グリルしたラッドスタッグ

別名称一覧:グリルド・ラッドスタッグ,Grilled radstag登録する別名称のNG投票を行う
作成日:2016年06月10日 12時22分
このエントリーをはてなブックマークに追加
登録タグ一覧
Aid 料理 飲食物
タグを編集する
  • 古い順
  • 新着順
1.名無しさん2016年06月10日 12時22分
ラッドスタッグのスペアリブを豪快に焼き上げた一品。加熱されたことでちゃんと色も生肉から変わっている。HP+120に加え、一定時間(限界)総重量を+25増やす効果がついてくる。Weightは1、Valは60とやや重めなのであまり多く持って行っても本末転倒であろうが。
ラッドスタッグの肉を使って作れるアイテムはあともう一つ、エネルギー耐性を上げてくれるラッドスタッグシチューがあるが、こちらは少しでも多くのジャンクを持ち帰りたいスカベンジャー主人公に向いているだろう。
2.矚鐃犖2016年06月10日 20時34分
鹿肉! 鹿肉である!
くそったれ放射能の影響があっても、血を抜いて剥いで焼いてしまえばご覧の通り美味そうなステーキに早変わり。

他のクリーチャーメシがサバイバビリティ問い続けてくる物ばかりなことを考えれば、力が沸いてくるのも納得。

ワインと一緒に。
足りなければリブアイステーキをおかわり!
3.名無しさん2016年06月11日 01時29分
筆者のデータではこのアイテムの総重量+25の効果が何故か永続的に続いている。

サバイバルモードでプレイしているから有り難いのだが…
4.名無しさん2017年09月01日 14時07分
所持重量25増加の効果はサバイバルにおいて非常に有りがたく効果時間も長い。
中毒症状の発生しない食料にもかかわらずインベントリに常備してしまい、在庫数が減ってしまうと不安感が増し山野をうろつき血走った目でラッドスタッグを探し始める111もいるとかいないとか。
5.名無しさん2017年09月27日 20時39分
>>3
同じく
所持重量サバイバルなのに380にもなっていて「あれ、なんか高すぎないか?」
と初期のバックアップしたデータを確認したら305だった。(Sは18、確認時はもちろんパーク等も考慮してこの数値)
数値から見て肉のせいなのは間違いなさそうだけど、条件はまったく不明。
ただ3回起きてると言う事は再現方法が見つかればかなり有用なバグになりそう。
6.名無しさん2017年09月27日 22時29分
(酔って間違えた箇所があるので修正)

鹿肉は獣肉としては臭みが少ないものの、牛肉より淡白なため美味しい肉とは言いがたい。正直言って流行らない味である。
しかし肝心の牛肉が二つ首のバラモンだったりする連邦事情において、こともすると、かつて淡白だったラッドスタッグは野生化とか放射線の影響とかでいい感じに美味しいのかもしれない。
リブアイステーキでは回復しかせず、グリルしたラッドスタッグでは回復に加えて総重量が上がる。全ては想像だが、それはバラモン肉より美味しいから、なのかもしれない。
7.名無しさん2017年10月22日 01時22分
>>1 の通り、あまり沢山持つ重量軽減のためのアイテムが重荷になる。
ラッドスタッグの肉を手に入れたら生肉のまま、居住地ワークショップに入れておこう。そうすれば、供給ラインが繋がっている限りは各居住地クッキングステーションで焼くことによって自由に補充できる。それによって、グリルを持ち歩く数が少なくてもあまり不安にならない。
・コメントの際は情報の重複を避けるために、現在のページのコメントに目を通してください。
・登場人物や、組織を非難するような書き込みは控えてください。
・「Falloutシリーズ」以外のゲームや、漫画等を元にしたネタコメントは可能な限り控えてください。
・「用語に関する情報」が当サイトのメインです。可能な限り、会話等は控えてください。
・NGで非表示になってるコメントに返信しないでください。
名前:
コメント属性:
コメントの際の注意
2807