別名称一覧:LR,ロンサム・ロード,ロンサムロード登録する
作成日:2016年05月26日 17時36分
このエントリーをはてなブックマークに追加
登録タグ一覧
タグを編集する
  • 古い順
  • 新着順
1.名無しさん2016年05月26日 17時36分
Fallout: New VegasDLCの第四として2012年1月17日に配信されたタイトル。
運び屋の運び荷の招いた核ミサイルで過去を破壊された男、ユリシーズと独り彼と戦うためにザ・ディバイドの困難な道を歩んでいく運び屋を描く追加シナリオ最後の作品。ユリシーズ運び屋の死闘は後にウェイストランドで知られるようになったようである。

ユーザー間ではその高い難易度を知られている。結局ユリシーズ運び屋の間での死闘だったのか、ユリシーズ運び屋で死闘を生き抜いたのかは不明なままである。
2.名無しさん2016年06月17日 18時52分
Operation: Anchorageを彷彿させるリニアなゲームデザインである。
装備の持ち込みや後戻り、ゴミ漁りは可能だが。
3.名無しさん2016年07月29日 16時38分
このDLCのラストのミサイルの下りは、Van Burenのシナリオのリメイクと思われる。
4.名無しさん2016年07月29日 19時59分
ラストにはフーバーダムを巡って争うNCRシーザーリージョンの補給ラインに
核ミサイルを届けてあげることが出来た。
地点は今作輝きの海のように無惨な瓦礫の山となるのだが
NCRに核を落とした上でNCRルートでクリアする厚かましいプレイも可能。
5.名無しさん2016年11月10日 20時06分
このDLCで印象に残るのはユリシーズ以外で言えばED-E(モハビED-Eに非ず)だろう。ユリシーズの下に向かう運び屋と共に旅する彼は良き相棒として共に大冒険を繰り広げた後発射寸前の核ミサイルを止めるためその身を犠牲にして発射を阻止する。しかしその代償として彼の身体は多大な過負荷によって砕け散るもその勇姿は多くの運び屋の目に焼きついただろう。彼の個別EDに涙腺が弛んだのは自分だけでは無いはず......
6.名無しさん2017年01月01日 10時07分
道中、とある洞窟に入るとそこには一匹の名有りデスクローが。すると後ろが崩れ、そのデスクローと一騎打ちをすることになる。
そのデスクローの名前はなんと「ラオー」別の世界の世紀末覇者である。
ラオーがドロップする鉤爪からデスクローガントレットも作成出来る。通常は「フィストオブラオー」だが、Wild Wasteland持ちならば「フィスト・オブ・ザ・ノースラオー」という元ネタがはっきり分かる名前になる。(北斗の拳の英題はフィストオブザノーススター)
日本プレイヤーならぜひunarmedを全振りして素手レザーアーマーで挑んで頂きたい。
・コメントの際は情報の重複を避けるために、現在のページのコメントに目を通してください。
・登場人物や、組織を非難するような書き込みは控えてください。
・「Falloutシリーズ」以外のゲームや、漫画等を元にしたネタコメントは可能な限り控えてください。
・「用語に関する情報」が当サイトのメインです。可能な限り、会話等は控えてください。
・NGで非表示になってるコメントに返信しないでください。
名前:
コメントの際の注意
2493