別名称一覧:アメリカ,USA,United States of America,米国登録する
作成日:2016年07月05日 18時20分
このエントリーをはてなブックマークに追加
登録タグ一覧
設定・用語 国家
タグを編集する
  • 古い順
  • 新着順
1.名無しさん2016年07月05日 18時20分
みんな大好きアメリカ合衆国。1776年独立。
当時は農業国でありそこまで大きな国では無かったが、その後南北戦争や産業革命等激動の歴史を経て世界一の大国まで成長した。
英国から独立した世界一の超大国であり、経済・軍事、文化等全てにおいて世界中の他国を圧倒した国で今作を含めた全Falloutシリーズの舞台。
…しかし最強国家だったのも今は昔。
世界恐慌と資源の枯渇、最終戦争によって美しかった国は滅び、文化も消滅。現在はウェイストランドへと成り下がりかつての栄光は失われてしまった。
もはや美しきアメリカを願う人々はほぼいなくなり、政府や政治・安全な暮らしもなくなった。
今作主人公はアメリカ人であり特にアメリカへの思い入れが強く、その意味では例え歪んでいたとしても戦前の美しき生活を願っている。
美しきアメリカを愛し正式な政府機関を名乗るものは最早…エンクレイヴのみである。
2.名無しさん2016年07月05日 19時00分
核戦争で荒廃するまでは、それぞれの州にプロ野球チームが存在していた。
そして灰とヒッコリーバットで武装した古のナイト、通称首都の国会議員がいてアメリカ国民をスポーツの喜びと日差しの下で楽しませていた。
3.名無しさん2016年07月05日 19時40分
この偉大な国家の再建は、貴方の肩にかかってくるかもしれません!
4.名無しさん2016年07月05日 19時50分
古きよきアメリカ。現在は、幸せや喜びの光は消えただの荒れ果てた大地が広がっている。
軍に入ってまでこの祖国と家族を守りたいという思いを砕かれこの世界に一人とり残された男性主人公は何を思うのだろうか。と考えるとむなしく悲しいなる。
5.名無しさん2016年07月05日 20時52分
我々の知る現在のアメリカは50の州と特別区(+海外領土)で構成されているが、Fallout世界のアメリカは13の連邦州(commonwealth)で構成されている。よって、ゲーム内で見られるアメリカ国旗は星の部分が1つの星を12の星が円状に取り囲むというデザイン(独立戦争時の”ベッツィー・ロス旗”に近似)となっている。

2050年代以降、世界的な資源の枯渇を背景に各国が残存資源をめぐって争いを繰り広げる「資源戦争」の時代に入るが、アメリカは自前の資源と強大な軍事力を有していたため、すぐには資源戦争に巻き込まれずに済んだ。
しかしながら、国内では「新ペスト」と呼ばれる謎の伝染病で多くの国民が命を落としたこともあり、アメリカ政府は国民を核戦争と伝染病から守るべく「セーフハウス計画」を本格化し、ジャンク債を資源として各地にVaultと呼ばれるシェルターを建設した。

2060年代以降、アメリカ国内でも石油が枯渇しつつあったため、代替エネルギーとして核融合技術の研究が進む。ところが、化石燃料に依存する中国はアメリカに石油を輸出するよう強硬に迫るが、アメリカはこれを拒否。業を煮やした中国が資源を求めてアラスカに侵攻したことで米中戦争が勃発し、アメリカも世界的な資源戦争の荒波に飲み込まれることとなった。

アメリカ本土から見て飛び地であるアラスカが主戦場となったため、アメリカ政府は「通り道」であるカナダへの圧力を強める。結果、カナダの主権は徐々に縮小し、2076年のカナダ併合へと至る。

米中戦争の戦況は一進一退の状況が続くが、アメリカは化石燃料に頼らないパワーアーマーを実用・戦力化したことで局地的な戦闘では優位に立つようになる。そして、2076年に機動力・戦闘力が大幅に増強された新型のT-51パワーアーマーが量産・配備されたことで戦況は一変し、中国は策源地とのリンクを失ったことで急速に弱体化。2077年初頭にアメリカ軍アンカレッジ解放に成功し、同年秋にはアメリカ軍主力はフィリピンや中国本土に展開して作戦を遂行中であった。

ソビエト、ヨーロッパ、中東、そして中国といった世界の主要国家が資源戦争により崩壊を迎える中で最終的な勝者がアメリカに決まるかと思われたその時、2077年10月23日の朝を迎えるのであった…
6.名無しさん2016年07月06日 14時59分
中国のキメラタンクに押されてたのもつかの間、パワーアーマーを配備したりリバティ・プライムを開発したり相変わらず軍事的には最強の覇権国家

なお、中国本土の様子が分からないため断言は不可能だが、戦闘でボコボコにする秒読み段階だった反面、諜報戦では相当に押し込まれてた模様
今作は舞台が連邦なのでそうでもないが、よりによってキャピタル周辺が中国諜報員祭りだったりする
7.名無しさん2016年07月07日 13時40分
なお、3のDLCであるアンカレッジ作戦の報酬で貰えるT51の背中には現在の私たちがよく知るアメリカ国旗が描かれているがはたして…

なお、エンクレイブの国旗は >>5 の国旗の真ん中の星をEに変えたものである
8.名無しさん2016年07月16日 13時26分
リーズに馴染みのある人なら常識であるが、第2次世界大戦直後からの歴史の流れが現実とは異なるパラレルワールドのアメリカである。

111の暮らしていた2077年の世界観(誤用)はまさに、冷戦で核実験競争や反共産主義の真っ只中にあった50〜60年代のアメリカ人が空想した未来の世界そのものである。それ故クルマなどの機械、最終戦争前の服装、ポスターや看板のデザインからは、2077年であっても古き良き60′sアメリカを感じることができる。
9.名無しさん2016年07月30日 21時11分
肉的な書き方だがアメリカは中国に試合に勝って勝負には負けたようなものである
つまり、アメリカは中国核兵器の使用まで追い込んだのである
(まあ、双方が滅んだので勝敗はつけがたい話ではあるが)
10.名無しさん2016年12月29日 09時01分
>>9
とも限らない。最終戦争は第3者の介入が疑われるので、実際はどちらも余裕があったが打ち込まれたので打ち込んだ可能性がある
・コメントの際は情報の重複を避けるために、現在のページのコメントに目を通してください。
・登場人物や、組織を非難するような書き込みは控えてください。
・「Falloutシリーズ」以外のゲームや、漫画等を元にしたネタコメントは可能な限り控えてください。
・「用語に関する情報」が当サイトのメインです。可能な限り、会話等は控えてください。
・NGで非表示になってるコメントに返信しないでください。
名前:
コメントの際の注意
3189