アカディア
Far Harbor

別名称は登録されていません。登録する
作成日:2016年05月21日 23時58分
このエントリーをはてなブックマークに追加
登録タグ一覧
DLC:Far Harbor
タグを編集する
  • 古い順
  • 新着順
1.名無しさん2016年05月21日 23時58分
DLC:FarHarborに登場する人造人間とその支援者のコミュニティであるアカディアはインスティチュートから逃れた人造人間(シンス)たちの避難所として機能している勢力
主張としては他の勢力との共存をはかろうとしている

連邦ではかなり過激派だったレールロードとは違い他の勢力との共存をはかろうとしているがはたして?
2.名無しさん2016年05月22日 00時26分
B.O.S.に報告する」のその他クエストが出てしまい、B.O.S.は大好きだけど人造人間皆殺しは嫌で、こんな平和的な組織の情報を告げ口したくないと言う穏健派B.O.S.レイヤーの悩みどころ。かくいう私もその1人である。
3.名無しさん2016年05月22日 01時15分
上に同じく「インスティチュートに報告する」を選ぶ事で大規模な回収作戦を開始できる、ちなみに私はストーリーを終わらせたあとインスティチュートの科学者Far Harborに放置してる
4.名無しさん2016年05月25日 13時48分
勢力の代表はDiMAと言う試作型の人格を持った人造人間である。

ちなみにアカディア側はレールロードの存在を認識しているが、レールロード側が認識していない為か今のところ協力関係にはないようである。
ファー・ハーバーにおけるアカディアの立場が磐石のものとなり、また連邦レールロードが一定の活動を支障なく行えるようになった暁にはお互いが手を組む事も有り得るだろう。
鉄道」と「理想郷」が繋がるその日が来た時こそ、人造人間がありのままで生きる真の開放に一歩近づくはずだ。
5.このコメントはNG投票で非表示になりました。
クリックして表示
6.名無しさん2016年05月25日 15時37分
実際のところ「レールロードに報告する」も存在する
レールロードはアカディアを信頼できる人造人間脱出先の一つ、くらいにしか思っていないようで報告すると人造人間の脱出先として活用すると共に物資提供という形で支援する様だ
7.名無しさん2016年05月25日 15時50分
ならばあとは互いの歩み寄り次第かもしれないと感じれるんじゃないかな
レールロードのルートは兎も角、ミニッツメンの3組織共存ルートのレールロードならそれ程悪くはないし
ほどよい関係になれる可能性の芽はあるかもしれないね
8.このコメントはNG投票で非表示になりました。
クリックして表示
9.このコメントはNG投票で非表示になりました。
クリックして表示
10.名無しさん2016年05月28日 20時18分
連邦インスティチュートから逃れてきた人造人間のコミュニティのため、
島で起こるファーハーバーの住人とアトム教徒の対立に関しては中立的な立場で
可能ならば島における衝突を回避しようというスタンスで望んでいた。
しかし、によって島の状態が悪化したことでファーハーバーの住人からは
怪しげな奴らとして疑いの眼差しを向けられ、対策としてファーハーバー住人に
霧コンデンサをあげてしまった事でリーダーが成り代わって過激思想に傾倒した
アトム教徒からはアトムの威光を運ぶを妨害しているとして睨まれてしまう。

代表であるDiMAは島でコミュニティどうしが衝突してしまうことを避けるため
過去ファーハーバーのある住人を人造人間と入れ替えるという選択をしている他、
展開によってはアトム教徒たちの指導者であるテクタス人造人間と入れ替える事を
提案するなど大義とは何か、大義のためなら誰かを殺して入れ替え、都合よく
コミュニティをコントロールしても良いのか・・・など、一連のクエストでは
哲学的な領域にまで踏み込んだ展開が発生する。
11.名無しさん2016年05月30日 02時08分
基本的にアカディアのメンバーDiMAが行う他組織との政治交渉や、武力を含む干渉に関して殆ど関知していないようである。
実質的に運営の大部分はDiMA個人のワンマンによって行われているようで、彼の性質や倫理観如何でどのようにでも組織の性質が変わる危うい部分があるのは否めない。

ただ、DiMA自身は他に類似のない人造人間ゆえの人格を持つにも拘らず、人間の価値観から見ても充分に善良かつ思慮深く、説得が必要とはいえ場合によっては自分の罪を悔いて罰を相手にゆだねると言う、恐らく本作に登場する人類の誰もが成し得ない懺悔行為をするタイプのリーダーである事は充分に勘定すべき所だろう。
12.名無しさん2016年05月30日 10時12分
組織リーダーの思想や方針の大切さとリーダーの違いで似た組織がどう違う変化をするのかを教えてくれる良い一例
13.名無しさん2016年05月30日 12時28分
連邦の3派閥ともなんとなーく連邦から離れた北のほうに脱走人造人間を受け入れてくれるところがあることはわかっていたが、
この島にそれがあるとは知らなかった模様
14.名無しさん2016年05月31日 14時00分
インスティチュートから逃げ出した人造人間にとって、レールロードに続いて新たな希望となる組織
代表者の思想が平和的であり立地が閉鎖的であるがゆえに、元コーサー一人以外にまともな戦力を持たず本当の意味での外からの害意に弱い。
貴方がインスティチュート、あるいはB.O.S.の仕事に熱心だった場合、彼らに本土の流儀を教えることになる…
15.このコメントはNG投票で非表示になりました。
クリックして表示
16.名無しさん2016年06月01日 14時53分
アメリカのメイン州、大西洋沖のマウント・デザート島とその周囲の小島の多くを擁するアーカディア国立公園から場所とコミュニティの名前を取っている。
発音はアカディア、アケーディア、アケイディア、アルカディア等あることから、理想郷の代名詞のアルカディアの意味も含んでいると思われる。
17.このコメントはNG投票で非表示になりました。
クリックして表示
18.このコメントはNG投票で非表示になりました。
クリックして表示
19.名無しさん2016年06月02日 11時08分
レールロード報告ルートはアカディアにNPCか増えるだけなので、別に報告しても特に何もないが、B.O.S.インスティチュートに報告はアカディア壊滅ルートとなる。

ミニッツメンは報告ルートがない?将軍であるあなたが向かう事は、エルダーマクソンファーザーが直接向かうようなものなのに?
20.名無しさん2016年06月02日 11時35分
リーダーの人格面形成経緯のためか、人造人間としての個の保護を大前提にする所が、同じ人造人間を保護する組織でも「人間としての人生を与える」レールロードとの差異

人造人間としての自分を忘れた方が良いのか、
人造人間としての自分の個で生きて行く方が良いのか、

インスティチュートの脅威やそこでの過去がトラウマになっている者も少なくないので、心情面でもリスク面でもどちらが正しいかはケースバイケースとしか言わざるえないだろう
21.名無しさん2016年06月02日 13時23分
事実アカディアは、少なくとも111が島へと到着するまでは本土の主だった組織との接触がなく、島内の別組織とは緩い協力や牽制状態を経てある程度の距離を取っていると言う状態が、人造人間人造人間として生きていける一つの理由として上げられる。
個の人格としてベストな選択なのはジュールの件を鑑みても明らかであるが、各々の勢力がその手を伸ばし徐々に復興しつつある連邦の未来の彼らにはやや暗い影を落としてはいないだろうか。
製造元としての管理責任を自負し、不具合を起こした不良品を野放しにするリスクを問題視するインスティチュートや、例え信頼していた身内だろうと私情を切り捨て、人類の脅威を取り除く為に身を粉にするB.O.S.などを相手にとって、今まで通りの説得と懐柔で独立自治を続けられるかどうかは難しい所である。
本土の他の組織と同様に、彼らの組織も存在そのものがまた別の組織にとって曲げられない信念を侵すものであるという悲しい二律背反だ。

ゆえに彼らの存続如何は、ファー・ハーバーだけでなく本土の勢力争いの結果によっても目まぐるしく変わっていくものと思われる。
22.名無しさん2016年06月02日 17時19分
レールロードを通して連邦から送られてきた人造人間の難民たちからは
ここはまさに楽園のような場所だと評される
プレイヤーからしたら特別に設備が充実しているわけでもなく
普通に職場と施設のあるありふれた拠点だが
インスティチュートの脅威も及ばず自分を偽らずに生きられる場所がなかった彼らにとっては本当に楽園なのだろう
23.名無しさん2016年06月02日 18時26分
>>22
やはり彼等も本心では記憶を消したくはなかったのかもしれないね
H2も記憶を消すことに同意したがホロテープレールロードから記憶を消したほうがいいと言われたとこぼしていたし

少なくともレールロードの記憶削除と連邦外への出荷よりは人造人間として自ら考える時間は出来るかもね
ある意味成長しないで不老な彼等は破壊されない限りは時間は沢山あるんだから
24.名無しさん2016年06月02日 19時23分
連邦における大半の無辜の市民にとって人造人間とは見つけ次第殺すべき、人類を脅かす天敵で、明日の朝にでも愛する人を殺し成り代わらんとする現実の恐怖そのものである。
脱走した、あるいは自分が人造人間だと気付いてしまった彼らからすると、連邦で生きると言う事は何かの拍子でさっきまで笑っていた隣人に殺意と銃を向けられ、周りの「人間」全てに命を狙われる事実に永遠に怯え続けながら生活を送るという意味である。
ニックのように周りを変えるでなく、それら連邦の常識の外に脱出する事に成功したアカディアの彼らを責める事など出来ないように、連邦の中で恐怖も自分の正体すらも忘れて生きる事、それを選んだアカディア以外の人造人間達を責める事もできまい。
何にしろ、孤独と脅威から脱し安住の地を見つけた彼らの安息と長い繁栄を祈りたいものである。
25.名無しさん2016年06月03日 21時52分
霧コンデンサーの製造およびメンテナンスを行っており、
ハーバーマンが現在でも島で生きていけるのはこの組織のおかげである
見返りにハーバーマンから食料などの物資を得ている
26.名無しさん2016年06月08日 05時40分
人造人間の保護を第一とし
・第二目標として地上人の保護と共存を掲げ
・可能な限りの融和策を目的とし
・目的のために入れ換えも辞さない
という、本編の全組織を足して割ったような性格を持つ
本編で描き切れなかった側面を描くというのはこのことなこか、興味深い組織である。
特に本編で不遇な感じは否めないレールロードインスティチュート的側面が
コンデンサや戦争防止でハーバーの人々の生命を直接救っているのはなんとも面白い。
27.名無しさん2016年06月08日 16時26分
霧コンデンサの製造とメンテを担ってる事により、島内の居住地の生命線とも言える存在
そのものが無くなるか、霧コンデンサを自主生産出来るようになるまでは内心で疎ましく思うとも彼らをハーバーマンは切れない

インスティチュートBOSの介入により組織そのものが無くなるか鏖殺された場合、現在利用中の霧コンデンサが使用できなくなる、または管理者のいなくなった風力発電所が停止した時に島の居住地は終わりを迎えるだろう
製造品を回収しただけのインスティチュートや、大義の為に小を斬る事を厭わぬBOSからすれば知ったことではないのかもしれないが
28.名無しさん2016年06月08日 16時53分
発電所や霧コンデンサの維持がアカディア無しで本当に不可能かは不明。ある程度のコンデンサの修理将軍や島民でも行えているし、壊滅したアカディアにデータが残されている可能性もある。
29.名無しさん2016年06月08日 17時14分
インスティチュート的には現地人は放置する気がするが、コンデンサの修理は島民でもできるし風力発電所も人造人間でなくとも管理はできそう
BOSからすると霧コンデンサ自体が魅力的な技術だし一応島民は保護するだろうから割と大丈夫なんじゃなかろうか

というか、人造人間ルート以外だと島民は遅かれ早かれ全部死にます!残念! みたいな異様に偏った選択肢ベセスダが提示するまい
30.名無しさん2016年06月23日 05時46分
元は天文観測所で、戦前は望遠でまた夜には肉眼で夜空の星を眺める事が出来る観光スポットだった。
31.名無しさん2016年06月23日 08時46分
いずれ限界が近い初期型の機械が裏から都合よくコントロールする結末がほんとうに和平と呼べる未来ある選択肢かどうかはプレイヤーの判断次第である
32.名無しさん2016年08月08日 23時08分
一部の人造人間はずっとアカディアの玄関前で突っ立っている。そして「ここに逃げてこれて良かった」的なことを言っている。中に入れよ・・・
33.名無しさん2016年11月03日 11時13分
           エンディングから数十年後

DiMA「もうダメです。このままではファーハーバーチャイルドオブアトムは戦争に突入するでしょう。やむを得ません。心苦しいことですがキャプテン・アヴェリー人造人間にすり替えましょう。なんですって!?私が彼女をすでに人造人間にすり替えた!?バカな、見せてください。・・・なんということだ。確かに私です。
私が彼女を人造人間にすり替えた・・。そしてその記憶を捨てたのです。記憶を奪い人生を変えられた人造人間を二度も殺すようなことはできません。こうなった以上はテクタス贖罪司祭の方を入れ替えましょう。なんですって!?私がテクタスを入れ替えた!?バカな、見せてください。・・・なんというこだ、確かに私です。・・・私はなんという罪深いことをしてきたのでしょうか。・・こんな残酷なことを平然とできる私のようなものこそ最も追放されるべきだった。私は決めました。私自身を始末して新しい指導者をアカディアに据えると!なんですって!?私が(ry
34.名無しさん2016年12月24日 18時29分
ファーハーバーに続く北側の舗装路以外にも西と南へ下りる道があり、特に西側の道はファーハーバーニュークリアスを行き来する際に山を迂回するよりも近道となるが、大半が獣道になるため少し覚え辛い。
35.名無しさん2017年01月14日 19時10分
DiMAの入れ替え行為だが、「良い意味でのマキャベリズム」と言える。早い話が正日を暗殺したようなもんである。

もちろん闇雲に悪政者を暗殺してもその後の収束計画が杜撰なら無法地帯を生み出すだけだが、彼はその後の展開もキチンと考え実際に成功を収めている。

そして重要なのは私欲では行わず、その事に罪悪感を感じ、「常套手段」ではなく「最終手段」にとどめている事。マキャベリズム的判断が出来てもここが欠落した為政者のなんと多いことか。

無論、独善性や冷徹なところは垣間見えるがある程度までならそれは「王たるものに必須の資質」である。善性のみでそれらを持たない人間が為政者になると逆に国は混乱してしまう。政治的に正解の選択肢を見抜いても、周囲の奸臣に反対され多数決だからと愚かな選択に進むことを傍観する、それがオチである。為政者という人間に完全な善性を求めることそのものが愚民考えなのではないだろうか?

強いていえば自分のマキャベリズム的判断の責任感に耐えきれない脆さのような部分は感じられるが、逆にこれが強すぎると暴君に転じる恐れがある。これ以上の王たる資質を求めるならばそれは文字どうり神にしか実現しないだろう。少なくとも古今東西の実在した歴史上の名君で人格面で彼を超える存在を私は知らない(軍事や政治手腕でそれ以上の人物は沢山いるが)
36.名無しさん2017年01月14日 19時27分
>>35
いや耐え切れなかったんだからダメだろ常識的に考えて

というか何故「ぼくDiMAだいすき」という内容をアカディアの項目で書くのだ君は
凍結ページに対するコメントを他ページでとか勘弁願いたい
37.名無しさん2017年01月14日 20時43分
>>36
言いたいことは分かるが何十レスも続く口論はそういう一言から始まるもんだ。無視した方がいいものは無視しとけ。
38.名無しさん2017年01月30日 21時28分
最下層にあるMaster難易度ターミナルで施錠された扉の奥にアカディアの暗部が集約されたような部屋がある。
部屋の中には人造人間との入れ替わりに使用されたのであろう手術台や、ミニニュークフュージョンコアなどの核兵器を含む武器及び弾薬が保管されている。
手術台は生々しく汚れ、武器弾薬はちょっとした武装集団を組織できる量がある。
他と比較して「綺麗である」とされるアカディアだが、やはり核戦争で汚染された世界では綺麗なだけではいられないのだろう。
・コメントの際は情報の重複を避けるために、現在のページのコメントに目を通してください。
・登場人物や、組織を非難するような書き込みは控えてください。
・「Falloutシリーズ」以外のゲームや、漫画等を元にしたネタコメントは可能な限り控えてください。
・「用語に関する情報」が当サイトのメインです。可能な限り、会話等は控えてください。
・NGで非表示になってるコメントに返信しないでください。
名前:
コメント属性:
コメントの際の注意
2384