アラン・ビネー

別名称一覧:Alan Binet,アランビネー登録する別名称のNG投票を行う
作成日:2016年02月11日 02時28分
このエントリーをはてなブックマークに追加
登録タグ一覧
インスティチュートメンバー
タグを編集する
  • 古い順
  • 新着順
1.名無しさん2016年02月11日 02時30分
インスティチュート内の部署、ロボット工学部門所属。
ジャスティン・アヨに「第三世代人造人間を人間扱いする危険人物」として目の敵にされている。
妻を亡くしており、息子の母親代わりに第三世代人造人間を家族として招いている。
2.名無しさん2016年02月23日 07時59分
ジャスティン・アヨ人造人間の脱走を手助けしているのではないかと嫌疑をかけられ、監視されている。
事実、彼への嫌疑は濡れ衣である。犯人は彼の息子だからだ。
3.名無しさん2016年05月11日 02時02分
レールロードと同じく人造人間の人格を認め彼らを人間扱いしているが
人造人間の解放については
「今の悲惨な地上に解放することの何が人造人間のためになるんだ?」
レールロードとは真逆の主張をする
4.名無しさん2016年05月11日 02時16分
ミニクエストで、地上のスカベンジャー部隊の援護のため、
レイダーの掃討を依頼してくる
ランダムで選ばれる場所のレイダーを倒すだけの簡単なお仕事である

というか、インスティチュートでも資源回収班のことを、
スカベンジャーと呼ぶことにちょっとした驚きを覚える
5.名無しさん2016年08月17日 03時41分
アヨからは人造人間の逃亡幇助の容疑がかけられている
主人公がそのことで調査しに行き「何物かに犯人に仕立て上げられているのではないか」と尋ねると「このインスティート内に他人に無実の罪を着せて貶めるような人間は存在しない。誓ってもいい」と断言する

ちなみに彼の息子リアムアヨに自分の罪を擦り付ける。挙句の果てには「自分で事件を引き起こすことでインスティテュートの人間をSRBに依存させようとした」というあらぬ動機まででっち上げて地上に追放する
・コメントの際は情報の重複を避けるために、現在のページのコメントに目を通してください。
・登場人物や、組織を非難するような書き込みは控えてください。
・「Falloutシリーズ」以外のゲームや、漫画等を元にしたネタコメントは可能な限り控えてください。
・「用語に関する情報」が当サイトのメインです。可能な限り、会話等は控えてください。
・NGで非表示になってるコメントに返信しないでください。
名前:
コメント属性:
コメントの際の注意
369