レバーアクションライフル

Far Harbor
別名称は登録されていません。登録する
作成日:2016年05月22日 02時28分
ミニ用語として報告
登録タグ一覧
DLC:Far Harbor ライフル 武器 レバーアクションライフル
タグを編集する
  • 古い順
  • 新着順
1.名無しさん2016年05月22日 02時28分
Far Harborで追加された高威力のライフル
外観はウィンチェスターライフルなどに良く似ている。
弾薬45-70口径弾を使用し、装数は固定の5発。

レシーバーを最大まで強化した場合の火力が非常に高い。
ハンティングライフル50口径レシーバーを越える威力を持つ

高威力の銃レバーアクションで素早く発射することが出来るのが最大の強み。
その反面マガジン容量は少なく、一発ずつをこめる長いリロードが弱点となっている。

ストレスを感じるのなら『Quick Hands』の取得などを考えてもいいかもしれない。

本土の主要な武器トレーダー弾薬を取り扱っていないようなので
纏まった数を揃えるにはファー・ハーバーに出向く必要がある。
ファー・ハーバーの武器トレーダーなら100~300発程度の在庫を持っている。

ツーショットの効果が付いたユニーク武器『オールド・リライアブル』を
アカディアの武器トレーダーが取り扱っている。
主力にするつもりなら早めにクエストを進めての購入をお勧めしたい。
2.名無しさん2016年05月22日 04時44分
ライフル内の残数に関わらず、5発きっかり再装填する。
この点は必要数のみを装填するNVレバーアクション系からは後退したと言える。
3.名無しさん2016年05月22日 08時12分
尚、現実のレバーアクションライフル
薬室の閉鎖が不十分なため強力な銃が使えず。さらに、再装填の際には銃を立てる必要があるため自身の位置を相手に悟られやすいなどの欠点が多く。結果、信頼度の高いボルトアクションライフルが主流になったようだ。
その当てつけの様にFallout4レバーアクションライフルハンティングライフルより高威力に設定されている
4.名無しさん2016年05月22日 09時58分
fallout3のDLCでも弾薬以外はハンティングライフルの上位互換だった
弱かったら弱かったで文句を言われるだろうがそれにしたって50口径弾より強いのはいかがなものか
5.名無しさん2016年05月22日 18時14分
弾薬の初速もエネルギーも50口径のほうが強いのに、このダメージの差はいったい・・・
6.名無しさん2016年05月23日 10時20分
確かにアンチマテリアルライフルに使用されるような弾薬に比べて威力が高いのはおかしいが、45-70口径弾も古いとはいえ火薬量の多い強装であるので威力が大きい弾薬である

レバーアクション銃も構造上強力な弾薬を用いにくいとされるものの、それこそ象撃ちのようなケタはずれな弾薬の使用に向いてないというだけで、強い弾丸を扱える為、古い銃ながら根強い人気を誇り今でも販売されている

普通は装口がレシーバー右側面に付いているので、装の際は右手を離す必要があり、結果的に銃口を上げたり下げたりするのだが、このゲームの銃は例によって左側に装口がある、ただしこの銃の場合はそれが良かったのだろう、左手でかなり素早く装できているようだ

映画ジュラシックワールドで主人公が恐竜相手に使ってる銃と弾薬がまさにこの銃の元ネタなのだが、彼のリロード速度に比べたら、111のリロード速度は神技の域に達している(それでもゲーム的にはかなり悠長なリロードではある)
7.名無しさん2016年05月27日 20時35分
某世界的ボディービルダー扮する殺人サイボーグのようなスピンコック(レバーの輪っか部分を手に引っかけて降り、銃身を一回転させて装填するガンプレイ)ができたらカッコいいのになあ……と考える111も多いはずだ
もっともあちらはソードオフのショットガンで、ロングバレルでやろうものなら上腕を粉砕しかねないが
8.名無しさん2016年06月02日 10時19分
ライフルとしてはトップクラスの単発火力を誇り
それなりに連射も効き精度も上々とどんな距離でも戦える万能武器…と見せかけて
ライフル中最低クラスのリロードマガジン火力の低さが足を引っ張り
ハンティングライフルと大して変わらない秒間火力と実は結構器用貧乏な武器
近距離用に別の武器を持ち歩くか連射の効くスナイパーライフルとして運用するか
何かしらに用途を限定したほうが使い勝手は良い
9.名無しさん2016年06月02日 11時18分
そんな時の、無尽蔵
あのリロードから解放され、45-70口径弾を撃ちまくれるぞ。
10.名無しさん2016年06月03日 13時27分
同名の3のレバーアクションライフルよりかは、NVのブラッシュガンに似ている。
11.名無しさん2016年06月03日 13時42分
古い作動方式のクラシックな武器のはずが、
ロードスクリーンの紹介文章では「大口径を扱うために作られた」と
微妙に端折った表現で書いているせいであたかも大口径の弾丸を扱うために
作られた最新鋭のライフルのような文面になってしまっている。
ゲーム内での威力を見るに、戦前にクラシックなライフルの需要に応えて作られた
古い作動方式に高度な加工や材料を使った銃なのかもしれないが・・・。
12.名無しさん2016年06月05日 20時57分
息子(ボス)によろしくな

言いながらX6をこれで仕留めた私はそのうち手足をこれでぶち抜かれるのかもしれない
13.名無しさん2016年06月09日 19時28分
バーアクションショットガンが欲しかったプレイヤーは多いはず
14.名無しさん2016年06月14日 08時43分
ミニッツメンの制式武器としてはレーザーマスケットよりもこの銃の方がよく似合ってたりする。数を揃えるのがちょっと手間だが、入植者ミニッツメン装備させてる将軍はせっせと輸入しよう。
15.名無しさん2016年06月17日 04時23分
銃器のリロードモーションが一つしかない今作の一番の被害者。
5発装填で1発撃っただけでもリロードすれば5発を込めるというおかしなリロードになる。
強い武器ではあるのだが、戦闘中に頻繁に起こる長いリロードは戦闘を長引かせる危険がある為、少々威力が低くてもリロードの速い武器に替えた方が生存率も上がる。

でもかっこいいから使っちゃう。
16.名無しさん2016年06月17日 08時08分
>>15 氏の言う通り、毎回5発リロードするのが弱点。ガウスライフルの様な万能すぎる武器に比べ、強いけど装数が少ないというのはメリハリがあって面白いのだが。

気休めかもしれないが、リロード中にV.A.T.S.を発動させておけば回りの時間よりも早く装填でき、通常ならあっという間に距離を詰められるフェラル・グールミュータントハウンドがこちらに到達する前に迎撃が可能になる。
17.名無しさん2016年06月17日 09時39分
ラジウムライフルと共に、この銃もナショナルガード訓練所の伝説級の敵からドロップするので、レジェンダリ厳選したい方はそこへGO、レジェンダリ効果も新しいものがちゃんと出てくる

しかし銃本体ですら本土出現するというのに、弾丸本土ではどこにも売ってないとはいかがなものか
18.名無しさん2016年08月08日 14時23分
お世辞にも速いとは言えない装填速度と少ない数など蚊程も気にするものかと愛用し続ける浪漫溢れるガンマンも多いだろう。「荒野の用心棒」などウェスタンマニアにはNVから堪らない一丁。
19.名無しさん2016年08月14日 15時47分
董品なイメージを持たれるレバーアクション式銃だが、外国では現在も多くに愛用されている。映画や海外ドラマなどでも良く目にするのではないだろうか(最近だとジュラシック・ワールドやらマッドマックスやら....)
20.名無しさん2016年12月02日 18時21分
ウエスタンリボルバーが解禁されたことで、ついにマカロニ・コモンウェルスを堪能することができるようになった
民兵帽と合わせ連邦と島と遊園地をさすらおう
21.名無しさん2016年12月04日 00時15分
NVでは地域が西部だけあって、西部劇に欠かせないレバーアクションライフルが数多く存在し、口径違いで3種存在した。
カウボーイリピーター: .357マグナム
トレイルカービン: .44マグナム
ブラッシュガン: .45-70
MODも口径に合わせてカウボーイには速射性向上、トレイルにはスコープが用意されていた。
22.名無しさん2017年01月26日 23時24分
グール銃身を短くしたこれとブラックスーツにフォーマルハットをかぶせればス〇ルフェイスの出来上がり!
23.名無しさん2017年02月14日 15時35分
この武器の最大の特徴であるレバー部分だが、元々は一発一発撃っては
を込めなおしていたライフル銃に対してバレル下部に筒状の弾倉をくっつけ、
そのスペースに入れておいたレバー操作で排莢と同時に引き出して
素早く次の装填→発射ができるように考案されたものである。
つまりバレル長によってこの弾倉部分の装数も増減するはずなのだが、
本作ではショートバレルでもロングバレルでも5発固定になっている。

歴史的に見るとボルトアクションの普及で次第に数を減らしたものの、
立射状態での次発射がしやすい/再発射までが早いという特徴から現在でも
狩猟用・競技用の銃として愛用している人が結構いたりする。
その為現代的な素材と機構で作り直され、現代のオプションパーツを乗せられる
「最新鋭の」レバーアクションライフルなんかも実在する。
これももしかするとそういった類の銃だったのかもしれない。
24.名無しさん2017年03月09日 21時57分
因みに3では10mm弾を使用していた。高性能な銃が10mmで撃ち放題…パラダイスである
ただし、最序盤で手にしたらの話である
最序盤にPLに上陸したらスワンプフォークにワンショットキルされかねない上、資繰りにも苦戦必須(まあ、プンガフルーツをもいで売ればある程度はなんとかなる)であるがそのリスクを犯してまでも手にする価値のある銃である
Fallout3での話しだが
25.名無しさん2017年04月20日 18時46分
>>22
つまりハム氏なら完璧
26.名無しさん2017年06月25日 19時46分
架空だと思ってたらマーリンm336ってレバーアクションライフルなのね。偶然見つけてびびった
27.名無しさん2017年07月26日 23時49分
>>26
過去作ではマーリン製リピーターライフルニューベガスでトレイルカービンとして出ているよ。
28.名無しさん2017年07月27日 00時59分
マーリンM336って日本国内でも猟銃として買えるんだな。知らなかった。
29.名無しさん2017年08月01日 15時57分
因みにウィンチェスターリピーターの改良型、M94だと.44-70ガバメントの使用が可能のようだ。日本のミロクがこのタイプを生産しており主に海外向けのよう。トラッパー(師モデル)もありこれは.45ロングコルト(拳銃)を使用する。
本作のモデルはウィンチェスターリピーターである。3ではウィンチェスターの前身のヘンリーリピーターが登場したヘンリーリピーターはヴォルカニックピストルを改良したものであり16連発の凄まじいファイアーパワーとワンアクションで排莢装填を可能とする先進性持っていた。よく北軍の兵士が実費で購入したものである南軍兵曰く「ヤンキーどもは一週間にいっぺん込めりゃ一週間戦えるなんてふざけてらぁ!」もっともヘンリーリピーターは何故かフォアグリップがないのと先の方からごめするので伏射しづらい、ピストルレベルの威力などあったが南軍のパーカッション式先込めライフル、エンフィールドP1853より後装式のシャープライフルより同時期の連発銃のスペンサーリピーターよりも即応性があった。威力が欲しい人々は.56口径のスペンサーリピーターを使ったらしい。
タランティーノの「ジャンゴ~繋がれざる者~」ではヘンリーリピーターの恐怖をよく再現している。
3のヘンリーリピーターはフォアグリップが追加されており、ウィンチェスターヘンリーリピーターの過渡期のものと言える。
30.名無しさん2017年08月01日 16時43分
>>29
側面排莢口とかの形状からしてウィンチェスターじゃなくてマーリンがモデルだと思う

入手する場所もあっていかにもウェスタンな印象を受けるものの、マーリンM336がカタログに載ったのは第二次世界大戦後の1948年のこと。

1893年に発表されて以来長らくマーリン社の看板商品の1つだったM1893は、1936年に小改良を加えた新モデルM36にバトンタッチ。さらにその後継製品として1948年に発表されたのがM336。

M1893もウィンチェスターライフルのライバルとして知られていたが、M336もまた現在アメリカで市販されているレバーアクションライフルの中ではウィンチェスターに次いで人気の製品とのこと。2010年以降はレミントン社からマーリンブランドの製品として販売されている。

民生用ライフルとして普及しているためにバリエーションも豊富で、.44-70以外だとトレイルカービンと同じ.44のモデル、その他大口径から小口径まで様々使えるらしい。
31.名無しさん2017年08月03日 23時16分
>>30
マーリンも.45-70ガバメントのリピーターを作っていたのか。教えてくれてありがとう。
にしてもレバーアクションライフルって次発装填が速いからかかなりモノが出てるなぁ…
32.名無しさん2017年08月04日 00時36分
>>31
M336のバリエーションに1972年に発表されたM1895(1895年発表の同名製品とは別物)ってのがあって、これが45-70仕様のモデルだそうだ
33.名無しさん2017年09月16日 23時06分
>>32
あと確か、その同名製品のm1895ウィンチェスター軍用仕様は、7.62×54mmRという尖頭(今のNATO7.62×51mmの弾頭とほぼ同じ形)を"レバーアクション"なのに使えるようになっていた。(通常のはポンプアクションショットガンでお馴染みのチューブマガジンの問題で、暴発防止の為に平頭しか使用できない)更に、現代のボルトアクションライフルと同じようにクリップ給で5発纏めて固定マガジン内に装可能という今までのレバーアクションとは違う代物だった。
34.名無しさん2017年09月16日 23時13分
>>33
もう一つややこしい話なんだが、ウィンチェスターM1895とマーリンM1895(古い方)は全く別の砲なんだ
35.名無しさん2017年09月17日 00時16分
>>34
ウィンチェスター製の方はロシアの騎兵向けに作った製品だったと思う。一応アメリカ軍向けの採用も狙って当時米軍が使用していたクラッグ・ヨルゲンセンライフルを使える試作を作ったのだとか…因みに尖頭を使えるチューブラーマガジンライフルはフランスのルベルライフルがあったりする。.45-70弾の記事のとこに書いといたから暇があったら見てやってくれ。
36.名無しさん2017年09月21日 22時35分
>>34
>>35
33だがありがとう。読ませていただきました。やっぱりレバーアクションは技術的な意味で難しい。ルベルライフルの弾薬は後で知った。目から鱗だった。連邦とハーバーのがルベルのと似たようなの使ってるのなら暴発の心配は少ないな。
37.名無しさん2018年01月08日 21時36分
威力が高く、スコープサプレッサーの狙撃仕様はもちろん。
ガッツリ軽量化できる部分が多く、VATSとも相性がいい。
可能性を秘めている銃と言えるだろう。
38.名無しさん2018年04月17日 19時42分
 ハンティングライフル同様、ハイテクでごっついパワーアーマーに身を包みながら、細身で旧式のレバーアクションライフルを使いこなす姿は男のロマンを掻き立てて堪らない。
 その装備のまま『情け無用のジャンゴ』の如く、高所よりステルス状態にて、人造人間ロボットやハイテクガンナー集団を一発必中の強装で葬るべし。そして戦闘終了後にむくりと立ち上がり、眼下に転がる骸を見下ろしながら黙ってリロードである。するとどうであろう、あの鬱陶しいリロードが、男のロマンに磨きを掛ける重要なパーツに変化するではないか。
 これがキャッスル防衛戦なら『アラモ砦』だ。燃えるぜ!
・コメントの際は情報の重複を避けるために、現在のページのコメントに目を通してください。
・登場人物や、組織を非難するような書き込みは控えてください。
・「Falloutシリーズ」以外のゲームや、漫画等を元にしたネタコメントは可能な限り控えてください。
・「用語に関する情報」が当サイトのメインです。可能な限り、会話等は控えてください。
・NGで非表示になってるコメントに返信しないでください。
・この用語に記述できる情報量が少なく、独立した用語である必要がないと感じたらページ上部の「ミニ用語として報告」ボタンを押すか
運営ページに報告し、このページへのコメントは控えてください。
名前:
コメント属性:


コメントの際の注意
2387