ゲータークロー

Nuka-World
別名称は登録されていません。登録する
作成日:2016年10月11日 14時59分
このエントリーをはてなブックマークに追加
登録タグ一覧
Nuka-World
タグを編集する
  • 古い順
  • 新着順
1.名無しさん2016年10月11日 14時59分
DLC:Nuka-Worldで追加されたクリーチャー。
ワニの姿をしたデスクローのような見た目で、サファリアドベンチャーを跋扈している。
何故か大量発生しており、ここに住むシートーや、進出を目論むレイダーたちを悩ませている。

デスクローよりも柔らかいため、腹を狙えば倒すのは意外と容易。
待機モーションがデスクローと別に用意されており、ワニのように腹這いでや茂みに隠れている。
2.名無しさん2016年10月11日 15時46分
大量発生の理由はクローン作成機が暴走した為。

かなりの数が生産されたのか、クローン作成機を停止しても見かける事がある
3.名無しさん2016年10月11日 16時56分
しかしデスクローに勝るとも劣らないこの生物とスレッジハンマー一つで肉薄するシートー恐るべし
4.名無しさん2016年10月12日 23時00分
「あれは怪物だ」と言うシートーに対し111は「新種のデスクローかな?」と冷静に分析する。
すっかりウェイストランドに馴染んだものである。
5.名無しさん2016年10月13日 09時54分
のマークの製薬会社が作り出した生物兵器にどことなく似ている

首刈りはしてこないが、デスクロー並みの攻撃力は驚異的

柔らかいお腹に玉をぶち込んであげよう
6.名無しさん2016年10月13日 10時23分
施錠されたの中にある死体の状況を見る限り 壁をぶち破れる程の怪力の持ち主のようだ
7.名無しさん2016年10月14日 13時09分
元々はグール化した博士が進行する外敵に対する対抗策として、飼いならすことのできる戦力として開発を始めたもの。
デスクローに似ているのはベースにジャクソンカメレオンのDNAデータを使用しているためである。
強力だが飼育と調教に難儀していたところに、サファリで生き絶えたSMを発見し、そのデータも組み込んだところ、より強力なクリーチャーとなりゲータークローが出来上がった。
調教に堪える知能の付与には課題が残っていたが、それを解決する前に発生装置が不調となり、結果凶暴性だけを残した彼らがサファリに溢れかえることとなった。
8.名無しさん2016年10月15日 00時28分
ゴリラを伴なって二足歩行ワニと戦うという状況に某京都花札メーカーの横スクロールアクションを思い出した111もいるのではないだろうか
9.名無しさん2016年10月16日 20時40分
とにかくサファリが狭い場所の上に複数体で出ることが多く、機動性も攻撃力も本家譲りとなかなかの難敵である。
デスクローよりこいつらを強化して量産したほうが兵器として有用だと思うのだが
10.名無しさん2016年10月18日 19時27分
作った本人は「とんでもない者を作ってしまった」と嘆いていたが、熟練の111の手にかかれば飼いならされたデスクローのように大人しくなる(大人しくなるとは言ってない)

拠点で飼いたいと思った111も多いのでは
11.名無しさん2016年10月20日 20時06分
単体だとみ投げを失った劣化デスクローLvも60台までしか出てこなかった)ではあるが、これが要所要所で複数存在するため状況によってはかなり苦戦する。
コンパニオンシートー達とうまいこと連携して各個撃破していきたい。
12.名無しさん2016年10月23日 01時28分
戦前デスクローは完全な理性による制御、喋ることは出来ないが高い知性カメレオンのような光学迷彩を持ったパーフェクト生物兵器だった可能性がかなりあるので、これを産み出した博士が嘆くのも無理はない。
ちなみに、現在生息しているデスクローはそんな彼らの子孫であり、人の手が加えられなくなった結果の産物である。やはり不自然なのは長続きしないということなのか
13.名無しさん2016年10月23日 08時52分
デスクロースケルトンを流用してる為か頭部の部位破壊をすると本来ないはずの角などが発生したりする
14.名無しさん2016年10月23日 22時08分
ちなみに、ジェットパック装備のPAや壁の上に登ってしまえば、一方的に攻撃可能。
問題はコンパニオンシートーグールリラが完全に足手まといになる事。
15.名無しさん2016年11月23日 23時49分
なお、この生物の誕生経緯だが、よりにもよってスーパーミュータントジャクソンカメレオンの(遺伝子的要素の)間の子である。
つまりデスクローとは別経緯かつデスクローよりもっとろくでも無いモノから生まれている。
博士はスーパーミュータント死体しか発見していなかった為知らなかったのだろうが、アレと掛け合わせたところで好戦的な素養しかほぼ受け継ぐはずがない、予定調和の失敗作であった。
16.名無しさん2016年12月13日 21時55分
>>12
残念?ながらFallout2ではエンクレイヴの手によりFEVを使って人語を使いこなし、集団生活を営む新種のデスクローが登場していたりする。
尚、Fallout Tacticsに置いては喋る所か、手榴弾を使いこなし装甲車を運転するデスクローの個体郡も確認されてたり……
17.名無しさん2017年01月06日 23時03分
お蔵入りになってしまったFalloutシリーズの一つである
Fallout Tactics 2に登場予定だったアボミネーションの1種に
ミュータントクロコダイルというよく似た生物がいたりする。

べゼスダ側がこれを拾ったのかは定かではない為関連性は不明だが
残されていたコンセプトアートを再利用したのかもしれない。
18.名無しさん2017年01月07日 01時10分
有名な都市伝説でペットとして飼いきれなくなったワニが下水に捨てられ、そのまま下水に棲み着いていて。しかも、下水には日光が届かない故か、白皮症を起こしているとかしてないとか
という話しがあるが…
もしかしたら、次回作のFalloutではこの都市伝説のパロディーでユニーク強敵としてゲータークローが登場する日が来るのではないだろうか…
19.このコメントは投稿者によって削除されました。
20.名無しさん2017年01月12日 06時15分
ゲーターという名前ではあるが、実際に遭遇すると顔付きはワニというよりはトカゲやヘビに似ている。

某デイドラ王子が開いた門から出てくる大型クリーチャーをイメージしていると、妙な違和感とガッカリ感を覚えるかも知れない。
21.名無しさん2017年01月12日 16時20分
>>18
確かにクローン作成装置のある部屋に白皮症ゲータークローが1体いた
22.名無しさん2017年04月05日 08時38分
なお、数を増やした彼らによって、元々園内に生息していた他のアボミネーション化した動物も攻め込んだレイダー諸共ほぼ狩り尽くされてしまっている
園外で繁殖しているガゼルを除けば、生き残っているのはシートー含むグールリラの家族に、洞窟に立て籠もっているヤオ・グアイのみである
23.名無しさん2017年04月15日 05時54分
暫く経って気付いたんだが、ルイジアナ近辺にも似たような生物が居そうで何だか後のシリーズでいつか彼らの親戚みたいな連中にお世話になりそうで複雑な気分になる。
24.このコメントは投稿者によって削除されました。
・コメントの際は情報の重複を避けるために、現在のページのコメントに目を通してください。
・登場人物や、組織を非難するような書き込みは控えてください。
・「Falloutシリーズ」以外のゲームや、漫画等を元にしたネタコメントは可能な限り控えてください。
・「用語に関する情報」が当サイトのメインです。可能な限り、会話等は控えてください。
・NGで非表示になってるコメントに返信しないでください。
名前:
コメント属性:
コメントの際の注意
3543