サンディ・コーヴス保養所

別名称一覧:サンディコーヴス保養所,Sandy Coves Convalescent Home登録する別名称のNG投票を行う
作成日:2016年04月08日 19時36分
このエントリーをはてなブックマークに追加
登録タグ一覧
ロケーション 沿岸部(東部)
タグを編集する
  • 古い順
  • 新着順
1.名無しさん2016年04月08日 19時42分
魔術美術館の北東にある。ゼネラル・アトミックス・ガレリアのように人間いらずの病院施設として建てられたのだろう。中ではMr.ハンディが物言わぬ入居者たちを甲斐甲斐しく世話している。
2.名無しさん2016年04月08日 21時51分
最初はもぬけの殻だが、一回りして入り口に戻ろうとするとシンスが突入してくる。

なお、各病室に隠されたを探し当てると受付カウンター裏の金庫を開けられるが、正直碌なものは入っていない。
3.名無しさん2016年04月10日 01時44分
各部屋のの隠し場所は金庫近くのターミナルにヒントがある。

各部屋は書きかけのや船の模型など住人の趣味が感じ取れるものが置かれている。
退役軍人っぽい人の部屋が個人的には好き
4.名無しさん2016年04月10日 02時03分
がとてもかわいくスタッフもちょっとかわいいので和む。
5.名無しさん2016年04月10日 11時55分
金庫の中に入っているのは薬物アイテムばかり。
ターミナルからドアを開けると、いかにも鎮静用にとシリンジャーライフル平和のシリンジャーがセットで置いてある。
薬物中毒か精神疾患者たちのための隔離施設だったのではないだろうか。
6.名無しさん2016年05月06日 04時12分
受付の管理人は大抵シンス襲撃してきた時に破壊される運命にある。
なぜインスティチュートがこんな場所を狙ってきたのかは不明。
7.名無しさん2016年05月06日 08時30分
シンスが相手でも容赦なく発砲する
怒り狂った将軍によって破壊されてついでにインスティチュート壊滅を決断させる要因になったりする
8.名無しさん2016年05月17日 23時19分
受付ハンディへの返答に
「祖母に会いに来た」
という選択肢があるので、老人ホーム的な施設ではないだろうか。

ターミナル内に記載されている「偽のバス亭」にはスーツケースとが置かれてあり、バス亭裏には女性の白骨死体が転がっている。(筆者が確認した時は地面に突き刺さっていたのだが)

推測に過ぎないが、この白骨死体主人公が受付から部屋のを貰える「グラディス」さんなのではないだろうか。

根拠としてはのかかっている部屋に遺体が無い事、ターミナル内に脱走癖と偽のバス亭についての記載があることの二つ。
9.名無しさん2016年05月25日 15時57分
受付のターミナルに徘徊の理由を当局に知られないようにMr.ハンディーで早期に連れ戻せという趣旨の内容の記述があり、キッチンにはドッグフード詰だらけ、部屋に一つは存在する手術用トレーやあちこちに散在する薬物からして、ここも戦前のガバガバが企業倫理で運営されていたものと思われる。
察するに老人達に薬物を投与しつつ安いドッグフードと機械従業員で利益最大化を狙っていた不良老人ホームだったのではないだろうか。
10.名無しさん2016年07月03日 08時00分
しかし戦前の暴動などが多発していた時代のアメリカであの様な部屋付きの老人ホームに入居出来る様な老人と考えるとかなり富裕層向けの保養所だと考えられる
それにそれにキッチンにはケーキや人参等もありドッグフードは単に用の餌だと思いたい・・・
11.名無しさん2016年07月06日 22時13分
戦前の施設なのだが何故かアボミネーションの剥製がある
12.名無しさん2016年07月06日 22時15分
Convalescent Home=老人ホーム。
入居者はただ一人を除いてボケてた様子が部屋からうかがえる
13.名無しさん2016年07月23日 17時15分
入手出来るアイテムは微妙だが、船の模型やアボミネーションの剥製等見れるインテリアは多い
問題はそれを持って帰れない事だが
14.名無しさん2016年08月02日 19時33分
入居者たちの個性的な部屋を周り、カギを集めて受付横にある
金庫を開けるというロケーションだがこの金庫の中身、
開いている金庫のように時計やロケット、持病の薬などなくすと困る物が
入っているかとおもいきやサイコメンタススティムパックなど
軒並み麻薬を中心とした薬品類が入っている。
お年寄りに心臓の薬の代わりにスティムパックを打ったり
麻薬で持病の症状を誤魔化したりする極悪老人ホームだった模様。

なお、入り口横にあるカギのかかった扉はトイレになっており、
恐らくこの施設で働いていた人間の職員がキメていたと思われる
薬品類が白骨死体の周りに散らばっている。
15.名無しさん2016年08月13日 03時56分
帰る所でハンディがまたお客様ですかと言ってドキッとした者も居るのではないか
なお、インスティチュートと友好関係にあるなら撃たれないがディーコンを連れた状態で倒さず外に出ると怒らせるので注意
16.名無しさん2016年12月18日 11時02分
アルミ缶が大量にあるのでフィッシュパックのリスポンまでのつなぎにどうぞ
17.名無しさん2017年01月12日 13時17分
>>7 のとおり、この施設に到達する段階では既にインスティチュートに潜入し敵対が解けている場合が多い。
ロボット達が倒されても我関せずジャンク漁りに徹する111死体を見つけて憤り、非敵対人造人間に襲いかかるのは時間の問題である。
少なくはない並行世界において、連邦を滅ぼさんとするインスティチュート一匹のために滅んでしまうと考えると何ともマヌケな話だ。
18.名無しさん2017年07月10日 23時57分
あくまで一つの推測だが、戦前の施設の割にキッキンで最近のを捌いた後があったり、が生きていたり、室内の観葉植物が生きていたり、を釣った後があったりなど最近まで人がいた形跡がある。

また"グラディスさん"がよく徘徊して発見される"偽のバス停"(戦後は使われなくなったから?)という表現から、セレムがマイアラークに滅ぼされるまで入居していた方もいるのではないだろうか。

そうすると室内にあるアボミネーションの剥製にも説明がつくが、"グラディスさん"は元軍人の様なので軍関係の記憶があるという事は戦前の人間..と想像膨らむ施設である。

お気に入りの模型を並べている部屋があるがスワンボートがありかわいい。

Mr.ハンディを壊されたくない場合はハッキングの能力があれば事前にハッキングで停止させておくことによって戦闘に巻き込まれずに済む。
19.名無しさん2017年07月18日 10時52分
ナハント海洋学研究所では戦前から海洋生物の巨大化を研究していたみたいなので
マイアラークの前身もしくはマイアラークそのものがすでに存在していたのかもしれない
20.名無しさん2017年07月18日 11時34分
介護施設に入居した認知症の老人は自分の家に帰るために交通機関を探して徘徊することがある。
そこであらかじめ偽物のバス停を施設の近くに作っておき、来もしないバスを待っている老人をなだめて施設に連れ戻すのである。
ここのバス停もそういう用途で作られたものだろう。
21.名無しさん2017年07月29日 03時38分
個人的にこのゲームでトップクラスに胸糞悪い場所

入所者亡き後も献身的に世話をしていたハンディ達を一方的に攻撃して破壊する様には怒りを覚えた
嬉しそうに出迎えてたのがまた堪える
22.名無しさん2017年07月29日 10時13分
主人は死に絶えたのにロボットはひたすら自分の責務を何年も全うするというのはレイ・ブラッドベリの火星年代記のぞ優しく降りしきるを思い出させる。核戦争後の廃墟になったカリフォルニアのアレンデールで家族が死んでもルーチンを続けるロボットの話…
23.名無しさん2017年08月19日 14時50分
インス突入に特に深い意味はなく、恐らく保存状態のいい戦前施設を漁りに来たサルベージ部隊なのだろう。
ファーザー死後はシンスのそういった活動も掌握できればよかったのだが…
・コメントの際は情報の重複を避けるために、現在のページのコメントに目を通してください。
・登場人物や、組織を非難するような書き込みは控えてください。
・「Falloutシリーズ」以外のゲームや、漫画等を元にしたネタコメントは可能な限り控えてください。
・「用語に関する情報」が当サイトのメインです。可能な限り、会話等は控えてください。
・NGで非表示になってるコメントに返信しないでください。
名前:
コメント属性:
コメントの際の注意
1532