難易度

別名称は登録されていません。登録する
作成日:2016年03月07日 06時23分
このエントリーをはてなブックマークに追加
登録タグ一覧
システム
タグを編集する
  • 古い順
  • 新着順
1.名無しさん2016年03月07日 06時35分
SETTINGSで設定できるゲームの難易度のこと
VERY EASYからSURVIVALまでの6段階あり与・被ダメージと伝説級の敵の生成率に関わる
またSURVIVALでは体力RADの回復が非常に遅くなるため実質的に戦闘中の回復はほぼ不可能となる
その性質上ステルスPerk込みでの爆発物によるオーバーキル、膝砕き等の強力なレジェンダリが特に有効だがあえて弱い装備や非戦闘Perkで挑戦するのも一興だろう

余談だがSURVIVALに関しては空腹度や病気の追加、ファストトラベル禁止を含む刷新が予定されているため現在とはかなり内容が変わる可能性がある
2.名無しさん2016年03月17日 07時07分
内部処理的には主人公の強さを変化させているようである。
友好的なNPCとも敵対しうるゲームシステムに合わせた仕様なのだろう。
敵の強さそのものは変わらないので、例えば入植地タレットや住民へのダメージを抑えるために難易度を下げるのは有効とは言いにくい(主人公が加勢する場合は戦いやすくなるが)。
助けたいなら一緒に戦うなり、強い装備を渡しておくなりしよう。
3.名無しさん2016年04月07日 19時43分
現時点では難易度を変えても根本的なシステムは変わらないが,平成28年4月中にサバイバル難易度の大幅リファインが計画されている。
以下,その概要をお届けする。海外サイトの独自翻訳なので,正確性は保証しない。

睡眠セーブ
 手動セーブ,クイックセーブや殆どのオートセーブは無効化。ベッド寝ることでしかセーブできなくなり,撤退の選択肢が減ることで,どこに行くかやどんな準備をするかにもっと神経を使う必要が出る。

ファストトラベル禁止
 ファストトラベルは無効化され,どこかに行きたいなら,古き良き方法で行くしかなくなる。つまり,徒歩である。

・より死が身近に
 受けるダメージも与えるダメージも増加。さらに,後述の「アドレナリン」状態になると,与えるダメージはさらに加速する。

・未知との遭遇
 コンパスに敵が表示されなくなる(リコンスコープは依然有効)。さらに,マップ上の地点がコンパスに表示される距離も目に見えて短くなる。

アドレナリン
 アドレナリンは,サバイバルモード標準のパークとして登場。与ダメージにボーナスが付き,敵を倒すごとに強力になる。5キル毎にアドレナリン・ランクが上昇し,5%のボーナスが付く(最大ランク10で50%増加)。それだけダメージが増えれば魅力的だ。しかし,寝る時間に応じてアドレナリン・ランクは低下するため,プレイヤーはより「ばかげた」選択をするように誘導される。

健康度
 疲労,飢餓,渇き… 自分の身も考えなければ,サバイバルモードを生き抜くことは出来ない。水分を補給し,食事を摂り,しっかり休憩して戦闘に備えよう。食糧・水・睡眠なしに長時間活動すれば,HPS.P.E.C.I.A.L.の値が減少し,疲労が溜まれば免疫が低下して肉体的ダメージを受ける。

疲労度
 疲労度は単なる疲れからも生じるが,飢えと渇きも影響する。疲労はRAD値のように働くが,HPではなくAPに影響する。つまり,疲労が溜まれば溜まるほど,ダッシュV.A.T.S.で使えるAPが減るのだ。疲労度APメーター上に赤で表示される。

ベッドの種類
 ベッドの種類により眠れる長さが変わるようになり,回復できるHP量も制限される。ホンモノのベッド(世紀末ではなかなかお目にかかれない代物)で寝れば最も効果が高い。

病気抗生物質
 プレイヤーは数種類の病気に掛かる。基本的には健康度が下がると病気にかかりやすくなる。抗生物質をクラフトで生成したり,買ったり見つけたりすれば病気は治せる。医者に掛かってもよい。物を使う敵やその他ワールド内の特定の要素により即座に病気になることもある。また,スティムパックはもはや何でも治す奇跡の薬ではなくなる。備えよう。

・免疫不全
 RAD値の回復アイテムは,疲労度と免疫力のペナルティを伴うようになる。その状態では,通常より病気に掛かりやすくなる。

・遅い回復
 サバイバルモードでは,スティムパックや食糧などの回復アイテムの回復速度は顕著に遅くなる。

・四肢の負傷
 四肢の負傷はもはや戦闘後に自動回復されない。スティムパックを使うか寝るかするまで怪我はそのままだ。

・所持重量
 最大所持重量は減少し,弾薬スティムパックなどのアイテムにも重量が生じるようになる。弾丸や砲重量は小さいが,口径により変化する。ミサイルミニニュークはとても重くなるだろう。

・厄介な足手まとい
 最大所持重量を超過すると,健康度が減少し,疲労度が即座に蓄積し,そして最後には脚が折れる。

コンパニオン
 コンパニオンの最大所持重量も減少し,戦闘中にダウンするともはや自動では回復しない。回復せずに放っておくと,勝手に家に帰ってしまう。オートマトロン導入済みの環境では,ロボットコンパニオンにもより注意を払う必要がある。ロボット修理キットを使い忘れると,それらも家に帰ってしまう。

・敵とアイテムのリポップ
 クリアにした地点に敵とアイテムがリポップする周期は顕著に遅くなる。
・コメントの際は情報の重複を避けるために、現在のページのコメントに目を通してください。
・登場人物や、組織を非難するような書き込みは控えてください。
・「Falloutシリーズ」以外のゲームや、漫画等を元にしたネタコメントは可能な限り控えてください。
・「用語に関する情報」が当サイトのメインです。可能な限り、会話等は控えてください。
・NGで非表示になってるコメントに返信しないでください。
名前:
コメント属性:
コメントの際の注意
852