ビッグ・エンプティ

別名称一覧:ビッグエンプティ,ビッグマウンテン,ビッグ・マウンテン登録する別名称のNG投票を行う
作成日:2016年05月17日 15時27分
このエントリーをはてなブックマークに追加
登録タグ一覧
Fallout: New Vegas登場用語
タグを編集する
  • 古い順
  • 新着順
1.名無しさん2016年05月17日 15時27分
Fallout:New Vegas DLC Old World Blues の舞台の大きなクレーター。

戦前INTモンスターの集まった場所で、ホログラム・ロボトミー技術・サイバー化・テレポート等のインスティチュートと同等か、それ以上の技術を誇る。モハビに居るクリーチャーの中には、ここ産の生物もいくらか居る。

現在では、(ほぼ全部のルートで)運び屋が占拠してる。

なかなかに狂ってる施設だが、同時にほのぼのしてる・・・と感じる人も居るかもしれない。
2.名無しさん2016年06月28日 13時05分
間違いなくインスティチュート以上の技術力。
現状のインスティチュートケロッグのおもちゃ化してる存在に成り下がっている。
3.名無しさん2016年06月28日 21時13分
というかこの世界で掛け値なしに最高の現存する技術は地球産ならここで間違いない場所である。遺伝子操作、人体改造、ロボットの製造能力、兵器開発、洗剤作成から新合金の開発まで行ってきたチョースゴイ技術者集団『シンクタンク』の箱庭であり、牢獄である。
しかし悪くなる一方であった現状は運び屋の到来によって変化する。彼らに人間性を取り戻させるか、繰り返し続ける彼らに終止符を打つか、それは運び屋次第である。
4.名無しさん2016年06月28日 21時33分
尚ここで登場するとあるAIが地球外の技術な筈の
エイリアン母船の主砲、デス・レイについて言及することが確認されている。
デス・レイという名称自体、恐らく人類側が勝手につけた名前
だと推測されているが、その場合似たような大砲戦前から存在していた、
あるいは連中のオーバーテクノロジーが地球に入っていたという疑いも浮上している

真相は運び屋101のアイツがエンカウントでもしない限り全くの闇の中であるが
ビッグエンプティの技術の高さを示す一つの例と言えよう
5.名無しさん2016年08月13日 10時07分
ここのシンクタンクの中に、Mr.ハウスをライバル視し、自宅とおぼしき家に貼られたMr.ハウス写真にナイフを突き立ててしまうほど対抗心を燃やしているDr.ゼロというロボット専門家の人物が存在する。
だが、彼が嫌悪するMr.ハウスモハビへ飛来する核頭を撃墜したおかげで、ビッグエンプティもまた破壊を免れ、Dr.ゼロも生かされたことを考えると、なんとも肉なことである。
6.名無しさん2016年11月29日 04時35分
シンクタンク達を救済した場合、ここは世紀末における科学の殿堂となる
運び屋は彼らに研究を続けさせつつ、持ち出すべき技術を持ち出し外の世界へと広める事となる
エンクレイヴが崩壊しNCRB.O.Sですら過去の技術のサルベージに梃子摺っている現状からすれば、戦前の技術を維持しつつ発展改良しているこの研究所は人類の文明復興の大いなる一助になるだろう

……運び屋が上手く彼らを制御し続ける限りは、だが
7.名無しさん2017年06月08日 17時40分
>>4 というか「RAY」の単語自体が「光線」という意味である。
トースターも「エイリアン船のデス・レイを〜」とは一言も言っておらず、単純に「デス・レイ(殺人光線)で焼き尽くしてやる!」という意味で発言したのだろう。
8.名無しさん2017年06月08日 19時33分
2910年まで存続していることが確認されている
9.名無しさん2017年06月10日 20時43分
>>8
ブラインド・ダイオード・ジェファーソンのエンディング内で語られる「2910年のBig MTへの"超音波侵略"を阻止した」という記述による。
ちなみにもしこのエンディングが本当であれば、この「超音波からのBig MT防衛」はFallout世界の史実で最も未来に位置している出来事となる。
・コメントの際は情報の重複を避けるために、現在のページのコメントに目を通してください。
・登場人物や、組織を非難するような書き込みは控えてください。
・「Falloutシリーズ」以外のゲームや、漫画等を元にしたネタコメントは可能な限り控えてください。
・「用語に関する情報」が当サイトのメインです。可能な限り、会話等は控えてください。
・NGで非表示になってるコメントに返信しないでください。
名前:
コメント属性:
コメントの際の注意
2287