マイアラークキング

別名称一覧:キング,ミレルークキング,マイアーラークキング,Mirelurk king登録する別名称のNG投票を行う
作成日:2016年02月03日 15時30分
このエントリーをはてなブックマークに追加
登録タグ一覧
マイアラーク
タグを編集する
  • 古い順
  • 新着順
1.名無しさん2016年02月03日 15時32分
マイアーラークの一種。
人のような外見をしており、二足歩行している。
超音波攻撃とステルスを使用し襲ってくるが、超音波の速は遅いので回避は用意。
2.このコメントは投稿者によって削除されました。
3.名無しさん2016年03月25日 03時56分
旧作でも半人のような外見をしていたが、今作は同種とは思えないほどに姿が変わっている。
口からの超音波攻撃は変わらないがスピードが大幅にアップしている。

出現地域が少なく何気にクイーンと同じくらいレアだったりする。
4.名無しさん2016年04月04日 23時48分
マイアラーククイーンのほうを先に見る人が多いのではないだろうか。クイーンがあんなデカいならキングはどんななんだ…とか考えていると初遭遇時に何とも言えない気持ちになる。
5.名無しさん2016年04月05日 00時07分
こいつを制圧して扇動すると
「海の王国のために…殺して!」とかいう完全に別ゲーなセリフを拝める
6.名無しさん2016年04月16日 03時27分
何気にパンチは通常のマイアラーク以上の威力、遠距離からの超音波攻撃も結構痛い、そしてステルス能力と腐ってもキングを名乗るだけあって舐めてかかると痛い目を見る。
7.名無しさん2016年04月16日 03時40分
複数のマイアラークキングに囲まれて超音波攻撃を連発されると
グレイビアードに喧嘩を吹っ掛けたドヴァキンの気分になれる
8.名無しさん2016年04月25日 14時57分
他のマイアラークとは明らかに違う種類に見える
ではただのお隣さんなのかと思いきやとある場所に祀られているマイアラークの卵を取得すると怒り狂って襲ってくるあたり血縁はともかく強い共生関係にあることは間違いない
9.名無しさん2016年04月28日 11時27分
おそらく彼らは類だが、「」の項目に水中下のFEVの影響は少なかったのでは?という意見がある。これを考慮すると、彼らは元々ハゼのように浅瀬に住むで、地上に近い環境にいたため変異したのかもしれない。
10.名無しさん2016年04月30日 21時44分
3ではワニガメから進化したと言う噂があった。
見た目は3の頃はマジの半人。藤岡弘探検隊で出てきそうな風貌であり、ヌメヌメでかっこ悪い。

しかし、4では何があったのかキングの名の通り赤と黒でかっこよくなり、歩き方も人間みたいな二足歩行ではなくちょっと背気味で3では間抜けな顔だったが4では怖い顔をしている。強さも折紙付な癖に大群で襲いかかってくる為とても厄介な存在。
11.名無しさん2016年05月02日 08時29分
出現する場所がクエストに関わらない所ばかりなので、「あれ?今回はミレルーク(マイアラーク)にキングはいないの?」とか思われる位に影が薄くなったマイアラークの王様。

キャッスル奪還時に対峙するマイアラーククイーンの初見のインパクトに完全に押し負けている形無しの王様。
12.名無しさん2016年05月24日 08時41分
散々な言われようだが、戦闘力は相当なものを持ってる。
だいたい水棲デスクローと言えるレベルである。
13.名無しさん2016年05月24日 14時48分
発光した個体は、かなり気持ち悪い外形をしている。
14.名無しさん2016年05月24日 15時14分
こいつとマイアラークハンターは蟹には見えない姿をしており、
近縁種や共生している別種の生物のようだが連邦の人々はマイアラーク
だか蟹だかの化物」の総称として使っているため一緒くたに呼ばれている。

出現ポイントが固定されているクイーンとは異なり、他のマイアラークと混じって
複数出現したりするため油断していると非常に危険な敵である。
序盤~中盤で出現する可能性がある敵としては結構強く、
うっかりドクロマークがついたこいつを複数出現させてしまうとひどい目にあう。
15.名無しさん2016年07月09日 17時59分
まるでどこぞの王様とお妃様かのごとく、クイーンの陰に埋もれちゃっているキングが哀れ。

一応伝説級だとかなり強いけど、生息数とエリアがね・・・
16.名無しさん2016年07月09日 22時22分
元よりマイアラークは水に潜む怪物の総称である。蟹でもこいつでも水棲のバケモンにかわりないのである。
17.名無しさん2016年07月18日 06時29分
スペクタルアイランドに行くとマイアラーク種のフルコースを堪能できます
18.マイアラーク・キング  二十三世紀某月某日、スペクタクル・アイランド2016年08月07日 03時02分
本日こうして皆さんとこの場に居合わせたことをとても幸せに思います。
これからここで始まることは我々の出現史上、最も偉大な水棲生物のデモンストレーションとして歴史に刻まれることでしょう。
今から200年前、さる偉大な戦前人、今の我々にも多大な影響を及ぼした人物達によって地上は核の炎に包まれました。
それは不当な処遇に晒され美味しい珍味として焼き食い尽くされてしまった何百万杯という祖先達に明るい希望の松明を掲げる始まりの瞬間でした。
食材の身で過ごした長い夜の果てに見た一条の光、歓喜に満ちた夜明けの光だったのです。
ところが200年経っても我々はまだ食材の域を出ていない……(註:後ろでマイアラークケーキを食べる111)
19.名無しさん2016年08月12日 13時48分
FHでは水辺が多い事から高レベルでは頻繁に泳いでいる姿を目にする事ができる。稀にプレイヤーが近づくと出現する個体もおり、周辺を制圧しいざ物色を始めようとしたらそばの水面から飛び出しきて不意をつかれた探究心溢れる111も多いのでは無いのだろうか
20.名無しさん2016年12月22日 20時20分
多種多彩な種類と攻撃で111の快適なビーチライフを脅かす存在だが
やれ食材だのカニだの「ただの烏合の集なのに、キングだのクイーンだのと呼ぶのはおかしい!」だの
酷い言われようである。
21.名無しさん2017年01月11日 04時20分
マイアラークと称されてるのでなんらかの介類が超進化した線が有望だが、個人的には水辺に長らく適応してきたスーパーミュータントの近縁、つまり素は人間ではないかと思っている。

特にFO3のこいつの格、筋肉の付き方、顔立ちはどう見てもや蟹が大元とは思えない。
や蟹が変異してバランスの取れた人型の肢体を獲得するより、人間から蟹やの様な特徴を得た、と言われる方がこいつの逸脱っぷりも納得できる。個人的には。

今回は出生が違ってハゼの様に胸鰭を使って歩くが変異したヤツ・・・の線も捨てきれないが、動きを見てると猛烈に猿っぽい動きが気になってくる。
22.名無しさん2017年02月25日 15時49分
こいつの超音波攻撃は機械のコンパニオンに対して恐怖の効果がある模様。コズワース含む機械のコンパニオンが超音波を食らったとたんに逃げるようになってしまう。
23.名無しさん2017年04月02日 11時51分
なんか川口宏探検隊に出てくるいかにも作り物感ありまくりのやたら筋隆々で姿勢が良いFO3のマイアラークキングより今作マイアラークキングはっぽさというかダゴンっぽさが増している。
24.名無しさん2017年06月29日 14時22分
遠距離からの超音波攻撃の乱射が厄介だが、それ以外にも毒を持っており
近接攻撃に毒の追加ダメージがある。

ドロップはマイアラーク系に準拠しており、ソフトシェル・マイアラークの肉
マイアラークの肉、稀に小型のジャンク類を持っているようだ。
25.Dr.ダフ2017年07月08日 19時05分
あら有望な学者さんが戻ったのね。フィールドワークの準備はいいかしら?

さて、このマイアラーク・キングと呼ばれる個体群についてですが、ほかのマイアラーク種との大きな違いは何でしょうか?
そうですね、第一には甲殻類でなく、第二には二足歩行という点ですね。
他のマイアラークが明確に甲殻類の特徴を持つのに対してこの個体群は脊椎動物的特徴、特に類と霊長類を掛け合わせたような特徴を有しています。
意外かもしれませんが類、特に条鰭綱に含まれる戦前の多くの類は、我々陸上四肢生物の姉妹群に当たります。つまり私たちと類の祖先は共通ということですね。
このことは、強度のある格を持つ条鰭類が陸上生物として進化しうる可能性を秘めていることを示唆しています。

さて少し話が逸れますが、マイアラーク種は高度な捕食能力を持ち、なおかつ彼らの生息域を見れば多くの卵から彼らの繁殖力が決して低くないこともわかるでしょう。にもかかわらず、なぜ彼らは水辺から離れないのでしょう?
古生代では大型の甲殻類の存在も確認されていますが、彼らは水中でしか活動できず、決してその大きさのまま陸上生物として進化することはできませんでした。なぜなら、地上の重力に外殻だけで対応することが困難だったのと、甲殻類の未発達な肺組織では陸上で大きな体躯を動かすことが困難だったからです。
これは戦前の全ての甲殻類が大型化できなかった大きな理由でした。
現在では放射能FEVに適応することで大型化した甲殻生物を見ることができますが、その中でも特に大きなマイアラーク種は、陸上での活動による負荷を軽減するために生息域を水辺に限定しているのだと考えられます。
しかし、類的特徴を持つマイアラーク・キングはこのような制約を受けるとは考えられません。今でこそ陸上生活への適応が不十分と考えられますが、この驚異的な進化のスピードを鑑みればいずれ、私たちの祖先が海から陸に上がったのと同じように完全な陸上生物として活動する種が登場するかもしれませんね。
さらに興味深いのは、彼らは二足歩行をするという点です。
二足歩行は陸上生物全体では非常に少数派で、体を支えるにはあまりに不安定な姿勢です。しかしながら私たちの先祖は空いた前足に原始的な道具を持ち、前足を手として進化させました。手を使うことによって脳の発達が促され、言語を操るようになり、ホモハビルスが登場し、現在のホモサピエンスに至ります。

マイアラーク・キングは私たちが数億年の中で経験した、水中から陸に上がり、両足で立つという進化の過程をたったの200年ほどで達成してしまいました。
進化は常に可能性を求めるとも言いますね。彼らが文明らしきものをもつ新種生物として進化するのもそう遠い未来のことではないかもしれませんね。

さあ学者さん。フィールドワークの時間です。マイアラーク・キングの標本を1つ見つけてきてください。
26.名無しさん2017年07月09日 00時19分
ではなくサンショウウオやヤモリの様な両生類が元ではないだろうか。
27.名無しさん2017年07月18日 20時06分
26の考えだと海水の付近にも生息してる理由の説明が出来ないのではなかろうか?
あと微妙にエコーがかかったギシェーッ!は腹の底から恐怖を誘う、正直口から心臓が飛び出るくらい怖かった。
是非とも私の受けた心的外傷を夜にコイツに奇襲を受ける事で皆に味わって貰いたい
・コメントの際は情報の重複を避けるために、現在のページのコメントに目を通してください。
・登場人物や、組織を非難するような書き込みは控えてください。
・「Falloutシリーズ」以外のゲームや、漫画等を元にしたネタコメントは可能な限り控えてください。
・「用語に関する情報」が当サイトのメインです。可能な限り、会話等は控えてください。
・NGで非表示になってるコメントに返信しないでください。
名前:
コメント属性:
コメントの際の注意
294