エルダー・リオンズ

別名称一覧:エルダーリオンズ,リオンズ,オーウェン・リオンズ,オーウェン,エルダー・オーウェン・リオンズ,エルダーオーウェンリオンズ登録する別名称のNG投票を行う
作成日:2016年03月25日 22時08分
ミニ用語として報告
登録タグ一覧
Fallout3登場用語 B.O.Sメンバー 過去作の人物
タグを編集する
  • 古い順
  • 新着順
1.名無しさん2016年03月25日 22時20分
10年前のキャピタルBOSのエルダーでありサラ・リオンズパパ。本名オーウェン・リオンズ
西海岸から本家BOSのように技術を求めてはるばるやってきたのだったが酷すぎるキャピタルの現状を目の当たりにし
方針を人命救助、治安回復を第一に切り替えた男。極端から極端へ方針をガラリと変えたためアウトキャストという反逆者や本家BOSの支援打ち切り、ジリ貧という結果を招いてしまったものの
その理想はマクソンがささやかながら引き継いでいた
2.名無しさん2016年03月25日 22時43分
従者マクソン(のちのエルダーであるアーサー・マクソン)の保護者的存在でもある
彼リオンズの理想的で限界なやり方や西部BOSの横暴で無理なやり方も聞いたマクソン少年は
どちらのやり方も不可能であると判断したか現実的に理想を求める道を選び
独自のバランス感覚でリオンズ親子が築いたBOSを発展させた
西部BOSは致命的に駄目だがリオンズとマクソンのやり方はそれぞれ利点と難点もある
しかし、リオンズ親子がマクソンに与えた影響は良くも悪くも大きいと思われる

3.名無しさん2016年03月25日 23時38分
元々は西海岸のBOS司令部であるロスト・ヒルズ・バンカーの出身。パラディン時代に東海岸への遠征隊を率い、リバティ・プライムを発掘した功績を認められてエルダーに昇進した。その後は老体に鞭打ってキャピタルの平和のために戦い抜き、エンクレイヴとの戦いが終わった後の2278年に息を引き取った。101のアイツと愉快な仲間達も彼の死を惜しんだことだろう。
連邦を含む東海岸でBOSが活動できていること自体がリオンズの功績なのだが、BOS内部では賛否両論ある人物らしく、今作でもモブのナイトパラディンが彼を批判する台詞を呟いていることがある。
4.名無しさん2016年03月26日 00時52分
実際の所、組織を分裂させて弱体化させ、目的に反して支援を打ち切られてしまい、
理想を追い求めて部隊を窮地に追いやったのは間違いないため、悪評も宜なるかな。
分遣隊の余力を省みず、仲間達への根回しもしないまま無茶を押し通したのである。
結果的に上手く行ったとはいえ、そのやり方は賢明でもなければ秀逸でもなかった。

とは言え、ハイテクレイダーに成り果てていたBOSの在りように一石を投じたのは、
実に開明的かつ革新的であった。現在の西海岸BOSの惨状を鑑みれば、尚更である。
何であれ、彼が生み出した東海岸BOSが今後どうなるかでその評価が別れるだろう。
5.名無しさん2016年03月26日 02時01分
上記の通り現地民の保護を掲げたが為に反発を受けジリ貧に陥ったが、それ故にジェームズマジソン・リーとの繋がりでVault101のアイツを仲間に引き入れ、芋づる式に稼働する浄化装置とエンクレイヴの技術を手にした
世の中何が作用するか分からない見本と言えるかも知れない
6.名無しさん2016年03月26日 05時11分
何だかんだ大勝利の歴史で終わったところを見るとインガオホーというやつなのだろう
falloutも結構王道ストーリーだなあというのを思い起こさせる人物
7.名無しさん2016年03月30日 20時14分
ただ一部の兵士からは
『リオンズと、奴(リオンズ)のやり方は気に入らない』
と彼自身と彼のやり方に否定的な兵士もいる
リオンズのやり方にも利点もあったが難点もあり歯噛みしていた兵士も一部にはいたのだろう
8.名無しさん2016年04月22日 19時37分
BOS失格呼ばわりされているが
マクソン大尉が率いた最初期のBOSに一番近い行動をしている
9.このコメントは削除されました。
10.名無しさん2016年05月11日 18時04分
今作インスティチュートをわざわざぶん殴りに来てる所をみるに
人類の過ちの象徴であるスーパーミュータントを駆除するとか適当な言い訳をしておけば脳筋な部下達も納得し組織が分裂することもなかったのではないかと思われる。
11.名無しさん2016年05月11日 19時42分
本来のBOSの目的であるテクノロジーの保護を二次目標にしてまで
キャピタルウェイストランドに住む人を保護することに方針を転換した人物。
敵は徹底的に撃滅するほどの苛烈な性格のエルダーではあったが、
凄惨なキャピタルの惨状を見て配下の組織の目的を方針転換した。
結果として少なくない部下が離反することとなった。
それでも出自である旧合衆国軍総司令部を占拠、リバティプライムを手中におさめ、さらに不倶戴天の敵であったエンクレイブンを東海岸にて撃破することに成功、アダムス空軍基地制圧
BOS中興の祖とも言える成果を残した。
本作では兵士からの評判も聞けるが、概ね本来の目的を忘れてまで
原住民(ウェイストランド人)に肩入れしすぎたとの批判は多い。
しかしその原住民であったマクレディディーコンからは好意的な評価を受けており、
スクライブ等現体制に不満を抱くBOS離反者もいる。
エルダーであるマクソンにも少なからずの影響も与えており、暗君か名君か、評価が下されるにはまだ時間が足らないだろう。
12.名無しさん2016年05月11日 20時09分
3当時の彼自身はゲーム的には高齢のせいか平凡以下のステータス会話してみても冗談や皮肉の類を殆ど口にしない実直さが見られる
アウトキャスト離反に関しても「彼らの言い分も分かるがあくまで信念は曲げない」というスタンスであり部下の悩みの種になっていた部分もある
他でも言われてるが彼自身のカリスマ性はそれほど無く、本部出身にして長年実績を重ね続けた上で上記のプライム発見が彼をエルダーに押し上げたのだろう

リーダーとしての能力はともかく、相反する彼の思想とアウトキャストの思想を何とか擦り合わせたマクソンの苦労は計り知れない
13.このコメントは削除されました。
14.名無しさん2016年05月25日 01時06分
人助けをしようとするも崖っぷちまで追い込まれ
土壇場でValt居住者に出会い、人助けを続けたら大逆転という経緯はなんとなく今回のミニッツメンと重なる部分が多い
15.名無しさん2016年05月30日 20時57分
彼の功績のように挙げられている出来事もほぼ101のアイツがやったことな辺りもミニッツメンを彷彿とさせる。
理想に準じる高潔な人物なのは間違いないが、その行いはほとんどが下にしわ寄せがいっておりなかでも101のアイツの父、ジェームスの意思を引き継いで行われた浄化された水の配プロジェクトの管理を任された、スクライブ・ビグスリーの悲惨すぎる状況に多くのアイツが同情を禁じ得なかった。
その驚異的なカリスマ性はなんとたったの2。
ラッドスコルピオンよりも低い。
16.名無しさん2016年06月23日 23時57分
普段はやさしいおじいちゃんだがあんまりふざけた事を言うと「浄化装置の上からぶら下げるぞ!」と言ってくる
17.名無しさん2016年07月07日 03時39分
ちなみに、彼の部屋を始めとしてキャピタル要塞のあちらこちらにはリオンズ老の心情を記したホロテープが落ちており、その内容の一端から(人命の保護という理想に殉じれど)自身の判断により周囲の部下たちに無茶を強いてしまっている現状を憂い、自分は愚かな暗君なのではと酷く苦悩している様子が窺える。
エンクレイヴの移動基地の撃滅の後に帰還した101のアイツに対しても作中最大級の賛辞と敬服の念を惜しみなく投げかけてくれる様を見るに、巻き起こした波乱の結果はどうあれ作中屈指の善人には違いないのではなかろうか…と筆者は思う。
18.名無しさん2016年07月08日 11時35分
大事成し遂げても出世はあまりさせてくれない爺さん。
正直101が来るまで内部から離反者もだしジリ貧であったことは確実なので指導者としては微妙。
結果としては現地住民を採用する方針の柔軟さがその後の勢力巻き返すことにもつながるが運が良かっただけとも言える。
19.名無しさん2016年07月08日 17時13分
20.名無しさん2016年07月09日 11時52分
>>18
キャピタルではナイト止まりだがモハビパラディンまで昇進させてくれるのでリオンズ(BOS)はダメと階級に拘る諸兄も時折存在し、またその言い分も理解できるが正味些細な点ではなかろうかとも思う…。
まず上でも言われているリオンズの101に対する対応や感謝の言葉を見ればその気持ちに嘘偽りの無い万感のものだとは理解できるし、正式な隊員に任命しながらもSMの血液を集めてきてくれれば高額で買い取ろうという自由な傭兵の身の上でいさせてくれる点からもその扱いの良さは明白。
(そもまがりなりにも軍組織であろうBOSに於いてあの異例の速度でのナイトへの昇進自体が特例中の特例とも言える)
またキャピタルBOSの指導者としても目的の途方も無さを思えばむしろリオンズの人柄と求心力あればこそ大半の隊員らも付いてきてくれたものと言い換えてもよいのではないだろうか。
さらに言うなれば(もちろん運の良さもあれど)そういった現地住民への献身的な保護政策が未来への立つ瀬に繋がったのもある種必然とも言えるのでは…とも思う。
21.名無しさん2016年07月10日 05時08分
>>15
念のため補足しておくとスクライブ・ビグスリージェファーソン記念館に島流しになったのは(正論ではあったんだろうが)スクライブとして方々の『綻び』を(恐らくはあまり快くは思われないであろう論調で)『指摘』して回ったのが原因なのである種の因果応報ではある…
そして描写量の差もあるので仕方ないとは思うが描写の省力からブラブラしてる様に見えても設定上は各々の仕事に追われ役職によっては命懸けでスーパーミュータントを相手にしている要塞組よりは安全な立場とも言えるのかもしれない…
(ちなみに上の方でも言われている通り、リオンズ自身も部下への皺寄せや組織の分裂の件から激しい自責の念を抱えていた模様)

とはいえ作中で会えるビグスリーはシニカルながらもなかなか嫌いになれない人物なので同情するプレイヤーの意見も大変よく分かる
だがきっと、苦労しているのは彼だけではない…いや、老齢とはいえ早くに逝去されたエルダー・リオンズや常に最前線に立っていた実の娘のサラ氏の両名を偲べば、苦労していたのは彼だけではなかったのかもとも思えるのかもしれない
22.名無しさん2017年01月17日 01時13分
ちなみに、その柔和な人柄や優しそうな顔立ちから想像できないが
かつてピットと呼ばれたレイダーの巣を自ら陣頭に立ち、力づくで駆逐するというマクソンもビックリの武闘派だった過去が有る。
その時に色々と思うことも有った様子、当時の部下にはそのままピットに残った人物も居り、DLCでは当時の話を断片的に語ってくれる。

ある意味マクソンも近い道を通っている所には深いものを感じる。
23.名無しさん2017年03月21日 21時14分
3にて彼のローブが欲しかったので要塞の前に居たレイダーをぬっ殺し剥ぎ取ったレイダーアーマースリ渡したところ知性の知の字も無いご老人になってしまい腹筋に悪かった(おまけにご老体なのに腹筋が見事に割れている始末。)
彼の服が欲しいからってレイダーアーマースリ渡すな!絶対だぞ!!(前振り)
24.名無しさん2017年03月26日 12時20分
彼が本隊に離反してまで行った人助けのやり方は最初こそド素人の民間人の徴用や手練れのアウトキャストの離反によって疲弊を招いたが、101親子の協力による浄化プロジェクトの成功によってキャピタルの覇権と現地住民から一定の理解を獲得。引きこもって滅びいく西部とは逆にBOSの新しい一歩に繋がった。
4の時点では彼に苦労をかけさせられた当事者やマクソンヨイショのために散々な言われ方をするが、BOSが今後人類の守護者として発展を続けたならばその転機となった英雄として評価されるのかもしれない
25.名無しさん2017年04月10日 03時54分
Vaultの住人は歴史上初の部外者の入隊とは言えどれだけやっても
訓練生のイニシエイトにしかなれなかった
エルダー直々の特例により正規軍のナイトに任命してくれるあたり
人を見る目はあるのだ
26.このコメントは削除されました。
27.名無しさん2017年07月09日 21時54分
能力はパッとしないが人柄のおかげで有能な人物が協力を申し出て結果的には名将というヘルシングでいうところのペンウッド中将のような人物。
28.名無しさん2017年07月16日 04時51分
パワーアーマーを渡せばしっかり着てくれる。

だが何故か「エルダー・リオンズは気絶しました」と表示され実際に床に倒れる事もある。きっとギックリ腰でも発症したのだろう。
29.名無しさん2017年07月26日 01時43分
バトンのカツラをスリ渡しても装着してくれる
30.このコメントは削除されました。
・コメントの際は情報の重複を避けるために、現在のページのコメントに目を通してください。
・登場人物や、組織を非難するような書き込みは控えてください。
・「Falloutシリーズ」以外のゲームや、漫画等を元にしたネタコメントは可能な限り控えてください。
・「用語に関する情報」が当サイトのメインです。可能な限り、会話等は控えてください。
・NGで非表示になってるコメントに返信しないでください。
・この用語に記述できる情報量が少なく、独立した用語である必要がないと感じたらページ上部の「ミニ用語として報告」ボタンを押すか
運営ページに報告し、このページへのコメントは控えてください。
名前:
コメント属性:
コメントの際の注意
1248