送電鉄塔

別名称は登録されていません。登録する
作成日:2016年12月28日 21時53分
このエントリーをはてなブックマークに追加
登録タグ一覧
タグを編集する
  • 古い順
  • 新着順
1.名無しさん2016年12月28日 21時53分
連邦からキャピタル、各地に見られる戦前に設置された高圧送電用の塔。
現在は完全に機能を停止しているが一部の地下送電機能は一応は生きている模様。
元は高圧送電用の塔なのでアバナシー・ファームの様に住むのは危険極まりない。
居心地が良いらしく各所で生活の痕跡が垣間見れる。
別に屋根とかはあったりしないので本格的に住むのには適していないようだ。
2.名無しさん2016年12月29日 01時20分
特に目的が無いときには、塔をたどって歩いてみるのもいいかもしれない。
アバナシーファームの電線はマップを横断してカウンティークロッシングからのびていたり、ポセイドンタンク西にマップに登録されない送電設備があったりと、新たな発見があるだろう。
3.名無しさん2016年12月29日 16時40分
原子力なのかなんなのか、最終戦争であんだけばかすか核兵器打ち合って、かつ200年以上も稼働してるとか当時のアメリカの技術力半端ないですわ
4.名無しさん2017年01月07日 18時48分
ヴォルト111を西にいくと塔の下にレイダーのキャンプ場があるので序盤の対策に有効
5.名無しさん2017年08月09日 01時39分
送電塔を辿ってつくカウンティークロッシング近くの建物は、形状やおぞましく高い放射能から原子力発電所だと思われる。農地や軍訓練所のすぐ近くにこんなものを立てるとはやはり戦前価値観は相当壊れている。
6.名無しさん2017年08月09日 20時37分
戦前発電機アメリカ国内では核融合が主流であるため、現実の原発よりは放射能汚染の危険性は低い。需要地のそばで発電しようという発想はそこまでおかしいものではない。
50年代から80年代に書かれたレトロフューチャーなSF作品では家庭用の核分裂炉がポピュラーな事を思えばむしろクリーンでさえある。

但し核融合炉も炉壁は放射化されるため、人の手を離れて耐久限界まで稼働し続けたような場合は高レベル放射性物質の山が出来上がってしまう。
・コメントの際は情報の重複を避けるために、現在のページのコメントに目を通してください。
・登場人物や、組織を非難するような書き込みは控えてください。
・「Falloutシリーズ」以外のゲームや、漫画等を元にしたネタコメントは可能な限り控えてください。
・「用語に関する情報」が当サイトのメインです。可能な限り、会話等は控えてください。
・NGで非表示になってるコメントに返信しないでください。
名前:
コメント属性:
コメントの際の注意
3909