モハビ・ウェイストランド

別名称一覧:モハビウェイストランド,モハビ登録する別名称のNG投票を行う
作成日:2016年02月28日 23時37分
このエントリーをはてなブックマークに追加
登録タグ一覧
Fallout: New Vegas登場用語 Falloutシリーズ
タグを編集する
  • 古い順
  • 新着順
1.名無しさん2016年02月28日 23時46分
FalloutNew vegasの舞台となる場所。
アメリカ南西部、モハビ砂漠の周辺地帯。
砂漠と言うだけあって乾燥地帯が殆どを占めるが、とある理由により放射能汚染は軽度で、さらに各地に良質な水源が多数存在する。
そんな土地でモハビエクスプレスという運び屋集団に所属している主人公(運び屋)はある依頼を受けて旅をすることになる。
FO3の動乱から3年が経ち、その影響で治安やモンスターの活動が少し平和になっているが、キャピタル連邦に引けをとらないほど危険な場所。
2.名無しさん2016年03月10日 20時12分
歩道を外れたりNCRリージョンに喧嘩さえ売らなければなんとか生きてけるはず・・
3.名無しさん2016年03月10日 20時46分
ゲームタイトルにもなっているニューベガスのストリップ地区では、戦前の姿を留めた3つのカジノがギャンブルのほかにショーや高級な食事、性的サービスを観光客や駐留するNCR兵に提供している。
ニューベガス以外の地域も核の影響が薄かったこともあって平和な土地だが、ハチの変異体であるカサドレスデスクローの亜種が跋扈するなど一般人にとっては厳しい環境になっている。
4.名無しさん2016年03月10日 23時02分
戦後のラスベガスであるニューベガスと呼ばれる場所を支配している謎の人物Mr.ハウス
ウェイストランドでもっとも勢力が大きく、人口も多い民主主義NCR
ローマ帝国をリスペクトし、暴力でモハビを支配しようとするシーザー・リージョン

主人公はフーバーダムという巨大な電力を賄える施設を巡り、これらの派閥の三つ巴の戦いに巻き込まれることになる。
5.名無しさん2016年03月17日 22時07分
大戦争アメリカ全土が核攻撃を受けたが、現時点判明している中で最も核の被害を免がれた地域。
戦前Mr.ハウスが戦争による破局を予見、私財を投入し迎撃施設を建造したが、完成一歩手前で戦争が始まる。
不完全な状態ではあったが、ベガスへ飛来した核頭75発をレーザーハッキングで迎撃、被害を最低限に抑えた。
撃ち漏らした頭が着したと思われるロケーションはあるが、核の汚染は他と比べて比較にならないほどとなっている。
湖やベガスの街並み、そして大規模な水力発電施設が比較的無事な状態で残されることになるが、それを狙って数多の勢力が入り乱れることとなった。
そしてとある運び屋がこの地に足を踏み入れ、物語は動き出した。
6.名無しさん2016年05月19日 02時30分
ここをパトロールしてると、核の冬がこないもんかと願いたくなるようだ
(ただ単にそれ程げんなりとしてくるという意味なのか、もしくはそれだけ他の地域より放射能による汚染が少ないという意味の肉なのか...)
7.名無しさん2016年05月27日 11時58分
アメリカの反対側にあるため本作では殆ど絡んでこないが、
カボット家に関連するクエスト中で「モハビ砂漠の下に超古代文明の遺跡がある」
という言及がある。運び屋は気づかなかっただけで、まだまだ知られていない
秘密が眠る土地なのかもしれない。
8.名無しさん2016年06月11日 19時46分
この地方の昆虫は強い
9.名無しさん2016年06月18日 09時30分
最終戦争による被害は間違いなく少ない方なのだが何故かクアンタムだけDLCにて追加される
周辺地域含めてほぼ出回っていない地域でもある(唯一見つかる場所もランダム配置で確定では無い模様
10.名無しさん2016年06月27日 16時48分
>>6
砂漠地帯、じりじり照り付ける太陽、そしてNCRのもこもこ装備からすると、単に暑いから冬と呼ばれるものなら核の冬でも歓迎するよ、ということではなかろうか。
11.名無しさん2016年07月03日 01時58分
この地域の地下にはトンネラーと言う人間が変異したアボミネーションの中では最悪とも言える連中が多数存在する…らしい。
12.名無しさん2016年07月03日 05時43分
あのアダムスキーが星人に会ったとされるのが、モハビ砂漠だったりする。
13.名無しさん2016年07月03日 10時35分
ビッグエンプティ産の強力なアボミネーションの流入、NCRへの核攻撃による経済的大打撃、デスクローに対抗できるトンネラーの地上進出。
さらに正史では無さそうだがフィーンドBOS、パウダーギャングのモハビ三大レイダーの跋扈、毒雲とゴーストによるモハビ壊滅など洒落にならない危険がED後に噴出する超危険地帯である。
14.このコメントは投稿者によって削除されました。
15.名無しさん2016年08月04日 02時34分
西部劇よろしく、リボルバー、猟銃など多種多様な西部劇の武器が出る、反面エネルギー武器は……
16.名無しさん2017年02月05日 11時31分
1つだけ確実に言えることは、戦後のラスベガス放射能汚染の軽微な地域と言えども、旅行や入植に適した場所などでは決して無いということである
もし初めてモハビ砂漠に来たなら、この地域に詳しい人間か、腕に覚えのある人間を探して雇うべきだろう
比較的安全なのはプリムパスからニプトンにかけての南部道路沿いと、
旧ラスベガス周辺地域だが、危険生物が棲息していないこのような場所では無法者が跋扈しているようだ
それでも各地に蔓延る致命的なクリーチャーの脅威に比べれば、
彼らの脅しや略奪行為は、不愉快だが武器や護衛さえあれば対処可能な範疇の話である
生物や人間の他にも、モハビ砂漠の極端な湿度の低さにも注意を払うべきだ
幸いこの場所は放射線の影響に晒されていない水源を容易に見つけることができるので、
可能な時に空のボトルを飲み水で満たしておくべきだ
食べ物についても同じで、放射線を心配せずに食べることができる植物があちこちで見つかるし、多少のキャップと引き換えにそれらを入手することも可能だ
また安全な居住地域で尋ねて回ることで、どういう理由でどこに行くべきではないか、危険な生物や人物についての情報を手に入れることができるだろう
そして例え強力な武器と頼もしい助っ人を運良く手に入れられたとしても、
安易に道を外れたり、挑戦的な冒険は避けるべきだ
モハビ・ウェイストランドは、貴方が考えているよりもずっと恐ろしいところだから
どうしたって好奇心を抑えらずに、危険な目に合うのが目的だと言い張るのなら、
それまでに得られた情報と、この場所の特徴、あなたと相棒の実力を突き合わせながら慎重に進んでいくべきだ
グード・ハンティング
17.名無しさん2017年02月10日 13時29分
エンディング次第ではビッグ・エンプティから高度な科学技術の恩恵を得られるようになる…らしい(DLCEDで後日談として語られるのみなのでゲーム内で確認はできない)
18.名無しさん2017年02月10日 21時40分
11でも言われている通り、トンネラーと呼ばれるディバイドの地下に避難した人々が独自に変異したアボミネーションDLCで登場する。

このアボミネーションの怖い所はHPと攻撃力が高く群れで行動するのでデスクローですら狩り殺されてしまう。

ユリシーズ曰く数年でモハビにも出現するようで、予想が当たっていれば現在のモハビは地獄図になっているのかもしれない。
・コメントの際は情報の重複を避けるために、現在のページのコメントに目を通してください。
・登場人物や、組織を非難するような書き込みは控えてください。
・「Falloutシリーズ」以外のゲームや、漫画等を元にしたネタコメントは可能な限り控えてください。
・「用語に関する情報」が当サイトのメインです。可能な限り、会話等は控えてください。
・NGで非表示になってるコメントに返信しないでください。
名前:
コメント属性:
コメントの際の注意
738