティブ層で覆われており、その表面は防御特性を増大させるため特別な化学的工程によって処置されている。T-51は直接的な接触および放射能、生物兵器、科学兵器の汚染に対しさらに防御力を高めるため気密性に優れた設計となっており、アーマーが損傷していない限り装着者は最も汚染された区域でさえも安全に行くことが出来る。T-51のヘルメットはこの防御力を発揮するのに不可欠な部分であり、ゴム加工され、胸部プレートに取り付けられた換気口を備えている。それにより外気から完全に密封され、他のT-シリーズと同じく覘視孔は防仕様となっている。ヘルメットは一種類の合成物から作られ、T-45と比較すると小型化され、より堅牢な造りになっており、容易に取り外し可能な視覚アセンブリも備わっている。T-45と同じく聴覚ポートはアクセサリーの取り付けマウントも兼ねていて額には利便性を考慮してランプが取り付けられている。
45.pop-boy2016年05月04日 01時54分
続き

T-51の最大の強みはウェストテック.パワーアーマーフレームを融合させた、油圧システムである。T-51は背中に装備された60000ワットの出力を生み出すTX-28マイクロフュージョンパックで駆動し、スーツのフレームに統合されたHiFlo油圧システムがスーツの大部分を支え、それにより装着者が戦場に容易に重火器を運ぶことができる。T-51は機動力でT-45を大幅に上回るが、最高のパフォーマンスを発揮するにはスーツが各々の着用者に合わせてカスタムフィットされなければならない。適切に調整されたアーマーをよく訓練された着用者が装備するとまるで自分の体の一部の様な感覚でスーツを扱うことができる。
またT-51には排泄物を完全な飲料水へと変えるリサイクル機能が追加されており、着用者はアーマー内で数週間は生き延びられる。

非常に優れた設計と工学技術、そして大量生産によりアメリカ軍は2076年6月にパワーアーマー歩兵の全小隊の編成を完了した中国兵はT-45dの対処の仕方を学んでおり、アラスカと中国におけるアメリカ軍の攻勢は行き詰っていたが、T-51の出現により戦場の情勢は完全にアメリカ軍優勢へと変わった。T-45を装備したアメリカ軍は10年以上に亘って中国と戦い続けていたが、T-51が投入されたことにより戦いは僅か六ヶ月で終結した。2077 年にアンカレッジは解放され、死傷者の数もT-51の圧倒的な性能のお陰で極めて少なかった。中国が併合した国々からの供給ルートが完全に崩壊した後、中国本土におけるアメリカ軍の攻勢が開始され、人民解放軍は完全撤退に追い込まれた。 
46.名無しさん2016年05月17日 23時09分
最新機のt60はディテールが懲りすぎていて、嫌だなと思って乗り替えてみたら、見た目のシンプルさ、性能、修理の汎用性から、非常に優れたpaと気づく。
やっぱり、シリーズを背負ってきたモデルの重みは伊達じゃないよ。
47.名無しさん2016年05月20日 22時27分
Far Harborで新たにヴィム塗装作業が追加された。
肩のイラストなどなかなか格好いいのだが、ヌカ社が怒りそうな色合いである。
48.名無しさん2016年05月22日 16時35分
このサイトの各パワーアーマーのページ情報を見ると
T-51はT-45,T-60と別のラインで開発され高い性能と機動力を持った少数部隊向け
T-60は頑健だが歩兵のサポートが必要、ただし量産性や整備性がT-45からのノウハウが有り高い、という印象を受ける
そう考えると(ゲーム中は修理以外T-60の方が上だが)過去作のT-51の人気、及びBOSがあれだけ大量のT-60を発見できた理由も納得がいく(T-60の量産ラインが整ってあとは各地に送るだけという時に世界崩壊、と考えれば)
49.名無しさん2016年05月22日 17時13分
今作ではケンブリッジポリマー研究所にてピエゾ核パワーアーマーという
ユニーク品が入手できるが、T-51の表面仕上げがポリマーであるという設定は
Fallout3作中においても同じく言及されていた。
属がむき出しだったT-45と比べるとこの表面仕上げにより耐久度が向上し、
更に大幅にアーマーの形状が変わった事でT-45で発生していた関節部分へのダメージや
電子部品の故障などが起こりにくくなった・・・とされており、
で肉厚な見た目に違わぬスペックで活躍したようである。
その設定通り、固定配置されているのは米軍の施設だった場所や
米軍が輸送に使っていた埠頭などが多い。
50.名無しさん2016年05月25日 09時12分
ヴィム・ポップ等が飲料企業などに払い下げられたのか、ヴィム塗装ヴィム・リフレッシュ塗装DLCで追加された

現状、T-51専用塗装が3個とT-60に次いで多い
51.名無しさん2016年06月05日 09時24分
DLCで(西部)BOSカラーを期待したいところ。
52.名無しさん2016年06月05日 09時44分
ロード画面でも見られるが、角張っているT-45とは対照的に曲線的なボディであるためにジェットパックが良く似合う。

T-51に限らず、今回のパワーアーマーは武器を常時背負って歩いていた前作と違って背中が寂しく見えるので、取り付けてあげると3人称視点では妙な安心感を覚える。

しっかり改修を施したヴィム塗装のT-51でファーハーバーを練り歩いてやろう。
53.名無しさん2016年06月05日 10時58分
戦前パワーアーマー技術の結晶であり、 総合的にもっともバランスのとれたPAとも言える。
いかにも攻撃を装甲で受ける作りをしていそうな形のT-45T-60と違い、流線型を多用した丸みのあるフォルムが特徴的。
このアーマーをもってアメリカの『歩兵戦車』というものの概念は完成に至ったといえるだろう。
アーマー戦車に匹敵する装甲の固さと歩兵の地形への適応力を併せ持つのが最大の利点であるパワーアーマーの模範ともいえる存在。T-45の頃に問題となった機動性の鈍さも極力人の動きの邪魔にならないその形状から解決されており、通常の歩兵と謙遜ない程の動きが可能である模様。
ゲーム内では装甲の固さ以外は共通の動きであるが、肩回りがどうみても固定されるx_01やT-45よりも明らかにゴツくなっているT-60よりも軽快な動きができそうなのは見るからに明らかである。この両者はパワーアーマー戦車としての性能を重視した設計とも言えるので、あくまでも『歩兵』である事を念頭に入れて作られたのがT-51なのだろう。
54.このコメントはNG投票で非表示になりました。
クリックして表示
55.名無しさん2016年06月05日 16時42分
56.名無しさん2016年06月05日 16時51分
バケツ頭はT-51のことだけではなく、パワーアーマーの全般のことをさしているので、バケツ頭=T-51は誤り
57.名無しさん2016年06月08日 12時36分
Fallout初代のオープニングデモで捕虜らしき人物をテレビコマーシャル?で堂々と射殺してたりする愛すべき元祖パワーアーマー

前作DLCの影響で冬用塗装にしたプレイヤーは少なくないと信じたいところ。
58.名無しさん2016年06月13日 22時31分
戦前は民間企業に卸されの宣伝にも使われていることが判明した。
中国が欲しがる兵器を民間企業に卸してよかったのだろうか。
59.名無しさん2016年06月23日 01時35分
DLCで企業ロゴや商品ロゴがあしらわれた専用塗装が増えた。
ゴツゴツしたT-45T-60よりも丸みがあるT-51の方が広告塔に向いているのだろうか。
60.名無しさん2016年06月23日 03時51分
上記にあるように、広告用塗装が4つと多い。ただ、DLCに登場する広告モデルで配置されるものはa型固定の模様。
戦前T-60のほうが総合的に優れてたため、T-51aは一部民間用に払い下げになったのだろうか?

このノリだとNuka-Worldにはヌカ・コーラ塗装が来そうである。

というか、来た
61.名無しさん2016年06月23日 05時12分
DLCを入れた状態だと現時点で使える専用塗装は5つ

レールロード用塗装
ヴィム塗装
ヴィム・リフレッシュ塗装
シュガーボム塗装
アブラクシオ塗装

BOS塗装3種にアトムキャッツ塗装の4種類であるT-60を超えて最多になった。
なんだかんだでスタッフから愛されている証拠である。
ユニーク塗装も含めるとT-60の方が多いが)
62.名無しさん2016年06月23日 06時51分
最新鋭機が出たけれど、まだまだ現役の兵器。現実で言えば90式戦車やF-15辺りに値する存在だろうに、これだけ民間に払い下げられているとは驚きである。機密保持とか大丈夫だったのか?
63.名無しさん2016年06月23日 07時13分
現用機を広告に使うからこそ宣伝になったのかもしれない
その裏に黒いの取引はあったことは想像に難くない
64.名無しさん2016年06月23日 12時23分
軍と企業でどういうやり取りをしたのか不明だがT-45もまだ現役稼働している中民間企業に卸すのは破格の対応。
65.名無しさん2016年06月23日 12時30分
現実的な問題として、戦前、戦中型のPAの中ではこういった塗装が映える平面の面積が多いので、
そういった理由でT-51が選ばれている感はある
戦後型のX-01は、世に出たころにはすでに企業が存在してない
66.名無しさん2016年07月14日 21時43分
まぁ誰がなんと言おうと私は
このゲンタ頭が好きだ
3やNVの頃より格段に
がたいが良くなったおかげで
格好良さに磨きがかかった
67.名無しさん2016年07月31日 17時17分
SMの言うバケツ頭はPA全般を指して言ってるのだろうか
戦後は普及してないどころか使ってる人ほとんどいなそうなT51だけを指して言ってるとは思えないし
68.名無しさん2016年08月01日 23時26分
初めて近づいた時にパーツのグレードが変動するタイプのパワーアーマーでは
プレイヤーレベルが18~30前後まで出現する、と他のタイプよりも
幅広い設定になっている。
そのレベル設定のためか、該当するレベル帯になるとT-51とT-60のパーツが
混じったパワーアーマーや、時としてX-01のパーツまでもが混じった状態の
パワーアーマーにお目にかかる場合がある。
普及品であるという点や堅牢性などから補修パーツに使われていたような風情がある。
69.名無しさん2016年08月16日 05時20分
>>67
どのパワーアーマーでも発言することから、パワーアーマー全般のことを指してるようである。

またもやDLCで塗装が追加される模様。
やはり元祖パワーアーマーだからこそ、ここまで待遇がいいのだろうか
70.名無しさん2016年08月18日 04時46分
>>69 まあ、Vim塗装でみんな大体わかっていたと思うが、Nuka-Cola塗装である。
>>59 の言うとおりやっぱりこれは看板にするにはちょうどよいのだろう。
71.名無しさん2016年08月19日 02時48分
入手のレベル帯が絶妙に感じる。
筆者のようにレベル20~30で複数の欲しいperkが揃い出し戦闘が非常に楽しくなり探索を疎かにしてしまう人は本当に気をつけてほしい。
だが、新サバイバルだけの話かもしれないがレベル40でも欠損有りで見つけたので複数セット欲しい場合は諦めず頑張ってほしい。アトムキャッツで粘るのはツライ。

余談だが上記はナショナルガード訓練場の武器庫で発見した。
その際に外の付きコンテナ内のもう一方のPAX-01フルセットで野ざらしにも関わらず、頭部・胴・右脚だけのT-51が武器庫内で整備されているように見えた。
X-01が有るので戦後の状況下だったと考えると、訓練教官もしくはベテランの兵が「新しく届いたのはルーキーにまわせ、俺はコレでいい」とでも演出しているようで筆者の胸が熱くなった。
72.名無しさん2016年11月19日 23時41分
ヌカ T-51も含めると塗装違いは13種にも及び、「並べて飾ろう!」などと思いつくと相当の苦労を必要とする。
73.名無しさん2016年12月12日 13時01分
ダサいダサいと言われるがなんだかんだでかっこいいPAである
3のOperation Anchorageをやったことがあるなら尚のこと
74.名無しさん2017年02月22日 14時22分
グレイガーデン東の高架上、オールド・ノース・チャーチ北東など、高レベルでもT-51フルセットの出現するポイントが何箇所か存在する
75.名無しさん2017年03月09日 17時09分
最新鋭機でありながら簡単に民間企業に払い下げられてたあたり、製造コストがかなり安かった可能性がある。

本作では東海岸B.O.S.西海岸B.O.S.と和解した為、西海岸でT-51が主流なあたりB.O.S.塗装のデータぐらいあってもいいのだが、残念ながらB.O.S.塗装はない
76.名無しさん2017年04月23日 00時09分
>>75
和解はして支持を受けたとはいえどちらも支援をしたり人材派遣もしてないし
そもそもお互いの距離が遠すぎてマクソンエルダーの承認を受けたくらいで後は放置に近い状態だから仕方ないね

ただ、T-60以外にもT-45やT-51にB.O.S.塗装が欲しかったのはわかる
77.名無しさん2017年06月17日 00時27分
ホットロッダー フレイムペイント:AGI
ホットロッダー ピンク:AGI
ホットロッダー シャーク:AGI
軍用塗装STR
レールロード塗装:PER
Vault-Tec塗装CHR
冬用コーティングER+20
ヴィム塗装STR
ヴィム・リフレッシュ塗装AGI
アブラクシオ塗装AGI
シュガーボム塗装STR
・ヌカT51※:AGI
ユニーク品のヌカT51に装備されたヌカコーラ柄の一式。

見た目がユニークな塗装が本当に豊富である。
PAが余ってしょうがないという人はぜひ展示施設を作って整然と
パワーアーマーディスプレイに並べ、眺めて悦に入ろう。
78.名無しさん2017年08月13日 23時25分
ロード画面ヌカコーラを持ってポーズを決めるT-51を見てこれの魅力に目覚めた111も多いと思われる
79.名無しさん2017年08月25日 07時11分
アブラクシオ塗装でダサカッコ良さ更にアップ!!
80.名無しさん2017年09月12日 11時10分
>>76
人を送るわけでもないし、データだけなのだから尚更...とは思う

実際パワーアーマーの塗装はステーションがあればそこまでなんかんでもないみたいだし
81.名無しさん2017年09月25日 13時39分
フルセットついたPAフレームはランダム要素が入ってる為除いた場合、確実にフルセット入手できるのは3機。

全てDLCで、2機はヴィム塗装系、1機はヌカ T-51である。
ただし、ヌカ T-51は塗装変更不可能なので素のものは2機のみか
・コメントの際は情報の重複を避けるために、現在のページのコメントに目を通してください。
・登場人物や、組織を非難するような書き込みは控えてください。
・「Falloutシリーズ」以外のゲームや、漫画等を元にしたネタコメントは可能な限り控えてください。
・「用語に関する情報」が当サイトのメインです。可能な限り、会話等は控えてください。
・NGで非表示になってるコメントに返信しないでください。
名前:
コメント属性:
コメントの際の注意
319