ビッグホーナー

別名称一覧:Bighorner登録する別名称のNG投票を行う
作成日:2017年04月01日 23時26分
ミニ用語として報告
登録タグ一覧
Fallout: New Vegas登場用語
タグを編集する
  • 古い順
  • 新着順
1.名無しさん2017年04月01日 23時26分
Fallout:New Vegasに登場した羊のモンスター。
巨大な角と、硬質化しているであろう頭部から背中に掛けての爛れた膚が特徴的。
ポジションとしては今作でのラッドスタッグに近く良質な肉が採れて、
群れを成し、接近したり攻撃したりすれば群れの中の少なくない数が襲ってくる。
2.名無しさん2017年04月01日 23時31分
ウェイストランドでの生態系について考える際、非常に興味深い例でもある。
被爆汚染がキャピタルよりは少ない連邦でさえも、ウシ科の動物は例外なく多頭化し、
多くは全身か不規則な広範囲の膚の爛れや脱毛を伴っている。一方で汚染をほぼ
免れたモハビ地方に生息している彼らは、多頭化せず凡そ全身に体毛を生やしている。モハビがいかに特殊な土地であるか分かる参考になり、ウェイストランド人に対して
戦前のウシはあれに近い姿だった」という良い例えにもなる。
3.名無しさん2017年04月02日 01時24分
割と大人しい気質のミュータントだが、同時に怠け者の気質を持っているのかバラモンとは違い荷物などを持たせても座り込んで動かないらしく、飼育する場合はもっぱら食用として扱われているようだ。
4.名無しさん2017年04月02日 06時05分
バナナユッカが好物なようで、とあるクエストではバナナユッカを与えると付いてくる。
5.名無しさん2017年04月02日 15時40分
頭部がデカいのでヘッドショットしやすい。

ただほぼ確実に頭がけ飛び、さらに首が太いのでその断面は広く、とても気持ち悪い。
8.名無しさん2017年04月02日 21時15分
感想
NVでは危険性の低さに反して高い経験値が入るため、効率重視の運び屋によって虐殺の憂き目に遭うこともしばしば
気が触れたナイトキンに夜な夜な殺されたりと不憫な動物である
9.名無しさん2017年04月22日 06時35分
10.名無しさん2018年01月09日 02時51分
多くの人の場合彼らを撃つ動機としては >>8 経験値に加え、
”ただ単に視界に入ったから撃った”程度だろう。そして初心者は時々痛い目を見るし、場合によっては肉等のアイテムを回収しない人さえも居る事だろう。
しかし、アメリカ開拓期の歴史について少し考えてみてほしい。
バッファローの激減やブルーバック、リョコウバト等の絶滅の原因について。
つまり、当時の人々は比較的近い感覚で撃っていたのであり、それは簡単に再現出来るのだ。

人は過ちを繰り返す……
関連用語について
・コメントの際は情報の重複を避けるために、現在のページのコメントに目を通してください。
・登場人物や、組織を非難するような書き込みは控えてください。
・「Falloutシリーズ」以外のゲームや、漫画等を元にしたネタコメントは可能な限り控えてください。
・「用語に関する情報」が当サイトのメインです。可能な限り、会話等は控えてください。
・NGで非表示になってるコメントに返信しないでください。
・この用語に記述できる情報量が少なく、独立した用語である必要がないと感じたらページ上部の「ミニ用語として報告」ボタンを押すか
運営ページに報告し、このページへのコメントは控えてください。
名前:


コメント属性:

コメントの際の注意
4171

用語