図書返却トークン

別名称は登録されていません。登録する
作成日:2017年02月20日 17時04分
ミニ用語として報告
登録タグ一覧
タグを編集する
  • 古い順
  • 新着順
1.名無しさん2017年02月20日 17時04分
ボストン公共図書館が運用していた、小さなコイン状のトークン。
Boston Libraryの文字と、数字の1が表面に掘られている。

各地にある公共施設・駅や学校に設置されている図書返却機
返却期限を過ぎた本を入れると1冊につき5枚貰える。(訂正:×1→○5)
また、このトークンを集めると同じ図書返却機で景品と引き換える事ができる。

リビア・ビーチ駅周辺地域にたむろしているレイダーたちも何故か
これを持っており、当のリビア・ビーチ駅にある図書返却機の中身は
ジェットスティムパックグレネードになっている。
2.名無しさん2017年02月20日 22時42分
3.名無しさん2017年02月21日 14時25分
重量0、価値1なので、特に欲しい景品がなければ買い物の時に使ってもいいだろう
4.名無しさん2018年01月13日 04時33分
現実世界ではあまり聞かないシステムである。
貸出し管理が電子化される前の時代には、「借りる際に自分の利用者トークンを図書館に渡し、返却時にトークンを返してもらう、すなわち別の本が借りられるようになる」という逆の方式はあったのだが。

この返却トークンが導入されたのは戦前のガバガバ倫理ゆえに借りパクが多かったのだろうかとか、
200年後ゆえに返却期限を過ぎた本しか無いが期限内ならトークンが多くもらえたのではないかとか、
無料利用できるはずの公共図書館で景品を出してるのはどういう財政的からくりがあるのだろうとか(読書奨励で州の予算が付いてるのか?)、
当時の様々な図書館事情に想いを馳せられるガジェットである。

ブルーはその辺の真実を知っていると思われる。
5.名無しさん2018年01月16日 17時46分
リビアビーチ駅レイダーはこれを支給されている様子。給料だろうか
関連用語について
・コメントの際は情報の重複を避けるために、現在のページのコメントに目を通してください。
・登場人物や、組織を非難するような書き込みは控えてください。
・「Falloutシリーズ」以外のゲームや、漫画等を元にしたネタコメントは可能な限り控えてください。
・「用語に関する情報」が当サイトのメインです。可能な限り、会話等は控えてください。
・NGで非表示になってるコメントに返信しないでください。
・この用語に記述できる情報量が少なく、独立した用語である必要がないと感じたらページ上部の「ミニ用語として報告」ボタンを押すか
運営ページに報告し、このページへのコメントは控えてください。
名前:


コメント属性:

コメントの際の注意
4040

用語