グロッグナック・ザ・バーバリアン

別名称一覧:Grognak the Barbarian,グロッグナック,グロッグナックザバーバリアン登録する別名称のNG投票を行う
作成日:2016年02月14日 14時14分
このエントリーをはてなブックマークに追加
登録タグ一覧
スキルブック ハブリス・コミック
タグを編集する
  • 古い順
  • 新着順
1.名無しさん2016年02月14日 14時14分
最終戦争以前にハブリス・コミック社から出た人気コミック。
それから200年以上たった今でもウェイストランド中で愛読されている。
今作でもスキルブックとして登場。

コミックの内容はターザンの格好をした戦士が魔法使いや獣人、
悪魔相手に斧と剣で挑むというお話。
2.名無しさん2016年02月14日 14時15分
Fallout3では主人公の誕生日会で友人からプレゼントされたり、
今作の冒頭で、主人公の家においてあったり
幼少時のケロッグが読んでいたりと
Fallout内でのコミックといえばまずこれが挙がる。
3.名無しさん2016年02月19日 18時39分
元ネタはコナン・ザ・バーバリアンだろうか
蛮族が出て殺す爽快な物語である
4.名無しさん2016年02月19日 23時25分
ハブリス・コミックではこれのコスチューム衣装と斧が手に入る。
男性だけでなく女性でも似合うので探してみてはいかがだろうか?
5.名無しさん2016年02月25日 02時16分
習得するPerkは近接攻撃のクリティカルダメージ+5%。全10冊。
6.名無しさん2016年04月08日 00時35分
グロッグナックのキャラデザインはオブリビオンのプリセットクラス「蛮族」が元になっている模様(「In The Lair of the Virgin-Eater」の表紙ではポーズまで同じで恐らくトレス)。前作から続くベセスダの楽屋オチのひとつ。
彼の武器を再現したグロッグナックの斧もなんというか、まんま「の両手斧」である。
7.名無しさん2016年04月08日 01時05分
なお、上記の斧は一度衣装とともに「危険物所持」として警察に取り上げられている。
無事、返してもらったようではあるが
8.名無しさん2016年04月21日 05時17分
男性キャラで核が落ちる前の家でこの本を調べると
「俺の大好きなコミックだ!」とテンションが上がるが
女性キャラだと「ふふっ」と優しくほほ笑む
9.名無しさん2016年05月02日 10時30分
男性主人公も大好きなようであり
一部のコンパニオンも好きなようである
またB.O.S.に所属するある人物もこれのファンらしい
10.プロクター・クインラン2016年05月14日 20時54分
おおナイト
この素晴らしき戦前の本の在処がわかったぞ!
内容の解読可能な物が最低でも10冊もあるのだ
早く読みたいとは思わないかねナイトよ!?

んん!すまない……
さてこの本の在処だがこの場所で見つかるはずだ
サンクチュアリ
・ウィケッド・ショッピング・フリート・ロックアップ
モールデン中学校(Vault 75)
コルベガ組立工場
マス・パイク・インターチェンジ
Vault 81
魔術博物館
ハイドパーク
バックストリート・アパレル
ボストンコモン
アンドリュー駅
この10カ所を探してみてくれ
このシリーズは実に素晴らしい。にしても、内容にしても実に心が躍る!
素晴らしき戦前の重要文化財といえよう!

ところでナイト
サンクチュアリにある分なのだが、ある軍人の邸宅に……まて!どこに行くナイト
11.名無しさん2016年05月25日 19時11分
Falloutの世界では男の子の好きなコミックといえばまずこれが挙がるほどの
人気コミックであり、戦前にも飛ぶように売れていた事がターミナル
残っている関係者のメールなどからも伺える。

内容はマッチョなヒーローが剣や斧で悪党に立ち向かい、
美女を助けだしたりするという非常にわかりやすい筋書きの
筋肉ファンタジー漫画のようだ。も実戦の参考になるほど迫力があるようで、
ウェイストランドにおいては読むと近接戦闘関係のPerkを取得できる。
12.名無しさん2016年11月18日 15時28分
夫が大好きなグロッグナックを見て優しく微笑む姿から想像できるように女性主人公は母性本能の強い成熟した女性
他のキャラクリができるゲームのように美しくセクシーでモテる女性のロールプレイをしようと考えても、コンパニオンとの恋愛を楽しもうと思っても、随所で見られる片割れへの愛情の深さ、落ち着き、母親らしい芯の通った強さのせいか、まったくもって似合わない
男性主人公の男性特有の幼さの残ったチャーミングさも悪くないが、いつでも恋愛できそうな身軽さを見ているとノーラを少しは見習ってほしいものである
13.名無しさん2016年12月07日 16時08分
#05 Demon Slaves, Demon SandsがVault 75監督官の部屋と
Vault 81クエストShort Storiesの報酬で2冊入手可能なので
全10種類の全11冊という少々奇妙なことになる
残念ながらBarbarianのPerkがランク10までしか設定されておらず
11冊集めてもクリティカルダメージ+55%にはならないので注意
14.名無しさん2017年01月17日 08時46分
コズワースとのスピーチチャレンジに成功して、核が落ちたあの日から10年も自宅の手入れをし、の錆に泣き言を漏らすコズワースが唯一この本だけあの日のまま残しておいてくれていた事に気づき、序盤から涙した将軍も多いはず。
15.このコメントは投稿者によって削除されました。
16.名無しさん2017年02月10日 01時56分
前作まで、スキルブックは他のアイテムと同様に所定の場所に配置されているだけで固定されていなかったため、戦闘や人の行き来の影響を受けてしまい、勝手に移動したり隙間に入り込んだりと、入手出来なくなるということが多々あった
それが回避不能なバグとして攻略サイトやプレーヤー間で認知されてしまったことを受けて、fallout4ではスキルブックは固定されている
スキルブックの周りでグロッグナック・ザ・バーバリアンよろしく近接武器で大立ち回りを繰り広げても、手榴弾を投げ込んでも、決して移動しないので、今作スキルブックに特別な注意を払う必要はない
17.このコメントは投稿者によって削除されました。
18.名無しさん2017年02月17日 16時46分
表紙の女性キャラがやたらセクシーに描かれている事が多い。

興味のあるパパは皆が寝静まった時にこっそりインベントリを覗いてみよう。
19.名無しさん2017年02月17日 19時35分
#01 Blood on the Harp
#02 Cometh the Trickster
#03 Jungle of the Bat-Babies
#04 In the Bosom of the Corsair Queen
#05 Demon Slaves, Demon Sands
#06 Enter Maula: War Maiden of Mars
#07 Fatherless Cur!
#08 Lost in the Snows of Lust
#09 In the Lair of the Virgin Eater
#10 What Sorcery This?

の10冊がゲーム内で入手できる。ハブリスコミックターミナル
もう1冊ぶんの言及があるがこれはアイテムとしては入手できない。
ケロッグの記憶の中でJungle of the Bat-Babiesと思われる1冊が開かれており、
見開き1ページぶんだけ内容が見えるが、中身は不思議な洞窟に到達した
グロッグナックが遅いくるコウモリの翼を生やした赤ん坊のような怪物たちを
自慢の鋼の剣で迎え撃とうとするシーンである。

以下余談になるが、元ネタロバート・E・ハワードが執筆した『英雄コナン』で、
このキャラクターの初出はクトゥルフ神話の短編『闇の種族』の一節である。
何故かとクトゥルフ神話はラヴクラフトと親友だったハワードの作品・世界観も
一部含んでおり、この小説の中で「前世の出来事として」コナンが登場するのである
その後、1932年末からWeird Tales誌にて『英雄コナン』が掲載されるようになり、
1936年までの4年間で17本という多くの短編エピソードが掲載された。
しかし、1936年のある日、作者であるハワードは自殺してしまう。

『英雄コナン』シリーズは後に4篇が発掘され、これを含めて全21篇となるが、
作者が亡くなったため愛されながらも続きを読むことは叶わなくなったのである。
…しかし、「コナン」愛が溢れてしまったファンが相当多かったようで
文体や内容を模倣したりハワードの別作品の主人公をコナンに書き換えたものなど
無数の模作が生まれており、その数は数十にも登ると言われている。
・コメントの際は情報の重複を避けるために、現在のページのコメントに目を通してください。
・登場人物や、組織を非難するような書き込みは控えてください。
・「Falloutシリーズ」以外のゲームや、漫画等を元にしたネタコメントは可能な限り控えてください。
・「用語に関する情報」が当サイトのメインです。可能な限り、会話等は控えてください。
・NGで非表示になってるコメントに返信しないでください。
名前:
コメント属性:
コメントの際の注意
428