ナハント保安局

別名称一覧:ナハント保安官事務所,Nahant Sheriff's Department登録する別名称のNG投票を行う
作成日:2016年03月01日 14時28分
このエントリーをはてなブックマークに追加
登録タグ一覧
ロケーション 沿岸部(東部)
タグを編集する
  • 古い順
  • 新着順
1.名無しさん2016年03月02日 00時51分
リベルタリアに向かう際に発見するであろうロケーション
崩壊した建物だが2Fにあるターミナルは生きていて、戦前の犯罪者の証拠の押収品の記録が取られている。
……証拠品のビールを勝手に飲んでたり、とても言えないことになっている水着を処分したりと中々のログ。
ボストン市警の方にわたっている証拠品もある。

200年前にヌカ・キラーなるシリアルキラーがいた事もわかる。被害者は目の代わりにキャップを嵌めこまれていたようだ。
2.名無しさん2016年03月23日 22時30分
ニックバレンタインクエスト「Long time coming」で来る事になる。
なんと警察署の中がランダムイベントの発生ポイントである。
その為、ここにファストトラベルで来る度にピックマンが参上していたり入植者が死んでいたりアート同士が戦っていたりと200年たっても事件に見舞われる警察署である。
3.名無しさん2017年03月07日 10時57分
厳密にいうと警察署というよりでっかい保安官事務所というのが正しい。保安官と警官の違いは「保安官は州の司法システムに基づいて、郡でその権限を行使するというもの」というもので州政府に遣えている形である。なお保安官はトップにいる一人だけを指し、他のクラウンビクトリアのシェリフインターセプターなどにに乗って警らしているのはSheriff Deputy(シェリフデュピティ 意味は保安官代理、または保安官補佐)と呼ばれる人たちであり西部劇の時代ではその辺の腕利きを雇っていたらしいが現在は警察学校などの正規の学校で専門的な学問や技術を学んだアメリカ人が就くことが多い。服装も市警の制服と変わっていたり、八角帽ではなく騎兵隊帽やキャトルマンハット(カウボーイハットのこと)を被っていたりなどかなりの違いが見受けられる(帽子は現在儀礼を除く通常勤務では被っていない警察組織も多い)
・コメントの際は情報の重複を避けるために、現在のページのコメントに目を通してください。
・登場人物や、組織を非難するような書き込みは控えてください。
・「Falloutシリーズ」以外のゲームや、漫画等を元にしたネタコメントは可能な限り控えてください。
・「用語に関する情報」が当サイトのメインです。可能な限り、会話等は控えてください。
・NGで非表示になってるコメントに返信しないでください。
名前:
コメント属性:
コメントの際の注意
784