ピエゾ核パワーアーマー

別名称一覧:ピエゾ核,ピエゾヌクレイック・パワーアーマー,Piezonucleic power armor登録する別名称のNG投票を行う
作成日:2016年02月18日 19時29分
ミニ用語として報告
登録タグ一覧
ユニークアイテム 防具
タグを編集する
  • 古い順
  • 新着順
1.名無しさん2016年02月18日 19時32分
ケンブリッジポリマー研究所で手に入るパワーアーマーのパーツ。
特殊な裏地により受けた Radダメージの50%のAPを回復する。
つまり裏地がモジュールなのだがクラフトで外せないので現在は移植不能。
(詳細で一応裏地のモジュールが追加されているのは見れる)
ベースアイテムはT-51の事が多いが、X-01の報告もあるため、建物発見時のレベルにもよるのかもしれない
3.名無しさん2016年03月10日 23時22分
疑問が投げかけられていたので推測を記述しておく。
ピエゾ素子という受動素子がある。
これは圧電体に圧力が加わると圧力を電圧に変換するのだが、ピエゾ核という名とその効果から推測するに、核放射線を受容してそれを動力つまりAPに変換する素子なのだろう。
ピエゾ自体は圧電素子、piezoelectric elementの頭の部分をとった呼称。
4.名無しさん2016年04月07日 13時20分
コレを作るために集めた元素はクエスト属性が外れないので注意
5.名無しさん2016年04月09日 18時00分
※4の通り、以降のプレイで元素がインベントリに残り続ける事になるため地味に鬱陶しい。
正解は緑(水素化リチウム)と赤()なので気になる人はそれ以外は取らないよう気を付けよう。

ちなみに低いレベル帯(検証時はレベル10前後)で建物を発見すると、製作クエスト開始時のレベルに関係無くベースとなるアーマーT-45になるので注意。
6.名無しさん2016年04月11日 04時13分
警備システムを書き換えずに(=モリー敵対せずに)完成させた場合、連れられて所長に研究成果の報告に行くことができる。
面会直前に彼女は「プロトタイプが見れてとてもワクワクされるでしょう」と言ってくるが、実際の所長は200年も待たされてワクワクし過ぎたのか、ものすごい勢いで駆け寄ってきた挙句ハグしようとしてくるので大変困る。
即座にV.A.T.S.を起動してやんわりとお断り願おう。
7.名無しさん2016年05月18日 00時45分
所長はモリーに淡々と切り刻まれることも多い
8.名無しさん2016年05月21日 14時18分
海外wikiによれば、(全文英語なので間違ってるかも)

・研究所のアイテムとNPCレベルキャップはLv14であり、
 基本的にアーマーT-51orT-45がベースとなる。
・但しより高レベルの場合は生成が安定せず、Lv100以上でより上位のアーマーが生 成されるケースもある。
PAパーツの決定メカニズムは現在、完全には明らかになっていない。

これが正しいなら、かなり高レベルでなければT-60X-01は生成されにくいようだ。
9.名無しさん2016年05月21日 18時39分
回収されたアサルトロンの頭部と組み合わせればAPをバンバン回復できそうだが…
perkやモジュールの回復速度上昇率の方が高いような感触がする。余談だが実験チャンバーの中を流れるPA部品はT-60の胴体部分に見える
10.名無しさん2017年04月01日 18時35分
これを装備しているとNPC から特殊なセリフを言われることがある、例えば、
ファーハーバーのアトム教徒:そのアーマーは「光」で動いている
的なことを言う
11.名無しさん2017年05月28日 13時21分
>>10
T-60フルセットで行ったときも同じこと言われたのでPA着ていれば言われるっぽい?
おそらく光=核エネルギー=フュージョンコアのことを言っているんだと思う
12.名無しさん2018年03月06日 21時51分
生成中のグラフィックはT-60だが、出てくるものはやはり違う。

ちなみに当方はLv121でX-01Mk.Vが出てきた。
関連用語について
・コメントの際は情報の重複を避けるために、現在のページのコメントに目を通してください。
・登場人物や、組織を非難するような書き込みは控えてください。
・「Falloutシリーズ」以外のゲームや、漫画等を元にしたネタコメントは可能な限り控えてください。
・「用語に関する情報」が当サイトのメインです。可能な限り、会話等は控えてください。
・NGで非表示になってるコメントに返信しないでください。
・この用語に記述できる情報量が少なく、独立した用語である必要がないと感じたらページ上部の「ミニ用語として報告」ボタンを押すか
運営ページに報告し、このページへのコメントは控えてください。
名前:


コメント属性:

コメントの際の注意
489

用語