ジェイソン・ブライト

別名称一覧:ブライト,ジェイソンブライト登録する別名称のNG投票を行う
作成日:2017年05月23日 20時07分
ミニ用語として報告
登録タグ一覧
グール
タグを編集する
  • 古い順
  • 新着順
1.名無しさん2017年05月23日 20時07分
Fallout:New Vegasに登場したグール
レプコン実験エリアにて、戦前のロケットを使い「大いなる旅」に出ようとしているグールたちで構成された宗教的集団「ブライト同盟」のリーダー
肉体がまるで光りし者のように輝いて放射能を発しているのが特徴
目的を達成すべく同胞らを指揮していたが、そこへデービソン率いるナイトキンの集団が攻め込んできたことで危機を迎えている
2.名無しさん2017年05月24日 08時02分
彼らのロケットを墜落させずに無事飛び立たせると、エンディングにて大いなる旅から帰還した彼らが、フーバーダム最終決戦に乗じてノバックの町に攻め込んできたシーザー・リージョンを撃退したことが明かされる
3.名無しさん2017年05月24日 11時45分
リージョンルートでは撃退ではなく住人の脱出に協力
4.名無しさん2017年05月24日 15時28分
ノバックが襲われるのはリージョンルートだけではなかろうて
5.名無しさん2017年12月11日 09時49分
運び屋が得意の交渉術で頑張れば、デービソンを新たなアントラーのお告げに導かれた旅路に招待し、ブライト同盟はヒューマンとの対立から解き放たれた「約束の地」に向かい、我らがハゲには住みやすいモーテルと定職を与え、そして運び屋はギブソンお婆ちゃんにモテモテになる、という平和な展開もアリ
6.名無しさん2017年12月14日 12時46分
このポストアポカリプスの世、宇宙植民など稚気じみた夢だと思えたのだがそうでもないらしい

いずれは、約束の地から絶好調な御大将が帰還するのかもしれない
7.名無しさん2017年12月29日 19時21分
宗教がかった物言いからどことなく胡散臭さが漂う人物だったが、「大いなる旅」は無事成功し帰還も果たしたようで、リージョンルートではノバックの住民が安全に脱出できるように行動し、それ以外でのルートでもリージョンNCRの進出を退け、ノバックが独立を保てるできるように尽力したことがエンディングで明らかになる。
宗教団体だからといって皆が皆コミュニティのピラーのような組織だと思ってはいけないのだろう。
8.名無しさん2018年02月25日 10時58分
今作マママのような能力を持っているらしく、「遥かなる地」というグールが安住できる光と癒しの地(要は放射線でいっぱいの地)やそこへいく方法を「ビジョン」と呼ぶ方法で幻視し、そこへ行くためにロケットを修理しているグール集団のリーダー。本人によれば名前は本名で、戦前から生きている。
フェラル・グールも「野蛮な兄弟」と呼びつつ自分たちの仲間だとみなしており、彼らを狩る人間を軽蔑し、運び屋には殺さないでやってほしいと懇願してくる。

クリス・ハバーサムを「遥かなる地」に連れていけないにもかかわらず、その技術を利用していることについては、「グールを虐殺してきた人間たちの罪を贖うために、神が遣わした神の贈り物(運び屋も同様の存在とみなされている)」「連れていけないと伝えないのは神の御意思」と考えている。実際「クリスは発射台周辺の放射能だけでも数分で死に至る」のだが、真実を隠すのはつらい、できることなら彼を連れていきたいとも語っており、罪悪感はあるようだ。
出発前には、せめてものなぐさめとして、クリスを偉大なる旅の聖者だと宣言していく。それをどんな気分でクリスがきくかは、運び屋の行動如何で変化する。

宗教的言動や「ビジョン」といった超能力発言があるため、怪しげに感じてしまうが、基本的にはよい人、というかグール。長年の迫害から、もはや人間とグールを別の種族とみなしているようだが、それでも運び屋に対する態度は礼儀正しく、呼びかけは「スムーズスキン」ではなく「ワンダラー」「ヒューマン」である。
仲間からも信頼されていて、彼を殺害すると仲間のグールが「ブライトのカタキ!」などと言いながら襲い掛かってくる。
・コメントの際は情報の重複を避けるために、現在のページのコメントに目を通してください。
・登場人物や、組織を非難するような書き込みは控えてください。
・「Falloutシリーズ」以外のゲームや、漫画等を元にしたネタコメントは可能な限り控えてください。
・「用語に関する情報」が当サイトのメインです。可能な限り、会話等は控えてください。
・NGで非表示になってるコメントに返信しないでください。
・この用語に記述できる情報量が少なく、独立した用語である必要がないと感じたらページ上部の「ミニ用語として報告」ボタンを押すか
運営ページに報告し、このページへのコメントは控えてください。
名前:
コメント属性:
コメントの際の注意
4380