インスティチュート

別名称一覧:C.I.T.の生き残り,インス,The Institute,ブギーマン,インスティテュート登録する別名称のNG投票を行う
作成日:2015年12月18日 10時38分
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 古い順
  • 新着順
1.名無しさん2015年12月18日 10時44分
2.名無しさん2015年12月26日 14時12分
連邦の人々によると、インスティチュートは家族や友人を突如誘拐し、そっくりの人造人間に置き換えるような活動をしていると信じられている。
3.名無しさん2016年02月01日 17時12分
最終戦争で生き残ったC.I.Tのメンバーによって作られた組織
なので200年近くの歴史がある。
地下に巨大で清潔な居住空間と研究施設が存在しており、そこに多くの人間と
人造人間が生活をしている。
4.名無しさん2016年02月01日 17時14分
人造人間を作り出す最先端の技術を持っており、我らこそが連邦を再生させる唯一の組織だと信じている。
恐ろしく排他的な集団で、地上で敵対組織があれば芽が出る前に潰しにかかる。
連邦による暫定政府計画を初期の頃に潰した「CPGの大虐殺」を引き起こしたり
人造人間保護組織であるレールロードの本部を何度も襲い壊滅寸前にまで追い込んでいる。
5.名無しさん2016年02月04日 13時54分
置き換える際は「徹底的に尋問」して情報を得る。
その後、オリジナルがどうなったかは触れられていない。
6.名無しさん2016年02月10日 01時32分
実際、連邦の為とのたまっているが、地上の荒廃した世界には見切りをつけている。
自分たちと人造人間たちこそが新しい、文明的な社会を作り出す存在だと思っており、ウェイストランドとそこに住む人々を実験材料程度にしか考えていない節がある。
彼らの理想は未来を向いているが、やっていることは放射能汚染を受けた人々やその生活を切り捨てようとしていたエンクレイヴと、理想が古き良きアメリカという過去ということ以外あまり変わらないのかもしれない。
7.名無しさん2016年02月11日 02時36分
科学者特有の思い上がり、はあるものの、手段さえ間違えないならば(例えばロボットによる放射能汚染を恐れない除染は可能のはず)地上の再生すら可能と思われるテクノロジーを有しているのは確かで、連邦を再生させることができる組織というのは自惚れでも何でもない。
ただし地下に存在するということもあり、エネルギー不足などの資源不足も抱えているし組織としても一枚岩ではない。
8.名無しさん2016年02月13日 14時56分
確かにその科学力は驚異的ではあるが元々軍事力を持たない組織の為BOSと正面切って殴りあうといった事は出来ない、エンクレイヴとの決定的な違いである
9.名無しさん2016年02月13日 18時53分
加えてエンクレイヴFEVを調整してまで駆逐しようとした
スーパーミュータントをわざわざ製作して解き放つなどのお茶目も働いている
恐らく全ての構成員が同じ思想を共有しているわけではなく
ただの研究ヲタクやノンポリも相当数混じっているのだと思われる

そういう意味ではエンクレイヴよりタチが悪い
10.名無しさん2016年02月16日 15時14分
インスティチュートルートでは、ファーザーが逝去した後に主人公が率いる事になる組織
思想や行動に問題がある組織ではあるが、パイパーが自署で述べた様に、ファーザーが最後の会話で述べた様に、今後のあり方については主人公次第なのである
かの組織がどうあり続けるか、地上と関わるかは主人公の導き次第になるのだ
11.名無しさん2016年02月19日 15時34分
確かに人類の未来の為に役に立つ研究をして居るのだろう、「人類」の範疇に地上の人を含めて居ないだけとも取れる、そして其れは嘗て黒人を人間扱いしなかったアメリカの歴史とそうかわらないのだろう・・・
12.名無しさん2016年02月20日 03時40分
吹っ飛ばした瞬間にクラシック・ラジオの電波が消滅する
13.名無しさん2016年02月25日 11時44分
クリア後のインスティチュートであるが、クリア直前の活発な活動や敵対組織の殲滅等の後が嘘であるかのように静かだ。
支配者を宣言し、ダイヤモンドシティマーケットを堂々と人造人間が歩きまわり、旧軍の検問所人造人間部隊が検問を行っている。
だが、それだけだ。それが主人公の意向なのか、半永久的動力を手に入れて地下での完全なる生存圏を手に入れた彼らの地上への無関心さなのか。
下手に介入権を行使して地上を掻き回したり人間の置き換えなどという謎の行為より数万倍マシではあるが。
14.名無しさん2016年02月25日 20時23分
組織としての目下の目標は、人類の再定義。
争いの歴史に彩られた現人類を否定し、優れた知性と肉体を持つ人造人間を創造、これを以って新たな人類として定義し直すと言う意味である。
その思想故にインスティチュートは最低限の武力しか保有していない。
15.名無しさん2016年02月28日 13時52分
しかし、その再定義の要である人造人間を走狗扱いすることが基本である上、第三世代はインスティチュートからの脱走を繰り返す。
人類の争いを制御出来ないから制御出来る新人類を定義するのに、その代表となる第三世代の不安定さを見るにつけ再定義が出来るのかとても疑問に思える。
16.名無しさん2016年03月03日 22時59分
問題点としては
・地上は一度滅ぶべきという立場(X6-88の見解などから)
・ブレイクスルーな技術は持っていても強烈なリーダーシップを取れる武力がない
・研究者たちのエゴの暴走及び人造人間の管理能力、現状認識の不足
など、組織としての倫理観の欠如や不安定さ、これからの問題の噴出の予見などが免れない組織である。
主人公がそれを補えるのかどうなのか……。
将軍を兼任した管理官主人公ならば軌道修正をしてなんとか導いていくのだろうか?
バイオサイエンス部門で造反が起きたりジャスティン・アヨを始めとした研究者たちに軽んじられたりなど、中々に不安である。
17.名無しさん2016年03月06日 16時29分
技術と理想は素晴らしいが、現在実行中の手段から予測できる過程と将来が絶望的なあたり、『全人類をスーパーミュータントにし、戦後の壊滅した地上を復興』させようとした故リチャードグレイ博士(自称ザ・マスター)を彷彿とさせる組織である。
18.名無しさん2016年03月11日 19時25分
彼らの敗因はファーザーの独断のせいと言われるが、それ以前に敵を作り出す行いをし続けた点だろう。本気になったB.O.Sが襲来する以上、どの道コーサーなりを解析されて本拠地を割り出された可能性は十分ある。

自らは地下に篭り、地上に無関心でありながら、連邦の復興を目指す野心を持つという二律背反が、人造人間による地上支配を目指すという、敵を無数に生み出す結果を生み出した。

そもそもワープという手段を活用しなければ彼らと接触できない以上、敵勢力の排除も含め、敵意を買わないよう積極的に地上と関わらなければ彼らの危険など発生しようがない。

地下に篭り、G.E.C.Kを例とする素晴らしい技術の開発に努めて連邦の復興に力を尽くすか、自らの発展を考えて地下世界の拡張にでも注力するべきで、地上に興味がないなら間違っても過度な干渉などするべきではなかった。人造人間開発のリソースをもっと建設的な技術に活用できなかったのだろうか。

マッドサイエンティスト達が力と野心を手にすると、どういういった末路を辿るかという好例である。
19.このコメントは投稿者によって削除されました。
20.名無しさん2016年03月14日 21時55分
インスティチュートルート以外のルートでは最終的に原子炉が核爆発して全滅する。

……そう、全滅してしまうのだ。
非戦闘員や何も知らない子供を含めて全てが核の炎に消える。
避難放送を行うことはできるが、エンディング後の地上でインスティチュートにいたメンバー子供の姿を見ることは無い。

自らの子供を探して荒野に出た主人公が何も知らない子供に(間接的かもしれないが)手をかける終わりというのは、人は過ちを繰り返すという言葉を深く刻み込むだろう。
21.名無しさん2016年03月15日 01時55分
ところでインスティチュートって人間の記憶の読出/書込みの技術はあるんだろうか?
ワーウィック農場の件では昔ながらの尋問でワーウィックから情報を吐かせているし、すり替えた人造人間たちはガバガバ演技でニセモノだとバレるケース多数だが、まさか記憶のコピー技術を持っていないのか?
22.名無しさん2016年03月15日 03時27分
>>21
入れ替えを行う場合はさらってきた人間を徹底的に尋問(おそらくは拷問に近い手段)して情報を得て、それを人造人間に教育した上で地上に戻しているらしい。
……が、その点だと不審な点が多々ある。

ランダムイベントで遭遇する同じ顔の二人のように情報を聞き出す前に本体と接触するようなパターンやグッドネイバーで射殺された人造人間のようにろくな情報を得ていないまま地上に送り込まれる状況である。

横のつながりがない人間をさらって入れ替えるならともかくコミュニティの中心になるような人間は「いなくなっただけで騒ぎになる」と思うのだが、ダイヤモンドシティの市長などは一体どのタイミングで入れ替えを行ったのだろう……
むしろレイダーなどに紛れ込ませるほうがはるかに簡単だと思うのだが。
23.名無しさん2016年03月17日 11時17分
やり方が下手くそな組織
前作のハークネスパラディンダンスニックバレンタインなど個人の信頼を勝ち得ている個人は多数存在する。
主要人物を入れ替えるなど姑息な手段をとらずとも共生の道は歩めたはず。
他のコミュニティに紛れ込ませて疑心暗鬼に陥らせ、悪の組織を演じてしまった点に疑問がのこる。
24.名無しさん2016年03月17日 11時31分
本部などのホロテープを見てもなんというか失敗だらけである。
壊れた仮面事件」にしても「CPGの大虐殺」にしても、現場を人造人間任せにして人間が遠隔で何とかしようとした結果全て失敗している。
25.名無しさん2016年03月17日 12時12分
部分的にはエンクレイヴを凌駕するどころか、ゼータ星人にさえ比肩する技術力を、
粗雑な運用と稚拙な立ち回りで全く活かせないままに敵を増やし続けた残念な集団。
にも関わらず、戦闘方面での装備やノウハウがお粗末極まりないという論外っぷり。
余りにも恨みを買いすぎたせいか、他勢力ルートでは例外なく壊滅の憂き目に遭う。

組織運営には、現実的な視点と建設的な手腕が必須だと痛感させられる存在である。
26.名無しさん2016年03月17日 20時13分
ファーザーをはじめとして研究者たちは自分に都合の悪い質問には一切答えない。
FEV実験に関する全て、拉致破壊工作など地上で犯した悪行、
第三世代シンスが自我を持っていると思われること、などなど、
111が地上を巡る中でインスティチュートに持った疑念を華麗にスルーする。
現在この用語へのコメントへの投稿は禁止されております。詳しくはこちら。
65