ナイトキン

別名称は登録されていません。登録する
作成日:2017年03月10日 18時54分
ミニ用語として報告
登録タグ一覧
Fallout: New Vegas登場用語 スーパーミュータント
タグを編集する
  • 古い順
  • 新着順
1.名無しさん2017年03月10日 18時54分
西海岸を舞台とするFalloutシリーズに登場した、青い膚が特徴の西海岸系スーパーミュータントの亜種。

ステルスボーイを使用しており、初代ではザ・マスターの近衛兵を勤めた。そのため、他のスーパーミュータントよりも自分たちは別格の存在だと思っている。
ただ、ステルスボーイの乱用による副作用のせいで、ほとんどのナイトキンが解離性同一性障害を発症している。
2.名無しさん2017年03月10日 19時09分
『誰かに見られる』という行為をとても嫌がる性質があり
とにかくステルスボーイを欲しがる麻薬中毒者じみた状態にある。

また、精神的な影響からか攻撃的な傾向が強く
平和な街を築こうとしたスーパーミュータントを追い出したり
中毒症状を和らげる為、治療行為をしてる人間に襲い掛かろうとしたりと
獰猛の度合いで言えばスーパーミュータントを凌ぐ
3.名無しさん2017年03月10日 20時09分
非警戒状態の独り言を聞くと、突然呻いたり「馬鹿な頭の中の声黙れ!」と叫んだり、マップによっては巡回ルートが滅茶苦茶だったりと、些細な点からさえヤバい雰囲気をビシビシ放っている。
対峙すれば巨体に似合わぬ俊足を見せ、透明化とのバンパーから作った剣での奇襲攻撃など、ただのスーパーミュータントとは一線を画す戦闘スタイルが特徴。
連邦のスーサイーダーがこれほど足が速くないのは幸いだった…
4.名無しさん2017年04月15日 20時17分
肌の色が青に変わったのもステルスボーイの長期使用によるもの

SM以上に精神が不安定になり精神分裂症状を起こすのは共通であるが
それに対する感情には大きな個体差があるようでもう1つの精神を拒絶し苦しむ
受け入れ共存する、主として崇める、依存しさらに不安定になると多岐にわたる

その対象となるものも自分の中にいる別人格だったり家族との思い出だったり
ロボットMr.ハンディーだったりそこらに転がっているガラクタだったりと
非常にバリエーション豊かである
5.名無しさん2017年04月16日 00時19分
その肌の色ゆえか、しばしば日本語版のプレイヤーからは「ナイトスキン」と間違われていた。
ちなみにナイトキン(Nightkin)とは「夜の血族」という意味らしい。
6.名無しさん2017年05月15日 22時24分
ちなみに、この中毒症状による脳内の「声」を上手く解釈した猛者も居る
ニューベガスのデービソンというナイトキンは、これを「ザ・マスター亡き後の新たなる導きの声」と称し、その導くままに同胞を連れてモハビを放浪している
彼はその声を脳内からではなく、常に持ち歩いているバラモンの頭から聞こえているものと勘違いしている
うん?やっぱり狂ってるのか?
7.名無しさん2017年05月15日 23時02分
ステルスボーイをよく使ってる連中ってのは自分は正常で正しく間違ってるのは他の連中って感じに人であれスーパーミュータントであれ少しずつ汚染され狂っていくのかもしれない

NCRは潰そうとしてるがスーパーミュータント居住地ジェイコブスタウンという中立的町では治療法の確立を目指しているので
NCRからの策略に滅ぼされることなく運び屋の努力や現地の方々の協力のもとなんとか治療法が確立し彼等の苦しみが軽減していけばよいのだが
8.名無しさん2017年12月03日 15時56分
Fallout1では近衛兵らしく、ラスダンに多数配備されている。
ステルスボーイの効果で「半」透明になっている為、見破るのは簡単。
強力な重火器で武装しているのでかなり強い。
ただ、AIの仕様上閉所に固まっては味方をよく誤射するおてんばさん。
・コメントの際は情報の重複を避けるために、現在のページのコメントに目を通してください。
・登場人物や、組織を非難するような書き込みは控えてください。
・「Falloutシリーズ」以外のゲームや、漫画等を元にしたネタコメントは可能な限り控えてください。
・「用語に関する情報」が当サイトのメインです。可能な限り、会話等は控えてください。
・NGで非表示になってるコメントに返信しないでください。
・この用語に記述できる情報量が少なく、独立した用語である必要がないと感じたらページ上部の「ミニ用語として報告」ボタンを押すか
運営ページに報告し、このページへのコメントは控えてください。
名前:
コメント属性:
コメントの際の注意
4097