廃品迫撃砲
Contraptions Workshop

別名称は登録されていません。登録する
作成日:2016年07月07日 08時19分
このエントリーをはてなブックマークに追加
登録タグ一覧
ワークショップアイテム DLC:Contraptions Workshop
タグを編集する
  • 古い順
  • 新着順
1.名無しさん2016年07月07日 08時19分
Contraptions Workshopで追加された、クラフトの項目のパワー>その他から作成できる大型の迫撃砲…とは言うが、攻撃に使える物ではなく、電力が供給されると内側にあるオブジェクトを発射するという変わった大砲
しかし電線を繋いだ瞬間に起動(発射)してしまうので、間にスイッチを挟む必要がある。

本体を調べると、砲身の角度を調整する事が出来る。
前方はほぼ真横まで砲身を倒すことができ、後方は45°程傾けられる。

廃品迫撃砲という名前から、JUNKアイテムしか発射できないかと思いきや、中に放り込んだものなら何でも発射出来る模様。
ただし物によって飛ぶ、飛ばないの差が激しく、勢いよく飛んでいく物もあれば、砲身から出ることすらない程に飛ばない物もある。

因みに発射したオブジェクトには攻撃判定がある。
同じく作成可能になった鋼球を幾つか詰め込んでから打ち出すとなかなか面白いが、花火発射台のような華やかさはない。

…が、このクラフト最大の特徴は「砲身に入ったものは何でも発射できる」という所。
悪知恵が働く(察しのいい)将軍ならもうお気づきかと思うが、この迫撃砲は人間も発射できる。
迫撃砲の側に高台を作ってコンパニオンをうまく誘導して砲身に落とし、少し角度を付けてスイッチを押せば空高く舞い上がっていく。

因みに将軍、君達自身も空を飛べるぞ。
砲身に入ってからコンパニオンにスイッチを押させれば、人間大砲を体験できる。
あまりに高い場所から落ちると当然落下ダメージを受けるので注意がいるが。
2.名無しさん2016年07月07日 08時57分
3.名無しさん2016年07月07日 11時49分
ジャンクを飛ばすのは楽しいのだが、使い方に気を付けなければ後片付けに悩まされることに…
鋼球などを飛ばす際は屋根などを利用した傾斜のついた地面を用意するなど工夫をすると快適に遊ぶことができる。
4.名無しさん2016年07月07日 17時20分
人間大砲を利用して、着地点にプレッシャープレートを置くなどすれば、人間ピタゴラスイッチを作ることも可能。
5.名無しさん2016年07月16日 12時03分
下部に当たり判定がないため、一通り遊んだらキャンプファイアー等の火種を下に仕込んで中に死体などを放り込み
に見立てることによって装飾品としても非常に優秀なセンスの光る逸品になる(レイダー的に)
6.名無しさん2016年07月22日 18時21分
倒した敵のなきがらを掃除するのに便利。近くにいた人を転がして試してみたが、ジャンクなどと比較してなきがらが一番よく飛んだ。
7.このコメントは投稿者によって削除されました。
8.名無しさん2016年08月11日 09時45分
アップデート1.7で火炎瓶を含むグレネード類が使用可能になった。
なにかと貯まりすぎるこれらの武器をスイッチ一つで撃ち放題とはなかなか夢があるが、くれぐれも入植者には当てないようにしよう。さらし台入植者の尻に当てるにしてもケガでは済まない。
9.名無しさん2016年08月11日 16時17分
人間は入ってもそんなに飛ばないので注意
サーカスのようにすっ飛ぶのを想像すると期待外れもいいとこ
・コメントの際は情報の重複を避けるために、現在のページのコメントに目を通してください。
・登場人物や、組織を非難するような書き込みは控えてください。
・「Falloutシリーズ」以外のゲームや、漫画等を元にしたネタコメントは可能な限り控えてください。
・「用語に関する情報」が当サイトのメインです。可能な限り、会話等は控えてください。
・NGで非表示になってるコメントに返信しないでください。
名前:
コメント属性:
コメントの際の注意
3197