腰だめ撃ち

別名称一覧:腰だめ,ヒップファイア登録する別名称のNG投票を行う
作成日:2016年08月04日 18時58分
ミニ用語として報告
登録タグ一覧
システム
タグを編集する
  • 古い順
  • 新着順
1.名無しさん2016年08月04日 18時58分
敵をエイムして狙わずにそのまま狙撃する事でFPSゲーマーには馴染みの深い言葉
とっさに敵が出現した時に素早く攻撃できるのが特徴
Steady Aimを習得する事で命中率が上昇し、 Heavy GunnerCommandoにも同様の効果がある
2.名無しさん2016年08月04日 19時32分
ゲーム内の説明文で言う「構える」(サイトを覗いて狙う)をしないで射撃武器を発射する事を指す。
見た目の話ではないため、腰の高さで把持するミニガンガトリングレーザーだけが該当する訳ではない。
(逆にこれらの武器は「構えて」も両手でしっかり持つだけで肩に担いだりはしない)

スコープ付きの武器を装備している時に接近戦をするなど、構えている場合でない時にやむなく行う事が多い。
それ以外だと走りながら撃つのもこれに該当する行為になる。(構えながら走れないため)
3.名無しさん2016年08月04日 20時05分
当然のことながら構えて撃つよりもの拡散度が上がり、命中精度が悪くなる。
またロングバレル系やマークスマンストックなど上位のパーツになると、これで撃つ際の命中精度が悪化するという特性持つものが多くなる。
そのため、基本的には構えて撃った方が得である。しかし、アンブッシュを受けたりインファイターの敵に近接戦を挑まれた場合には有効的であるため、使い分けることが重要となる。
4.名無しさん2016年08月04日 23時23分
プレイスタイルにもよるが、室内など閉所でのフルオートの銃を用いた腰だめ撃ちが有利。接近戦が想定される場所では腰だめ精度の高いショートバレルのカービンライフルサブマシンガンを・・・という選択も今作では可能。

射撃が苦手な111はショートバレルで腰だめ+VATS強化、得意な111はロングバレル射程、ADS強化と住み分けが上手くできている要素の中の一つでもある。
5.名無しさん2016年08月05日 12時17分
状況に応じて武器を変えるのは
FPSにおいても現実においても有用なわけだが
それを住み分けというのは大分語弊があるんじゃないかね・・・
6.名無しさん2016年08月05日 13時01分
住み分けというか、使い勝手が大きく変わるからセッティングが大事という話。
ベース武器が同じであっても、ショートバレル+グロウサイトロングバレル+遠距離リコンスコープでは全く違う性格になるので、MOD違いで二丁持ち歩いたりするのも有効。
7.名無しさん2016年08月05日 18時21分
接近戦向きで、が拡散するショットガンの場合は特に有効な射撃の仕方。
走ったり飛び跳ねたりしながら間合いを詰めて、重いのを一発食らわせてやろう。
8.名無しさん2016年10月17日 22時50分
爆発のレジェンダリーが付いた武器は、この撃ち方が1番効果的
ただし、元が強い武器に付いた場合はこの限りではない(例:アサルトライフルコンバットライフル等)
9.名無しさん2016年12月13日 22時08分
VATSがあるため腰だめ撃ちの性能は割と軽視されがちだが追い込まれた時ほどこれが生死を分けることとなる。ツーショットなど攻撃力を大幅に強化するレジェンダリは拡散値を上げる傾向にあり腰だめではまるで使い物にならないセッティングになりがち。そしてその弱点に気づくのがは不意打ちされ、APが切れ、敵に囲まれ、絶体絶命になってからなのである。狙撃専用銃なら気にする要素ではないが近距離戦に用いるならたとえVATSメインであっても気にするべきだろう。
10.名無しさん2017年02月22日 13時09分
腰だめに向いたモジュールグリップショートバレルビームフォーカサー
逆に向かないモジュールストックロングバレル
基本的に銃の全長が短いほど腰だめが当てやすくなる。
11.名無しさん2018年05月20日 15時39分
関連用語について
・コメントの際は情報の重複を避けるために、現在のページのコメントに目を通してください。
・登場人物や、組織を非難するような書き込みは控えてください。
・「Falloutシリーズ」以外のゲームや、漫画等を元にしたネタコメントは可能な限り控えてください。
・「用語に関する情報」が当サイトのメインです。可能な限り、会話等は控えてください。
・NGで非表示になってるコメントに返信しないでください。
・この用語に記述できる情報量が少なく、独立した用語である必要がないと感じたらページ上部の「ミニ用語として報告」ボタンを押すか
運営ページに報告し、このページへのコメントは控えてください。
名前:


コメント属性:

コメントの際の注意
3386

用語