軍作業服

別名称一覧:ミリタリー戦闘服,迷彩服,Military fatigues登録する別名称のNG投票を行う
作成日:2016年03月07日 16時24分
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 古い順
  • 新着順
1.名無しさん2016年03月07日 16時31分
200年前の戦争に使われていたであろう軍人の迷彩服
身に付けるとAGIが+2されてエネルギー防御力が5上がる
アーマーとも干渉しないのでコンバットアーマーと併用すれば200年前の軍人になりきる事も出来る

無地の軍用戦闘服とは違い、AGI上昇が高いので
ステルス重視の狙撃手プレイにはうってつけの装備だろう
2.名無しさん2016年03月07日 16時34分
レールロードクエストをこなすことで、これ自体を強化できる。
さらに胴と両手両足にアーマーを装備できる優秀な防具。
3.名無しさん2016年04月25日 16時57分
何故か他と違いバリスティック化しても名前が変わらない
複数改造しようとすると混乱することがある
4.名無しさん2016年05月30日 22時31分
日本語版は作業服と訳してあるので、一見軍用戦闘服より格下にも感じられるが、軍作業服の英語版はMilitary fatigues。軍用戦闘服Army fatigues。つまりどちらも戦闘服(作業服)である。
5.名無しさん2016年06月13日 21時01分
ちなみに滅ぶ前のサンクチュアリの自宅にこれが置いてあり調べるとパパの仕事着だったらしい
つまりパパ陸軍特殊部隊?
6.名無しさん2016年12月26日 02時30分
迷彩柄に見えるが、よ〜く見ると黄ばんでいるだけである。
また、データ名はRonnieなので、元々はロニーショーユニークになる予定だったのかもしれない。
7.名無しさん2017年05月25日 14時55分
8.名無しさん2017年06月10日 15時07分
自衛隊だと戦闘服を作業服と呼称するのでこれも作業服なんだろうか?
9.名無しさん2017年06月23日 03時25分
元々Fatiguesという言葉は「労務」とか「疲れ」とかそういう意味で、そこから転じて兵隊が軽作業用に使っていた作業服Fatiguesと呼ばれていたわけだが、さらにその作業服を戦闘用に転用したって経緯からアメリカ英語では慣例的に戦闘服をFatiguesとも呼ぶのだね
原意を踏まえればやはり作業服と訳すべきだろうし、自衛隊も恐らく言葉遣いの諸々の配慮と合わせてアメリカ軍の表現を踏襲しているんだろう
ちなみにイギリス軍でFatiguesと言えば本来の非戦闘用の作業着を指すし、戦闘服はしっかりBattledressと呼ぶそうだ

それはそれとして、Military fatiguesArmy fatiguesとは、やはりややこしい名前である(ついでにデズ愛用の作業服Fatiguesだ)。Armyの方は現実のM1951ユニフォームなどに似ているが、Military(これ)の方は後に採用されたM1965にほんの少しだけ似ている

Armyの方は単純に「陸軍作業服」と解釈できるし、実際に米兵らも着用しているのだが、Military(これ)の方はロニーガンナーくらいしか着用していないし、Militaryと言われても軍のどこが使っていたのか、そもそも米軍なのかさえ明らかではないし、作中世界でどういう位置づけで存在するのかイマイチ判然としない装備品だ。
・コメントの際は情報の重複を避けるために、現在のページのコメントに目を通してください。
・登場人物や、組織を非難するような書き込みは控えてください。
・「Falloutシリーズ」以外のゲームや、漫画等を元にしたネタコメントは可能な限り控えてください。
・「用語に関する情報」が当サイトのメインです。可能な限り、会話等は控えてください。
・NGで非表示になってるコメントに返信しないでください。
名前:
コメント属性:
コメントの際の注意
857