自由博物館

別名称一覧:Museum of Freedom登録する別名称のNG投票を行う
作成日:2016年02月07日 11時03分
このエントリーをはてなブックマークに追加
登録タグ一覧
ロケーション レキシントン&北西部
タグを編集する
  • 古い順
  • 新着順
1.名無しさん2016年02月07日 11時04分
コンコードの街の南にある
アメリカの戦争の歴史についての博物館。
独立戦争についての資料が多く、入り口正面に
イギリス兵とアメリカ兵の対立をイメージさせるが見える。
2.名無しさん2016年02月07日 11時05分
二階の大きな画が展示されている部屋では展示説明文を
読むことができる。
そこでは硫黄島の戦いや静かの海(アポロ月面上陸?)について触れられている。
3.名無しさん2016年02月07日 13時17分
舞台となっているボストン、特にコンコードレキシントンでの戦いは、アメリカ独立戦争の契機になったと言われている。

レキシントンで当初、イギリス海軍に数で圧倒された民兵だったが、コンコード、そしてオールドノースブリッジ(作中サンクチュアリ近辺)の民兵たちと合流したことで形勢を逆転する。

物語の序盤に訪れるこの3つの都市は、まさにアメリカ独立の起源とも言えるかもしれない。
4.名無しさん2016年02月10日 13時19分
隣の教会を使えば、博物館内に入らず屋上に墜落してるベルチバードに飛び移れる。
5.名無しさん2016年03月09日 05時04分
無限リスポンするレイダー(という名の資源)、弾薬セラミックなどのJUNKがほどよく積み込まれており、定期的に回収しに行きたいロケーション
6.名無しさん2016年03月27日 00時45分
2周名以降はプレストンカービーが館長を任されている場合が多々ある。
7.名無しさん2016年04月07日 01時19分
×「起きろ、ミドルセックスの野郎共!」
○「立ち上がれ、オカマ野郎共!」
館内放送を聞いて筆者はこう思ったが真相や如何に
8.名無しさん2016年04月07日 22時41分
18世紀中ごろ、イギリスは植民地争いで戦費が増大したため、あらゆるものに課税をおこなっていた
イギリスの植民地だった北アメリカ13州も当然、課税されるのだが
植民地の代表者を招くことなく審議が行われて、いきなり課税決定を言い渡されたため、アメリカは怒り心頭
「代表なくして、課税なし!」の合言葉に抵抗を行い、いくつかの課税は撤回されます
しかし、紅茶だけはべらぼうに高かった (※)
そのうえ、イギリス御用達の東インド会社のみ、紅茶を取引できるという法律をイギリスが作ったためアメリカの人々は激おこ!
東インド会社の商船を襲って紅茶をボストン湾に投げ捨てる事件が起きる。
世にいう ”ボストン茶会事件” と呼ばれる事件で、アメリカはイギリスからの独立を目指す動きが活発になる
当館ではマネキンと音声で再現されている。

(※)当時の紅茶はただの嗜好品というわけではなく、テアフラビンと呼ばれる成分によって汚染された水を殺菌するために必要な生活必需品であった。
9.名無しさん2016年04月07日 22時47分
多くの初回プレイヤーが訪れることになるであろうロケーション
ハッキングパワーアーマーのチュートリアルの舞台としての役割を担っている
10.名無しさん2016年04月24日 07時59分
この博物館には
偉大なるアメリカの人々が時代ごとに敵対関係と戦い勝利したことを展示してある
大半は大英帝国との戦争だが他にも
東洋の野望をいだいた大日本帝国を硫黄島で撃滅したところや
最近では中国共産主義者との戦いにアメリカの力の象徴パワーアーマーでそれらをなぎ払うシーンなどもある

11.名無しさん2016年05月04日 20時00分
ミニッツメン大復活伝説は序章、将軍爆誕伝第一話~将軍降臨~の聖地として、以後語り継がれていくだろう
壊滅してなければ
12.名無しさん2016年05月05日 21時13分
>>7
ミドルセックスは地名(1965年まで存在したイギリスの州)
13.名無しさん2016年06月02日 00時15分
「しっかりしろドーズ!ハンコックとアダムズに警告しにレキシントンまで行くんだ」 のドーズという人物は、英国軍に狙われていた政治家のジョン・ハンコックやサミュエル・アダムズそして各地のミニットマンらに、英国軍の接近を警告するため決死の伝令を行い「レキシントンコンコードの戦い」(独立戦争最初の戦闘)を勝利に導いた立役者ウィリアム・ドーズである。

「起きろミドルセックスの野郎ども!国王の正規兵(英国軍)が出てくるぞ!」 のミドルセックスとは、コンコードレキシントンの町がある「マサチューセッツ州ミドルセックス郡」のことである。
14.名無しさん2016年06月02日 00時33分
環境によるのかは不明だが、ここにFTしてくる度にコンパニオンのみ落下ダメージを受けたようなリアクションをする
到着直後は若干浮いた状態から着地するのだがそのせいか
15.名無しさん2016年06月15日 18時18分
2階の壁画「アメリカの自由の闘士」(及びアトリウム天井から下がったタペストリー)には、ジェット戦闘機「スティングレイ・デラックス」が3機編隊で飛行しているシーンが描かれている。
16.名無しさん2016年07月21日 14時59分
展示されてる無数のライフルを持った人形や「英国支配はもうたくさんだ!」いきなり聞こえる声等慣れないと敵と勘違いする要素があり紛らわしい
17.名無しさん2016年11月15日 18時17分
初めて訪れた際にガービー達と合流直後にドッグミートを連れた状態でマママの前に立つと「ドッグミートが(主人公を)連れてきてくれた」という旨の発言を聞くことができる。元々は一行に連れられていたが博物館に追い詰められる前に助けを呼ぶ様に言われて一匹だけ逃がされたのかもしれない。偉いぞドッグミート
しかし2周目以降、ガービー御一行を博物館
に放置し続けても特に反応はしない。それで良いのかドッグミート
マママが名前を知っていた辺りひょっとすると飼い主はクインシーの住民だったのかもしれない。とするとその飼い主は既に・・・
18.名無しさん2016年12月15日 03時41分
ターミナルのログを見るとメーガン・ヘイズが何処かへ隠れたとあるが、館内にはそれらしき部屋も遺体も見当たらない。
しかしコンソールコマンドのTCLを用いて壁を抜けると、彼女と思しき白骨死体を見つける事が出来る。閉鎖空間にはトイレや二階や地下に続く階段も存在していてハロルド・ナッシュが愚痴っていた地下室にも辿りつける。
何故閉鎖されてしまったのかは不明。
19.名無しさん2017年01月24日 16時54分
序盤の貴重なジャンク回収場として活用したいがWhen Freedom Callsクリアで勤勉なガービーを博物館館長の座から引きずり下ろしたくない心優しい111クエストを目標のコンコードの敵を排除した後の「ガービーに報告する」の段階で止めてしまおう。
この段階だと内部のレイダーリスポンしないがアイテムはしっかり復活するので話しかけられても無視していればクエストは進まず内部は安全のままなので回収に専念出来る。正し博物館の外をうろついているレイダーはしっかりリスポンするので博物館前に直接FTするのは避けよう
20.名無しさん2017年02月02日 15時51分
恐らくカットされた理由は広くなりすぎるからかと思われる。
実際カットされたエリアは全体の1/3ほどの大きさがあり、チュートリアル的意味のある本エリアは出口までの道はほぼ1本道だが、このエリアを復活されると大きな脇道が出来てしまうため、下手すると迷ってしまう危険がある。
21.名無しさん2017年04月17日 09時52分
普通に「独立戦争博物館」に訳せば良かったかも?
自由博物館だと゛様々な展示物を集めた博物館”みたいな意味合いに取れる
22.名無しさん2017年06月11日 13時36分
展示してある物的にアメリカ戦史博物館が妥当ではなかろうか
23.名無しさん2017年06月11日 14時33分
freedom をきちんと訳してあるちゃんとした訳だ。これが war of freedom なら独立戦争博物館などと訳すだろうが、freedomなら自由博物館で正しい
24.名無しさん2017年06月17日 12時45分
当方PS4版。閉鎖空間に言ってみたが地下に続く階段・地下室が見当たらない。機種やバージョンによってデータ的に捨てられた空間にも違いがあるのだろうか? なお1階南壁、大階段付近でが落ちている部分が壁抜けしやすいかと思う。
25.名無しさん2017年08月09日 01時13分
大戦争直後、屋上に墜落し生存した兵士のログによれば「恐怖で自暴自棄になった生存者に仲間が2人撃たれた」とある。一方自由博物館のターミナルログに屋上にベルチバードが墜落し兵士が降り立ったことと「近づいたら撃つ」と核攻撃で半ばパニックの状態で書かれたと思しき文があるので、恐らく兵士達を撃ったのはこの人物だと思われる。
・コメントの際は情報の重複を避けるために、現在のページのコメントに目を通してください。
・登場人物や、組織を非難するような書き込みは控えてください。
・「Falloutシリーズ」以外のゲームや、漫画等を元にしたネタコメントは可能な限り控えてください。
・「用語に関する情報」が当サイトのメインです。可能な限り、会話等は控えてください。
・NGで非表示になってるコメントに返信しないでください。
名前:
コメント属性:
コメントの際の注意
304