武器鋳造所

Contraptions Workshop
別名称は登録されていません。登録する
作成日:2016年06月22日 10時22分
ミニ用語として報告
登録タグ一覧
DLC:Contraptions Workshop ビルダー コンベアーベルト
タグを編集する
  • 古い順
  • 新着順
1.名無しさん2016年06月22日 10時22分
DLC:Contraptions Workshopで追加された、ビルダーワークショップアイテム
素材を入れると、自動で指定された実弾武器を生成してくれる。

なお、日本語版では防具鋳造所も武器鋳造所と翻訳されている。防具鋳造所は該当記事を参照されたし
2.名無しさん2016年06月22日 11時03分
このアイテムのおかげで、わざわざ武器をスカベンジして集めてくる必要はなくなるので、入植者の武装化が一層捗ることだろう。
3.名無しさん2016年06月22日 12時17分
過去作に登場した武器販売製造業者のガンランナーが
多くの職人を使って銃器を製作していたのを考えるととんでもないオートメーションだ。
4.名無しさん2016年06月22日 12時34分
もっとも、現代においても精密な部品や機械を作るのに最も適しているのは人の手であり、精度を出すなら熟練の職人による手作業の方が信頼できる。
もしも111謹製の工場が武器部門の産業に手を出したとしてもガンランナーはガンランナーで生き残れるだろう。というか住み分けが聞いて良いかもしれない
6.名無しさん2017年06月06日 00時01分
使用にあたりターミナルが必要であることを覚えておこう
7.名無しさん2017年06月30日 16時31分
粘着剤使いすぎじゃね?大丈夫なのか連邦の武器。

火炎放射器に関しては組成の1/3が粘着剤だぞ・・・。
8.名無しさん2017年08月06日 21時40分
GUN NUTのレベルに応じて製造出来る武器が増えていく
9.名無しさん2018年03月05日 12時42分
アサルトライフルに関してはアルミを全く使わない(実在のアサルトライフルやGPMGはアルミ合金を使うことで軽量化していることが多い)という鋼鉄なむせる漢仕様。
10.名無しさん2018年03月06日 13時38分
>>9
元ネタは現代の汎用機関銃でもアサルトライフルでもなくて大昔の「中重機関銃」だよ。
第一次世界大戦の前から存在した水冷式機関銃というジャンルなのに(そのうちM1917は戦前から設計されていたのに)、19世紀や20世紀のうちにやっと広まったアルミニウムはないだろう。
そんなこと言ったらこのビルダーどころかエナジーウェポン鋳造所ですら一切アルミニウム使うレシピはないし、ハンティングライフルなんかプラスチック2が含まれてるんだぞ……。考えちゃだめだ。
・コメントの際は情報の重複を避けるために、現在のページのコメントに目を通してください。
・登場人物や、組織を非難するような書き込みは控えてください。
・「Falloutシリーズ」以外のゲームや、漫画等を元にしたネタコメントは可能な限り控えてください。
・「用語に関する情報」が当サイトのメインです。可能な限り、会話等は控えてください。
・NGで非表示になってるコメントに返信しないでください。
・この用語に記述できる情報量が少なく、独立した用語である必要がないと感じたらページ上部の「ミニ用語として報告」ボタンを押すか
運営ページに報告し、このページへのコメントは控えてください。
名前:
コメント属性:


コメントの際の注意
3052