Fallout 4 VR

別名称一覧:VR版,Fallout4 VR,VR,Fallout4VR登録する別名称のNG投票を行う
作成日:2017年06月12日 18時04分
ミニ用語として報告
登録タグ一覧
Fallout 4
タグを編集する
  • 古い順
  • 新着順
1.名無しさん2017年06月12日 18時04分
2016年から開発が発表されていた、Fallout4のVR版。
対応機種はHTC VIVE™。2017年12月12日発売予定。

ゲーム内容はFallout4そのままだが、HUD等のUIがVR用に作り直されている。
開発初期段階ではワープ移動となっており、大変不評だったが2017年E3では大幅に改善されており、VRゲーらしいちゃんと作りとなっている。

もちろんクラフトシステムは健在。また少し違うUIをしている。

お値段は7,980円(Steam)
ただし、すでにPCFallout 4を所持していた場合はどういう処理になるかは現在不明。

公式サイト
https://fallout4.com/games/fallout-vr

※情報が入り次第、加筆修正いたします
2.このコメントは削除されました。
3.名無しさん2017年06月13日 18時25分
当たり前だが、対応機種のHTC VIVE™がないとプレイできない。
オキュラスとかPSVRでは現状の情報ではプレイできないらしいので注意しよう
4.名無しさん2017年06月18日 12時35分
ラッドローチカマドウマが目の前に跳んでくるかと思うと恐ろしい...
5.名無しさん2017年06月26日 18時33分
本日26日にE3でのトレイラーが公開された。
Vault111から旅立ち、連邦の探索や拠点クラフト、戦闘がVRではいかに行われるのかをざっくりと映像で流した内容になっている
6.名無しさん2017年06月30日 00時43分
ティザームービーは中々迫力のあるものでこれで青空を見上げたら中々壮観であろう。使われた音楽はコーデッツのミスターサンドマン。マフィアⅡをプレイした人はエンパイアセントラルラジオでよく聞いただろうしバックトゥザフューチャーでもザ・フォー・エイセズのバージョンが使われたのを聞いたことがあるだろう。
7.名無しさん2017年08月23日 23時05分
最大の問題は対応機種である『HTC VIVE™』が2万値下げしても8万4000円弱と、お財的に痛手過ぎることだろうか…
8.名無しさん2017年09月13日 15時56分
要求スペックの事もあり、PC買い替えから入る場合の出費はおぞましいレベルに達する
好評だったら次回作にコンシューマVR版とかも出る……かもしれないので財力あるウェイストランダー達の活躍に期待したい
9.名無しさん2017年12月13日 14時25分
無事に予定日に発売された。
レビューを見る限りなかなか好評な滑り出しのようだ。
今ならHTC VIVEを新規購入すると本作がサービスでついてくるらしい。
それだけ市場に期待されていることが嬉しく思うとともに、
年末の固く締めたお財の紐が緩んでしまいそうで恐ろしい。
10.名無しさん2017年12月23日 03時46分
MODはDATAフォルダに入れるタイプのものであれば概ね対応している模様。
しかしvr版DLCが2017年現在出ていないためDLCを必要とするMODは導入できない。
またPCユーザーにはお馴染みのF4SEを必要とするMODも使用できない。
11.名無しさん2018年01月03日 22時22分
VR版と通常版の違いをざっと
■バランス
・銃がリアルエイム+銃自体の命中率によるズレ+リコイル のため、かなり当たらない。
・近接は実際にコントローラーを振る。ただしフィスト系は何故かハンマーみたくなっていて、殴らずに振らないといけないため、殴ってる感は無い。残念。
・近接は振り方にもよるが広範囲を高速でカバーできるので、通常版より強い。
・近接主体で行くと通常版と変わらない(むしろ楽)な難易度だが、銃主体で行くと慣れるまできつい。
ただ、銃主体でも土嚢に身を伏せて銃と手だけ土嚢から出して撃ったり、同じように曲がり角で手だけ出して撃ったり、さらにはリロードする際に伏せることで低遮蔽物に完全に隠れたりと、色々実用的なテクニックが増えている。
・ただし狙撃銃はほとんど機能していない。詳細は「息を止める」にて
スニークは実際に中腰にならなくてもいいのでリアルボディの腰の心配はいらない。
・ゴミ漁り(アイテム収集)はかなり楽。視界が広いのでジャンクを見つけやすく、手でひょいひょいと集められる。
アイテム収集するときにたまに拾えなくなるが、そういう時はどちらかの手がコンテナを開いてしまっているので、それをどけると拾える。
■視覚
パワーアーマーを着ると見え方が変わるが、メーターが自分の顎のあたりにあるので見づらいのと、ゴミ漁りするときにかなり邪魔
・VR特有の酔いに関しては、屋外では何時間やっても自分は酔わなかったが、一部の屋内(インスティチュート本部等)では何故か画面がガクガクするので恐ろしく酔う
バグ
・自分の手は壁をすり抜ける(頭は無理)ので、壁に手を突っ込むとアレコレ好き勝手にやれる。壁の向こうにあるアイテムはもちろん、網の向こうのパワーアーマーにすら乗り込んだり、挙句の果てには壁の向こうにグレネード地雷を投げたりとやりたい放題。
・ワープ移動にすると普通は行けないようなところに登ったり、窓ガラスや隙間のある壁なら無理くり貫通できる

総合的に評価すると、バランス自体は(狙撃銃が死んでる以外)そこまで変わっている感じは無い。
壁抜けバグは強力だが、そこまでバランス崩壊するほど便利でもない、というバランスに収まっている。
12.名無しさん2018年01月03日 23時19分
VRでのVATSについて

VRのVATSは、銃ならば実際にその部位に照準を当て、武器ならば実際にその部位を斬らなければならない。
なので、銃の場合、敵が遠くにいると照準を当てること自体が難しく、照準を当てたとしても「引きを引く動きのせいで照準がズレて外れる」という、ある意味現実世界でもあるリアルな現象のせいでVATSすらままならない。
そして、苦労して照準を合わせても今度はVATS自体の判定に入り、そこで外れるとがありえない方向に飛ぶ。悲しい。

近接な場合、そこを斬ればいいだけなのだが、例えば相手が腕で頭部を守るようなポーズだった場合、頭を攻撃できない。
また、「敵の武器」にも当たり判定があるので、デカイ武器を持ってる相手なんかは「武器を何度も斬ってしまってAPを無駄にする」ということがよくある。
特に、Big Leaguesの4を取ってしまうとバグなのか敵の武器に連続ヒットしてしまい、気をつけて斬らないと一瞬でAPが無くなってピンチに陥る。

と、このように書くとデメリットばかりに思えるが、メリットもある。
それは、「VATS中にAPを消費して自由に移動できる」ということである。
これは言ってしまえば「APを消費すれば好きなところに瞬間移動ができる」ということであり、近接やショットガンと組み合わせると恐ろしく強い。まるで停止した時間の中を自分だけが歩くような快感がある。

なので、VRでは「近接VATS特化」が異常なまでに猛威を振るう
敵からしたら、遠距離からいきなりワープしてくるので、気分はおそらく某漫画のポルナレフ状態であろう。
13.名無しさん2018年01月05日 15時05分
VRの「引きを引く動きのせいで照準がズレて外れる」というのは中々侮れない。
セミオートの銃を連射しようとすると、何度も引きを引くので照準がその度にズレて、狙いがガタガタになる。
自分は通常版のプレイ時と同じ気持ちで「銃なんて全部セミオートでいいや」とやっていたらそのズレに四苦八苦し、その後フルオートの銃に変えたら驚くほど当たるようになった。
普段セミオートの銃でフルオートを使わない人でも、VR版をプレイするならばフルオートビルドを目指すのも一考の価値がある。
14.名無しさん2018年01月15日 10時26分
壁の向こうにグレネードを投げたり、銃で撃つのは修正され、できないようになった
ただ、ハンドガン等の小さい銃だと、薄い壁や窓ガラス程度なら貫通できる。(大きい銃だと壁に引っかかる?)

他にVR版では水中のモーションが通常版とは違い、なんと「本当に泳ぐように手を動かさないと進めない」という面白いことになっている。(水上は普通に泳げる)
泳ぐのは面白いが、長時間水中にいて陸に上がったらスニーク不可能になったりベチャベチャという音が消えないバグに遭遇したので、VR版では泳ぐ前にセーブすることを推奨する。

また、「VR版で銃が当たらない」ことの原因も判明した。
これは、「スニーク中はどのように撃っても腰だめ判定になる」ためであり、
どれだけ狙いを定めて撃っても、腰だめ撃ちとなり照準がバラけるというバグのためでらる。
そのため撃つためにわざわざスニークを解除しないといけないのだが、解除していても銃を正面以外に向けるとまた腰だめ判定となり、ただでさえ当たらない銃がさらに当たらなくなる。

非公式MODではあるがこの銃のばらつきを削除するVR用のMODもあるので、
VR版をやってあまりにも銃が当たらないことに疲れたら導入するという手もある。
・コメントの際は情報の重複を避けるために、現在のページのコメントに目を通してください。
・登場人物や、組織を非難するような書き込みは控えてください。
・「Falloutシリーズ」以外のゲームや、漫画等を元にしたネタコメントは可能な限り控えてください。
・「用語に関する情報」が当サイトのメインです。可能な限り、会話等は控えてください。
・NGで非表示になってるコメントに返信しないでください。
・この用語に記述できる情報量が少なく、独立した用語である必要がないと感じたらページ上部の「ミニ用語として報告」ボタンを押すか
運営ページに報告し、このページへのコメントは控えてください。
名前:
コメント属性:
コメントの際の注意
4429