少尉の帽子

別名称一覧:大尉の帽子,Lieutenant's hat,ルーテナントの帽子登録する別名称のNG投票を行う
作成日:2016年03月17日 01時08分
このエントリーをはてなブックマークに追加
登録タグ一覧
ユニークアイテム 疑われる誤訳・誤植 防具 帽子
タグを編集する
  • 古い順
  • 新着順
1.名無しさん2016年03月17日 01時09分
サブクエストLast Voyage of the U.S.S. Constitution」完了後にアイアンサイズ船長から貰うことの出来る帽子。
CHR+1が付与されておりWTは0.5。
被ってみると分かるが中々の大きさである。
2.名無しさん2016年08月13日 18時59分
英語版は「Lieutenant's hat」(ルーテナントの帽子)。アイアンサイズは、USSコンスティチューションつまりアメリカ海軍艦船(USS、United States Ship)の艦長であるので、アメリカ海軍においてのルーテナントは「大尉」を指すと思われる。
3.名無しさん2017年02月19日 14時30分
陸軍だとLieutenantは少尉または中尉なので、使われているシーンが分からないとアレな訳になるといういつものパターン。
4.名無しさん2017年02月19日 15時19分
ゲーム中、通常プレイで手に入るのは上記の一箇所のみだが
税関タワーの外でドッグミートにしつこくアイテム探しを命じ続けると
この帽子を見つけてくることがある(他の帽子も出るので確定ではない模様)。
そう設定されているのか、それともプレイヤーがアクセスできない
コンテナが隠して置いてあるのかは謎である。
5.名無しさん2017年02月19日 16時57分
確かにLieutenantは海軍大尉とも訳せるが、恐らくそれも正しくない。

というのは、実戦用ではなくUSSコンスティチューションの案内係として調達されたアイアンサイズと愉快な仲間たちは、その言動や装いを見ても、戦前当時ではなく米英戦争頃の海軍将兵を模しているだろうと思われるからだ。

アメリカ海軍黎明期の階級制度は現在と大幅に異なる。各国とも、19世紀頃の海軍士官の階級は艦内での配置に合わせて変動する職名に近いものだった。アメリカ海軍の制度はイギリス海軍を模したもので、Lieutenantは船長(Captain)のもと複数名が配置される補佐役士官の総称である。現代的な尉官とは意味するところが違うので、日本語では特に区別する場合「海尉」と訳される。

あるいはもっと一般的な表現で、「副官」とか「補佐官」とも訳せるので、アイテム名としては「副官の帽子」あたりがシンプルかつ自然だろうか。
6.名無しさん2017年05月20日 05時13分
このスタイルの帽子の一般的な名前はビコーン、漢字表記だと二角帽
ナポレオン・ボナパルトがかぶってるやつが一番有名
18世紀のヨーロッパで陸海問わず将校の帽子として一般的だった
7.名無しさん2017年07月09日 04時10分
ミニッツメンの将軍、海軍の少尉、同じ性能の帽子ながらどっちが偉いか考えてしまう
・コメントの際は情報の重複を避けるために、現在のページのコメントに目を通してください。
・登場人物や、組織を非難するような書き込みは控えてください。
・「Falloutシリーズ」以外のゲームや、漫画等を元にしたネタコメントは可能な限り控えてください。
・「用語に関する情報」が当サイトのメインです。可能な限り、会話等は控えてください。
・NGで非表示になってるコメントに返信しないでください。
名前:
コメント属性:
コメントの際の注意
1018