Pinned

別名称は登録されていません。登録する
作成日:2017年08月18日 05時42分
このエントリーをはてなブックマークに追加
登録タグ一覧
タグを編集する
  • 古い順
  • 新着順
1.名無しさん2017年08月18日 05時42分
インスティチュートルート後半のクエスト
連邦の理論物理学の天才のT・S・ウォレスエンリコ・トンプソンと協力してインスティチュートに勧誘するという内容。
クエストの「Mass Fusion」に比べて非常に楽な内容で休憩のクエストといったところだろうか?


T・S・ウォレスが雇った傭兵は普通ならミニッツメンが出てくるのだが、キャッスル奪還クエストまで進めていない場合はガンナー出現する。会話イベントも発生しない。
ミニッツメンルートに行きたいなら裏切ることも可能。
クエスト名の「pinned」はT・S・ウォレスインスティチュートに”ピン留め”といった意味か?
2.名無しさん2017年08月18日 05時59分
T・S・ウォレスグレイガーデン西のホームステッドにいる。
彼とは「アクセスできません」のドア越しに会話することになり、当たり前だがドアを消せば彼は存在している。
システム上はドア先の彼は置物で実際にはドア会話しているわけだが…。

過去作では似たシチュエーションでドアの先には、誰もいなかった!(製作者側が作っていなかった)というホラーなことがあった。
3.名無しさん2017年08月20日 12時15分
>>1
説得に向かったエンリコ・トンプソンミニッツメン(或いはガンナー)に寄って包囲、足止めされてる状況を指してPinnedとなってるのではなかろうか
・コメントの際は情報の重複を避けるために、現在のページのコメントに目を通してください。
・登場人物や、組織を非難するような書き込みは控えてください。
・「Falloutシリーズ」以外のゲームや、漫画等を元にしたネタコメントは可能な限り控えてください。
・「用語に関する情報」が当サイトのメインです。可能な限り、会話等は控えてください。
・NGで非表示になってるコメントに返信しないでください。
名前:
コメント属性:
コメントの際の注意
4502