エンディング

別名称一覧:ED登録する別名称のNG投票を行う
作成日:2016年04月26日 23時55分
このエントリーをはてなブックマークに追加
登録タグ一覧
ムービー
タグを編集する
  • 古い順
  • 新着順
1.名無しさん2016年04月27日 00時06分
今回のエンディングはかなり手抜きでどのルートでも殆ど変わらない。
もう少し何とかならなかったのだろうか
2.名無しさん2016年04月27日 00時08分
押し寄せてくるのがわかる。熱、エネルギー、放射線…そして、恐怖が
自分はショーンを失った。再び…目を閉じるとあの懐かしい生活を思い出す。

その名のとおり、ゲームのエンディングのこと。
本作ではエンディングが4種類あり、読み上げるは男性主人公と女性主人公のどちらか。
Fallout3では、一部が入れ替わるといった形だったが、今回は別々。
また、Fallout:New Vegasでは、さらに各コンパニオンや各の派閥、ましてや各村のその後についても語られる。

ちなみに、ここのセリフはローンチトレイラーの冒頭で採用されている

3.名無しさん2016年04月27日 00時11分
思い描いていた未来像は、一瞬で変貌することがある。心の準備が出来ていなくても。
ここは自分が望んだ世界じゃなかった。だけど、間違いなく自分の居るただ1つの世界。

要約するとどのルートも「大きな組織が壊滅し、探していたショーンも死んだ。過去が恋しい・・・自分の思ってた未来とは違うが、今度は教訓がある。未来への備えをしよう」エンディングで、エピローグはお前らが作れとFallout3に近い形。
NVのような濃密なエピローグを期待すると肩透かしを食らうが、あちらとこちらはタイプが違うので仕方ない


今度は覚悟は出来ている。残してくれた教訓があるから。
人は過ちを繰り返す
4.名無しさん2016年04月27日 00時16分
インスティチュートルート
ショーンを失った…再び…」
その他ルート
「核爆発...放射能の恐怖…再び…」
という冒頭以外はおおよそ一緒で、エピローグ部分は無い。

おそらく、NVのようにマルチエンディングで、その後を語るとクリア後プレイ時に、話がややこしくなるからかと思われる(NVはそれが理由で、クリア後プレイは実装しなかったらしい)

というか、エンディングが流れる地点でも最終クエスト完全に終わってないし…
5.名無しさん2016年04月27日 00時21分
エンディングというより、主人公の心境兼回想シーンとなっている。

連邦のその後? 
知りたいなら、何故お前はマスフュージョンビルの上かインスティチュートの板の前で立ってるんだい?
6.名無しさん2016年06月19日 19時27分
「今度は覚悟はできている、俺には教訓があるからだ」
「今度は覚悟はできている、あの人が残してくれた教訓があるから」

人は、過ちを繰り返す――――――――』
7.名無しさん2016年06月19日 22時05分
エンディングの後の連邦も見れば色んな変化があるのだからそれを見るのも楽しめると思うぞ?

ミニッツメンなら皆をまとめたことで民衆は喜んでいるだろう
B.O.S.なら最初はよくわからない印象だったが彼等の行いで治安や生活が良くなった声も聞こえるだろう
インスティチュートでも連邦のコミュニティで恐怖や憎悪の声が違うものに変わっていることを実感出来るはずだ

そのように主人公の頑張りが無駄ではなかったことを実感出来る部分もある筈だ

エンディングは終わりではない。新たな始まりなんだ
8.名無しさん2016年07月01日 18時03分
レイルロードだけ連邦の未来に何も関係がないがコメントはその他勢力EDと共通のため違和感があるEDになっている。
9.名無しさん2016年11月05日 19時18分
もしもインスティテュートが介入していなかったらどうなっていたのだろう
200年後の世界で再び目覚めてまた三人で家族仲良くサンクチュアリに帰ってコズワーズと再会できただろう

当然ボロボロになったサンクチュアリを見て家族は悲しむだろうが心配はいらない
なにせ今度はあの鉛筆から机を作り出せるチート能力を持つ111が二人もいるのだ
サンクチュアリの復興など瞬時に終わり水商売を初めて連邦全土に綺麗で新鮮な水を販売しそのおで大儲け、瞬く間に戦後最大の持ちの仲間入りである

が入ったら今度は名誉である。暇つぶしにでもミニッツメンの復興を手伝おう
普通なら過酷な重労働の将軍様も夫婦でやるなら話は別である
そもそも片方でも規格外なのにそれが二人もいて連邦を再生させられないほうが不思議である
将軍業の途中でインスティテュートを潰してもいいかもしれない
こうして彼ら一家は連邦を救った救世主としてその名を刻みエンディングのモノローグは全く別の意味に変わっていただろう

こんな未来もあったかもしれない(むしろインスティテュートが介入さえしなければ確実にこうなっただろう)と思うとラストの「思い描いていた未来像は、一瞬で変貌することがある」というセリフの重さがわかる
未来は些細なことで変わってしまうのだ
10.名無しさん2016年11月05日 21時24分
>>9
野暮な指摘ですまないが…

冒頭に111が開放された要因は『インスティチュート誘拐されてポッドを出ていったショーンが、後にショーン自身の判断で111を解凍したから』である。

インスティチュートの介入が無かった場合、ショーン誘拐されなかった事になり、ショーンの判断で解凍を行ったという過去も存在しないということになる。

勿論、それ以外の要因で『家族が揃って目覚める』という可能性が無い訳ではないが、何百年後になるのかは想像もできないところであろう。
11.名無しさん2016年11月18日 05時50分
vault111パパ/ママがショーンに解凍された時点でラッドローチの侵入とリアクターの電力漏れが起きており、インスティチュートの介入もなくさらに年数が経った時に住人達が正常に解凍され生還できた可能性はかなり低い。
インスティチュートさえいなければ〜といった仮定が安易にできないからこそどのルートのエンディングも単純なハッピーエンドにはならないのだろう。
12.名無しさん2016年11月21日 00時19分
エンディング後の考察

ミニッツメンインスティチュートを滅ぼして安泰…というわけでもなさそう。
装備はパイプとかレーザーがメインで装備は貧弱。ルートによってはBOSを滅ぼしたりしていて、恨みを買われる。しかしBOSと共存したりしていたら、少しはマシかもしれない。

BOSインスティチュートレールロードは必ず滅ぼす(レールロードは回避しようとしてもしつこい)ので、敵はいなくなる。
ウェイストランド人には白い目で見られるかもしれないが、111将軍の場合には変わってくるだろう。
彼らはかなり平穏に暮らせそう。

レールロード組織は壊れかけていて、クリア後は一番心配。
BOSの飛行船を壊していても狙われたりしそうだし、兵力もミニッツメンよりマシ?といった程度だし、そもそも規模がそれほど大きくないような…。
上手く物事が運べば、いつものウェイストランドに戻るだろう。

インスティチュート…一番可能性を感じるルート。彼等が人類を支配することもあり得るが、111の指導方針によっては一番平穏にもなりうる。
このルートでクリア後のDCには、第一第二世代の人造人間が市民と共存している光景がある。さらにパブリックオカレンシズの記事が新しく出ており、そこには共存の可能性溢れる記事がある(内容は引用したいのですができません。誰かお願いします)。
この新聞はパブリックオカレンシズで読めるので是非。

BOSを滅ぼした場合ならいいのだが、滅ぼさずにクリアしたら、両勢力の緊張状態が続いて不味いことになるのでは?
と思ったり。
ミニッツメンとの共存も可能です。

ベセスダが続編で反映しそうなのは、BOSインスティチュートだろうか。
BOSがさらに巨大な勢力になるか、
インスが正義の集団か悪の集団になるのかは、続編で決まると思われます。
・コメントの際は情報の重複を避けるために、現在のページのコメントに目を通してください。
・登場人物や、組織を非難するような書き込みは控えてください。
・「Falloutシリーズ」以外のゲームや、漫画等を元にしたネタコメントは可能な限り控えてください。
・「用語に関する情報」が当サイトのメインです。可能な限り、会話等は控えてください。
・NGで非表示になってるコメントに返信しないでください。
名前:
コメント属性:
コメントの際の注意
1899