カビが生えた食糧

別名称一覧:Moldy food登録する別名称のNG投票を行う
作成日:2016年03月12日 13時19分
このエントリーをはてなブックマークに追加
登録タグ一覧
Aid
タグを編集する
  • 古い順
  • 新着順
1.名無しさん2016年03月12日 13時22分
放置されたダイニングなどで見かける腐った食べ物
食べかけのパンや果物などがカビに覆われながらに盛られている。
食べるとHPがわずかに回復する。
2.名無しさん2016年03月12日 13時43分
熾烈な核攻撃の後でも、カビがまだ生き残っているあたりに若干の希望を抱かせるアイテム。
でもばっちい。
3.名無しさん2016年03月12日 14時11分
今作イートマチックに入っているのは大体これ
ポートAダイナーも一等賞以外はみんなカビが生えている
イートマチックの多さは気になるがまあ常識的に考えて保存食ばかり買って放置ということもないのでこんなものかもしれない
4.名無しさん2016年03月12日 14時52分
200年経っても完璧に保存されたパイとの差異は
「カビているかどうかぐらい」という事実に恐怖する111であった。
5.名無しさん2016年03月16日 21時01分
Fallout4の世界では強い放射線によって細菌が死滅し物体の腐敗が発生しなくなった世界という設定がある。
その為骸骨が200年以上も土に帰らず野ざらしのままとなっていたり、戦前食品が今も腐らず残っているとのこと。

しかしこの食料は「カビ」ている。
もしかすると放射能を生き抜いて新たな進化を遂げつつある新種の植物なのかもしれない。
6.名無しさん2016年04月02日 12時13分
それは3までの設定で、戦前食料が残っているのは、オープニングの通り賞味期限の延長処理に因るものでは?
7.名無しさん2016年05月08日 20時33分
ベセスダが設定を忘れて腐敗させてしまったのか、単に防腐処理がされていないのか、このカビが耐放射性を得る進化をしたのか。真実は闇の中である。
8.名無しさん2016年05月08日 20時42分
寧ろ未だに原型を保っている食品介類に比べるとよっぽどまともな物なのではないだろうか?
流石に食べたいとは思わないが…
9.名無しさん2016年06月01日 10時26分
食べ物を放置したらカビが生えるのは普通・・・のハズだがFalloutの世界ではカビは生えること自体が異常な状態なのだ。そもそも200年もあれば食べ物にカビが生えたら栄養吸い尽くして消え去ってしまいそうなものなのだが。実はつい最近カビが発生したかもしれない。
10.名無しさん2016年07月04日 04時24分
そもそも放射線によって腐敗しなくなった等の設定はプレイヤーによる憶測である
11.名無しさん2016年07月04日 04時29分
>>10
そうだったのか…可能であればソースが欲しい。

おそらく、戦前食料が腐らないから腐敗しないと推測されたのだろうか?
…実際は悪い方向になっていたのだが…
12.名無しさん2016年07月04日 09時22分
そもそもFallout3や4の時系列から100年近く前の初代Falloutの時点ですら
汚染が軽度な地域では既に作物が地植えで育てられる状態だったため
全地域で菌類や微生物が絶滅したという事はなかったと思われる。
グレートウォーの直後には微生物の活動が落ち込んでいたのかもしれないが、
自家醸造酒を作る際に発酵させていると思われるレシピ等もあるため、
食料を長期間放置したら乾燥地帯でもない限りカビてしまうのだろう。

腹を空かせたウェイストランド人ですら食べようとは思わないシロモノだが、
スーパーミュータントが煮ている寸胴の中身を覗くとこれとそっくりな
何かが入っているため彼らにとっては関係なく食べられるものなのかもしれない。
13.名無しさん2016年07月04日 10時11分
Fallout Wiki(Nukapedia)のFoodのページより抜粋

原文
Some of the most readily available foodstuffs in the Fallout series are packaged pre-War food, still edible thanks to their preservatives as well as sterilization from being irradiated.


Falloutシリーズで最も容易に入手可能な食糧の幾つかは戦前の加工食品であり
防腐剤及び(放射線の)照射による殺菌のお陰で今でも食べられる


単純に考えれば核爆弾放射線によって菌が死滅したと解釈できる
食品照射」を知っている人はそちらを連想するかもしれないが
あれは加熱や薬品以外の方法で殺菌、殺虫を行う必要がある場合や
細胞分裂の停止により野菜や芋の発芽を阻止する為に使う技術であり
何でもかんでも、それこそ菓子やペットフードにまで乱用する技術ではない
14.名無しさん2016年07月04日 10時43分
ともかく、菌が死滅してようが死滅してまいが、こいつはカビている
15.名無しさん2016年07月05日 21時10分
そんななんでもかんでも使うべきではない技術を多用するほど、戦前の人間達は核物質に頼った生活を行っていた。と捉えることもできる。というか、ボードゲームにまで核物質を使うくらいの世界のお話なので、その方がよっぽど有り得そうで怖い。
16.名無しさん2016年07月06日 02時11分
カビていないパンが欲しかった。
NVのアイテムに「イースト」というものがあり密造酒の作成に用いられていたので
あれとレイザーグレインでどうにかならないものか…。
17.名無しさん2016年07月29日 00時43分
 放射線による滅菌は熱変性などの影響がないため栄養価の低下を招かず、じつはかなり優秀な食品滅菌方法だったりする。そのため動物用飼料の滅菌方法として導入されているのだが、人間の食品の場合は食品保存のために放射線を用いる事は禁止されている。
 まあ理由はわかるだろう。
 しかし戦前世界ではどうなのか。ははっ! ゲイリー!
18.名無しさん2016年11月21日 21時20分
菌と名前がついているが、厳密には細菌とカビ菌は別分類である。詳しい説明は割愛するが、子実体を作る菌類に茸がいると言えば多少は解るだろうか。
RADもとい放射線は強力な殺菌能力を持っているが、カビ菌には放射線に耐える種もあり、中には原子炉の冷却水配管に生える物もいるという。連邦にいるカビ菌はこれらの生き残りなのかもしれない。
また回復量は低いもののカビが生えた食糧を食べても体調が悪くなることもなく食べられる。もしかしたらこのカビ達は連邦を救う一助になるのかもしれない。

ただし新サバイバルを除く。
19.名無しさん2016年11月27日 21時13分
人間含め高等生物が生き残っているレベル放射線であるわけで、全世界が滅菌されたわけでもなかろう
どこかのVaultが開いて拡散した可能性もある

仮に滅菌されたとしても、カビの菌糸体がそのまま残ったとも考えられる(ざっくり言って死体が残った状態)
20.名無しさん2016年12月01日 22時11分
インスティチュートディーン・ボルカートが「技術が進歩しようが人類はいまだに風邪すら治せない」と愚痴を漏らしている事がある。
ウェイストランドとは比べて衛生的なインスティチュート内ですら風邪が確認されているのである。

ウェイストランドでは放射能により細菌が死滅した」という説はそもそもそれをはっきりと証明するソースが過去作でも確認されていないので >>10 の通りプレイヤーの憶測に過ぎないと思われる。
21.名無しさん2016年12月01日 22時21分
もしかするとこのカビでペニシリン見たいなすごい薬が作られるかもしれない。
22.名無しさん2016年12月01日 22時29分
>>13
なんでもかんでも原子力を利用するFOの世界である
ヒャッハー!!食品は消毒だーーーー!!!」
とばかりに食品放射線で完全滅菌していたとしても何の不思議もない
ヌカ・クァンタムという良い実例もある
23.名無しさん2017年05月05日 13時26分
最初英語環境でこれを普通に使っていたが、日本語環境にして事実を知る→ボストン空港ワークショップに放り込んでダンス食事にする。の流れに至った(空港で作物や水を設置出来て入植者を呼べる様になる前のVer.の話)
・コメントの際は情報の重複を避けるために、現在のページのコメントに目を通してください。
・登場人物や、組織を非難するような書き込みは控えてください。
・「Falloutシリーズ」以外のゲームや、漫画等を元にしたネタコメントは可能な限り控えてください。
・「用語に関する情報」が当サイトのメインです。可能な限り、会話等は控えてください。
・NGで非表示になってるコメントに返信しないでください。
名前:
コメント属性:
コメントの際の注意
940