缶詰肉

別名称一覧:Longneck Lukowski's canned meat,Potted meat,ロングネック・ルカウスキーズの缶詰肉登録する別名称のNG投票を行う
作成日:2016年02月25日 01時50分
このエントリーをはてなブックマークに追加
登録タグ一覧
Aid
タグを編集する
  • 古い順
  • 新着順
1.名無しさん2016年02月25日 01時53分
HP+40 RAD+12の食品アイテム
牛肉の大和煮や焼き缶ではなく所謂ランチョンミートである
米国においてはとりあえず軍事保存食といったらこれ、というぐらいの
定番保存食……を通り越してむしろ飽きられている模様
デザインのほうは商標の関係から実在する有名ブランドのパッケージを
わずかに変えたものとなっている
加熱すれば十分おいしいはずなのだが冷たいまま食べるのが連邦の作法らしい
2.名無しさん2016年02月29日 10時53分
ランダムイベントでルカウスキーズ産のこれを食べて腹を壊したかわいそうな人に会える
3.名無しさん2016年03月12日 07時19分
細かくなるが、青パッケージの『CRAM』(SPAMのもじり)と書かれたが『肉詰め』というアイテム。
キャピタル・ウェイストランドモハビ・ウェイストランドでも目に出来る、運び屋キャラバン弁当に詰め込んだりするおなじみのアレである。

色の平たいのものがルカウスキーズの缶詰工場で作られている『詰肉』というタイトルで参照されているアイテム。こちらのタイプはコモンウェルズでしか見られない。
核戦争を切り抜け200年の熟成を経た『肉詰め』よりも汚染度が高いため、恐らくは戦後産の素敵なもの一杯な詰である。戦後生まれのジェットなどと同じく、明らかに戦前から手がつけられていない収納とかからも出てきてしまうが……。気にしてはいけない。
4.名無しさん2016年03月13日 20時22分
システムの都合かもしれないが戦後の調理品は加熱すればRADを除去できる。
戦前の調理品は容器がRAD汚染を受けているという設定のようで閉鎖されたボルト等で手に入るポテトチップスRAD汚染を受けていない。

では戦後に作られたこの詰はなぜRAD汚染を受けているのだろうか?。
詰に使う放射能汚染を受けている? 汚れた水を使っている? はたまた動物の肉を調理せずに入れている?

しかしそのどれよりもRAD汚染が高い12という数値。
その理由は産地の工場を調べて見ればわかるだろう。
5.名無しさん2016年06月14日 12時06分
111は食べても腹を壊すどころか普通に回復する
重いので実用性は無いが
6.名無しさん2016年11月07日 19時36分
>>2
「これは詰肉じゃない!詰毒だ!」
7.名無しさん2016年11月09日 23時11分
Lead Bellyを最高ランクまで取得していても食べるとRad+25になる凄まじい
レベルを上げて「これで気兼ねなく食料を口にできる!」と喜びながら詰肉に手をつけた結果、ガイガーカウンターがカリカリと鳴り「またバグか…」と勘違いした111もいるとかいないとか
8.名無しさん2017年01月17日 15時05分
スーパーミュータントによればパワーアーマーを着たB.O.Sの通称である。<嘘>
工場が北東の僻地にあるため肉詰めと同一視して食べてしまうと後々ショッキングな出来事に見舞われるが、それ以前にレイダーを綺麗に掃除したりフードペーストを愛用している111には関係ない話かもしれない。
なお、材料は安心の連邦産。
9.名無しさん2017年01月24日 17時07分
>>7

自分のデータでは、Rad+25と画面上に表示されることはあるものの、前後でHPを確認すると実際にはRad汚染を受けていない。
10.名無しさん2017年03月09日 07時38分
グールやらモングレルの肉をブチ込んでいるわけでRADが高いわけである。
スパミュやらデスクローをムシャついてる将軍には今更感だが
11.名無しさん2017年03月18日 13時02分
もじりの元となったSPAMはとても日持ちのいい簡易食料として開発され、アメリカの食卓に、戦時においては米軍人の腹を満たすためのレーションとして幅広く供された。

が、あまりにも幅広く供されたがゆえに食傷気味となる人が続出したと言われる。元々塩気の強い肉詰めであるため単色で飽きやすく、ましてや一々調理のできない戦場において特に顕著な問題だった。Falloutの世界線よろしく先を顧みず大量に作られたスパムは気づけば軍の倉庫に山盛りとなっていた。

そして折しも戦時中の1941年、レンドリース法が可決され軍需品扱いの物資を他国に送ることができるようになり、アメリカはこれ幸いとばかりに死蔵していた大量のスパムを英、仏、中国ソ連など当時枢軸側と相対していた連合国に提供、スパム地獄は世界に広がることとなった。

今日もスパム、明日もスパム、明後日もスパム、来週もスパム…。
モンティ・パイソンにもネタにされたスパムは、いつしか飽きられるほど大量に送られてくる、という意味を持つようになり「スパムメール」の語源となったのであった。

核戦争後の世界においてもそこら中に転がっており、往時の余りっぷりを忍ばせている。
・コメントの際は情報の重複を避けるために、現在のページのコメントに目を通してください。
・登場人物や、組織を非難するような書き込みは控えてください。
・「Falloutシリーズ」以外のゲームや、漫画等を元にしたネタコメントは可能な限り控えてください。
・「用語に関する情報」が当サイトのメインです。可能な限り、会話等は控えてください。
・NGで非表示になってるコメントに返信しないでください。
名前:
コメント属性:
コメントの際の注意
670